top

1 来し方や傘にかそけき春の雨 与志魚 3 コタロー/真紀子/詩雨
2 小さき手を染めてつくしのはかま取り 蓉子 6 我楽句多/草坊/コタロー/仙郷/南風/孤月
3 豆電球布団のしわの目鼻口 安寿 1 真紀子
4 蒲公英の綿飛んで行く茜雲 さかえ 3 春生/弥生/マロ 
5 風船の逃げてべそかく子どもかな 我楽句多 1 碧女
6 嵐来て千の狂気や紅枝垂 弥生 2 正男/さだ子
7 一湾の波ゆったりと山桜 気儘 7 松太/風太郎/詩雨/さかえ/風千/山水/湖舟
8 訪ね来て香り味わう蕗の薹 仙郷 1 ひふみ
9 この縞は親譲りてふ仔猫鳴く 鉄線花 1 政己
10 曇天も空を映すや犬ふぐり 美雪 1 浩一
11 蛇穴を出づ山頂の細き雨 ほしくづ 1 春生
12 たなごころ吾が影漏るる春の水 帆里 0  
13 独り旅馬酔木の花に負けそうな かなこ 0  
14 鉄橋をくぐれば樹海鳥帰る 風更紗 0  
15 初マラソン頭にかける水ぬくし 葦たか 0  
16 武士も駆けし里山花盛り とよこ 1
17 白木蓮の目覚めし俄日和かな はるじ 1 蓉子
18 箸箱は輪島塗です鳥雲に 正男 1 みづほ
19 片づける遺品に秘密鳥の恋 和子 4 しんい/梅花/ふうこ/ひふみ
20 馬刀掘や沖の潮引く待て待て待て 燈穂 1 新米
21 蒔きて後土に差し込む種袋 きみお 2 大貴/沐雨
22 菜畑の赤き電車に夕日射す 岱風 0  
23 雪だるま汚れて春のきたりけり みつ 0  
24 水温む潜りつぱなしの河馬親子 風太郎 2 真紀子/満
25 土の香を広げ揃える蕨かな 孤月 1 我楽句多
26 ハープ弾く指の自在や蝶生る 碧女 3 コタロー/山水/タカシ
27 春刻む色鮮やかな花時計 恵一 1 ひろし
28 菜の花や予報士スカーフ紅選ぶ 新米 0  
29 遠近に鐘聞く町や春時雨 弥生 1 うさぎ
30 さりげなく瀬戸を明るく辛夷咲く ゆきを 0  
31 わらび採るわらべ田舎の祖母想う 郁文 0  
32 きょうからは冷やし中華の薄暑かな 龍臣 1
33 春浅しことことつやつやママレード 柚子 2 碧女/鉄線花
34 花篝灯り枝垂れの見得を切り 大貴 0  
35 柔道着背負つて帰る夕桜 えいこ 2 碧女/河童
36 サクラサクただそれだけを待つ電話 南風 2 恵一/信
37 裏山の春まだ浅き女学校 とおる 1 いきか
38 囀りが電線二本を埋め尽くし 蓉子 2 新米/龍臣
39 体からこぼるる心花吹雪 とよこ 0  
40 朝桜面倒なので徹夜する いきか 0  
41 春江のボールだんだん加速して 二石 0  
42 蛙の子週刊少年ジャンプ読む いきか 1 新米
43 牛どんや新玉ねぎをたつぷりと 百合 0  
44 彼岸西風雀鴉が一つ木に さだ子 0  
45 一両に乗客一人山笑ふ えいこ 8 我楽句多/しんい/春生/きみお/満/風千/沐雨/龍臣
46 蜆舟ぽちやりと音をたてにけり いつせ 1 和美
47 春泥やうすき光の遊歩道 春生 2 葦たか/一斗
48 晴天に傘さす話春一番 俊明 0  
49 漱石の神経病ます猫の恋 火星 0  
50 順番に逝く人逝かぬ人朧 葦たか 2 徹/和美
51 花に酔ひ酒に酔ひたる茣蓙の上 かいこ 3 松の/正男/朗然
52 花の下人を待つ間の瀬音かな 弥生 5 和子/かなこ/詩雨/満/マロ 
53 したたかにしぶきを浴びて花山葵 タカシ 2 かなこ/はるじ
54 手をつなぎ坂を来る子ら花吹雪 真紀子 0  
55 春選抜二試合連続再試合 沐雨 0  
56 春愁を忘れ出てくるショッピング かいこ 0  
57 格式の高さを顔に古雛 我楽句多 1
58 棟上げの音の響きや春来たる 帆里 2 浩一/沐雨
59 ディーゼル車窓の菜の花ワンカップ 新米 2 正男/百合
60 春風や行き先決めぬ旅鞄 詩雨 9 輝久/きみお/うさぎ/さだ子/御泉水/ひろし/新月/美緒子/河童
61 高虚子を慕ふ愛子や春の虹 恵一 0  
62 春の風ミニクーパーのまろき艶 マロ 0  
63 独酌をやんわり包む朧月 游人 1 みつ
64 くれよんで描く画用紙春の色 南風 1 浩一
65 仏の座コンビニまではもう少し 浩一 1 梅花
66 ころがつたおむすびみたい春の山 みづほ 3 望生/いつせ/さかえ
67 新緑にちょっとふくらむ秋津洲 俊明 0  
68 やさしさの風に吹かれし若葉かな きみお 0  
69 ペンギンのヨチヨチ歩き風光る よしこ 3 コタロー/蓉子/一斗
70 幼き手ぱつと開けば桜貝 えいこ 5 蓉子/徹/卯月/ひろし/南風
71 土匂う一直線のもぐら塚 郁文 3 鉄線花/河童/美雪
72 花どきや烏賊素麺の波打つて いつせ 3 輝久/百合/みづほ
73 幼子の手を差し伸べて春の水 草坊 2 帆里/弥生
74 さびしき毛春とり戻せ停年帽 軽石 0  
75 のどけしやお宮に遊ぶ絵描き歌 鉄線花 1 一斗
76 うららかや河馬のあくびの移りをり 河童 5 しんい/政己/与志魚/安寿/みつ
77 幸不幸問えば幸せ五加木飯 俊明 2 鋭次/いきか
78 耕耘機停めて空みる春の雷 ぐずみ 1 かいこ
79 夢に落つ椿覚めても落ち続く 公雄 0  
80 屍のごときクレーン車春夕 八作 0  
81 揺りかごの寝息やはらか春の月 御泉水 5 恵一/気儘/えいこ/ひろし/ほしくづ
82 淀川や春の激しさ流しゐる 正男 0  
83 摘みたての早蕨置かれ寺の縁 ゆきを 4 草坊/松の/鉄線花/御泉水
84 白木蓮のほころび顔のかほ競べ 瞳人 0  
85 保津峡を過ぎて艪音や山笑ふ 二石 2 風更紗/燈穂
86 鳥引くや夕日とどめて花アロエ しんい 1 百合
87 霧の日や枯れ木の影は立ち上がる 軽石 0  
88 日本茶で食ぶるカステラ昼の蝶 いつせ 0  
89 はばかりを高野参りと余寒かな 燈穂 0  
90 七色に光膨らむしやぼん玉 ひろし 2 真紀子/卯月
91 初蝶の乱舞する風小さき影 河童 0  
92 生足のチラリと覗く春炬燵 岱風 1 朗然
93 竹秋や庭掃く僧の襷掛 卯月 4 草坊/詩雨/帆里/美緒子
94 勤行に置かれて嬉し春火鉢 ゆきを 2 満/タカシ
95 古靴の作るよどみに蝌蚪の群 真紀子 1 和子
96 好き好きに園児の昼寝チューリップ 山水 3 きみお/新月/ほしくづ
97 晩鐘の消えぶらんこの揺れ残る 5 風太郎/紅葉/さだ子/燈穂/安寿
98 わが墓を継ぐ者あらず地虫出づ 山水 1 友太郎
99 広縁に酒移させて花の昼 はるじ 0  
100 亀鳴けば蛇も穴出て山笑ふ 沐雨 2 徹/タカシ
101 菜の花や味噌汁はぱつと華やいで かなこ 2 安寿/みつ
102 パーカーのフードを脱ぎて春を着る 枯露柿 2 望生/孤月
103 木々芽ぐむ人に馴れたる山羊のゐて 和子 1 うつろひ
104 春場所や涙の優勝インタビュー 朗然 1 和美
105 地震起こるその時私は朧だね いきか 0  
106 三月の原野に人の道生まる 春生 5 碧女/望生/大貴/梅花/卯月
107 山笑う一輪車漕ぐ膝頭 さだ子 0  
108 目鼻なき野仏の肩柳絮飛ぶ ほしくづ 2 輝久/火星
109 此方へと招く羊歯あり春の山 二石 0  
110 夙川にほんのり映す若桜 かなこ 0  
111 しゃぼん玉百個と子犬一匹と 山水 1 よしこ
112 美容師の美しき手捌き春の昼 ふうこ 0  
113 古き縄伐りて弾ける春の枝 風千 4 弥生/仙郷/山水/南風
114 干しぶとん吾を抱く春や四隅まで 輝久 0  
115 風車色とりどりの風を呼び 湖舟 4 恵一/気儘/柚子/美雪
116 春愁やいまさらながら親不孝 梅花 1 仙郷
117 川底に日の斑ゆれゆく二月尽 はるじ 1 美緒子
118 永き日や豆腐すくうてたなごころ みづほ 2 松太/かなこ
119 ふんわりと手にのるごとし春の雲 松太 5 蓉子/気儘/二石/みつぐ/えいこ
120 こんこんと湧き出て春の瀬音かな みつぐ 1 二石
121 君と待つ今宵密かに咲く桜 ほのか 2 南風/ひふみ
122 草木の萌え出ずる春遠からじ ほのか 0  
123 爪切りの柔き手応へ日脚伸ぶ 八作 2 和子/一斗
124 ひな燕あふれてポトリと落ちにけり 孤月 1 ひふみ
125 遠足の子が一列に鍾乳洞 松太 5 和子/しんい/草坊/火星/ほしくづ
126 長堤の蕪村の句碑や春の風 政己 0  
127 春雷に動き停めたるせんち虫 ぐずみ 0  
128 どこからが空どこまでが春の海 とおる 6 恵一/信/春生/風太郎/燈穂/湖舟
129 今日明日を知らぬ命を花見かな 鋭次 2 よしこ/大貴
130 剪定を終えて余生の風通し 大貴 7 友太郎/郁文/真紀子/政己/紅葉/さかえ/かいこ
131 寝入る子の風船空のどのあたり 柚子 5 松太/俊明/政己/与志魚/かいこ
132 母猫の舌で転がる子猫かな 真紀子 3 風太郎/うつろひ/孤月
133 同じ服やっとお別れ卒業す 郁文 0  
134 結石よもう限界や桜咲く 美雪 0  
135 探しもの春の雷して忘れたり ぐずみ 2 御泉水/美雪
136 歩いても休んでもここ芽吹山 風更紗 1
137 白衣脱ぎパステルカラーの春の山 朗然 1 百合
138 縁側の父の休日風光る とおる 2 きみお/美緒子
139 みほとけに朱きくちびる春の雪 百合 0  
140 鳥帰るはせをの草鞋探しつつ 望生 0  
141 願ひごと叶へ終日(ひねもす)山笑ふ 1 和美
142 濡れ衣を晴らす一撃春の鍬 望生 1 游人
143 白梅の凛と開くや梅の紋 安寿 0  
144 夫と見し桜を今宵一人かな 美緒子 3 ふうこ/南風/みつ
145 春の日の真珠筏や湾静か ひろし 1 二石
146 生家跡見上げたる妻竹の秋 紅葉 0  
147 春の風牛歩で歩む母に添ひ うつろひ 3 松の/気儘/紅葉
148 啓蟄や動く歩道を小走りに うさぎ 2 風太郎/いつせ
149 春の野を転がつてゆくボールかな 一斗 2 松太/朗然
150 熟れきつた果実のごとく春夕日 タカシ 0  
151 ふと宙にとどまることもぼたん雪 百合 3 葦たか/柚子/沐雨
152 晴れ晴れと結納済ませ春障子 恵一 1 かいこ
153 黙座する妻を包して彼岸暮る 輝久 1 帆里
154 雛壇を早くしまひし母ごころ 蓉子 1 浩一
155 さえずりに心地よき目覚めおぼえけり うらら 1 正男
156 娘に送る米と野菜と雛あられ 南風 3 詩雨/えいこ/かいこ
157 春寒く白壁くもる蔵の町 帆里 0  
158 新品のスニーカーにも春の泥 ひふみ 1 龍臣
159 朝寝して寝癖のままの旅路かな 新月 2 マロ /百合
160 春灯や地下水の音やはらかし マロ 3 与志魚/御泉水/美雪
161 春雷や女形の白き喉仏 梅花 5 しんい/葦たか/みつぐ/燈穂/山水
162 口笛を吹いて青きを踏みゆける 和美 3 二石/游人/沐雨
163 畦塗やイヤホンはめて手伝ふ子 碧女 2 うつろひ/いきか
164 塗り箸の色少し褪せ花菜漬 さだ子 4 松の/政己/河童/孤月
165 白川にぼんぼり灯り春の月 美緒子 0  
166 車椅子押して花舞う駅舎へと 風更紗 2 かなこ/うつろひ
167 落日の世界が沈む潮干潟 友太郎 1 游人
168 引き鶴の棹の触れゆく昼の月 燈穂 9 我楽句多/鋭次/はるじ/望生/いつせ/火星/卯月/柚子/ほしくづ
169 春の風邪独り音楽ばかり聴く 太郎 0  
170 白絹の産着まといて辛夷の芽 鋭次 1 うさぎ
171 合格や家中明るくなりにけり 新米 0  
172 吾に風をにょっきりといづつくしんぼ 游人 0  
173 朝鮮を望む山頂春の海 友太郎 1 龍臣
174 鳥帰る帰る居場所のあるらしく 我楽句多 1 郁文
175 春の日や車窓に赤き墓の花 安寿 1 和美
176 竹藪の奥より響く初音かな ひふみ 1 仙郷
177 花冷えや鼻寄せて来る一歳馬 7 鉄線花/みつぐ/風更紗/紅葉/与志魚/柚子/湖舟
178 春潮の江ノ電車輌傾ぎ行き 松の 0  
179 さわさわとささやく田ごと植田風 松の 1 みづほ
180 荒土の畑の隅にクロッカス 仙郷 0  
181 連翹の黄のはみ出してゐる鉄の柵 一斗 1 よしこ
182 切り株に腰を下ろすや匂鳥 卯月 0  
183 水温む鯉の大口ぱくぱくと 太郎 0  
184 古樹桜花片浮かせて洞(ほら)溜まり うつろひ 0  
185 卒業にもらふ釦や鼓動鳴る ひろし 0  
186 この果てに浄土あるべし桜貝 春生 4 俊明/風更紗/火星/柚子
187 春日傘影引く力残りゐる 正男 0  
188 連山や冴返りたる宵の星 0  
189 下校時の子らの声沸くクロッカス   ほしくづ 0  
190 イケメンに?が赤らむ女雛かな 太郎 0  
191 君と見る最後の海や卒業す 詩雨 1 美緒子
192 伊予柑の果汁ぽとぽと掌 風太郎 0  
193 水中も春の日だまり魚あそぶ 与志魚 1 浩一
194 エンディングノート書く夜の花の冷え 鋭次 1 卯月
195 埴輪にも乳房がふたつあたたかし 和美 13 和子/葦たか/鋭次/帆里/大貴/みつぐ/燈穂/与志魚/火星/風千/朗然/一斗/龍臣
196 コート着て急いで愛でる初桜 仙郷 0  
197 蛇出づる線路は地下へ潜りゆく 碧女 1 郁文
198 くの字なる北の空には雁帰る 龍臣 0  
199 初花やタイムカプセル埋めし日も 一斗 0  
200 花咲いて誰も入れぬ国有地 友太郎 2 いつせ/えいこ
201 バレンタインハート絵文字にはにかめり 紅葉 0  
202 乗りあへる少女の睫毛春光 瞳人 2 蓉子/新月
203 春の暮パステル画ごと色合はす よしこ 0  
204  逢ひたしと汝のつぶやき春の月 御泉水 0  
205 プロペラの音間延びする春の昼 政己 1 ふうこ
206 長生きの秘訣草餅わらび餅 ひふみ 1 よしこ
207 左肺奥の雑音夜半の春 御泉水 0  
208 手に乗せて息の軽さや紙風船 2 新米/みつぐ
209 墓じまひ更地となるも余寒なお 朗然 0  
210 後進に道を譲る日春落葉 新月 0  
211 字余りは一先づ置いて目刺焼く 鉄線花 5 郁文/俊明/弥生/うさぎ/風千
212 どんど焼く小さき熊手の大男 うさぎ 1 新米
213 寒明や墨たつぷりと千字文 風千 1 俊明
214 耕せば小鳥来たりて土つつく 素夢 1 仙郷
215 薄氷を持って登校そろりそろり 八作 0  
216 菜の花に沖あり人に未来あり 松太 4 春生/鋭次/はるじ/えいこ
217 風船の地球を俯瞰する旅に 湖舟 2 信/新月
218 鶏鳴の一声春の山白む みつぐ 2 俊明/安寿
219 野球の子サードベースは花辛夷 龍臣 1 郁文
220 霾やあてなき旅の港町 風太郎 2 葦たか/うさぎ
221 春風のめくる黄ばんだ誓約書 葦たか 0  
222 梅が香を着物に貰ひ散策す かいこ 3 信/安寿/ひふみ
223 へうげたる織部の碗や椿餅 火星 3 草坊/弥生/風更紗
224 花嫁のブーケを受けて風光る 詩雨 2 恵一/マロ 
225 花びらの散り敷く駅に一両車 さかえ 3 友太郎/マロ /タカシ
226 そよぐ風今菜の花の真っ盛り うらら 1 御泉水
227 新顔の鯉は白くて春ゆふべ マロ 3 湖舟/いきか/みつ
228 ほつといてくれとふて寝や恋の猫 和美 4 鉄線花/ふうこ/朗然/游人
229 桜咲き歩む旅人一人行く ほのか 0  
230 木の芽風どこ歩きても旅めいて 柚子 1 風更紗
231 木綿糸通さぬ針や春時雨 風千 3 我楽句多/うつろひ/ふうこ
232 海の音うるわしく聴け実朝忌 梅花 0  
233 袴つけハイヒール履いた卒業生 沐雨 0  
234 負け嫌い春大会ランク維持 孤月 0  
235 夢に見し母の若さよ水ぬるむ うさぎ 0  
236 散る花のしろがねびかり砂時計 しんい 1 きみお
237 縄跳びの大波の渦風光る よしこ 1 風千
238 春の浪沖に遊ぶや海雀 気儘 0  
239 亡き母の帯をほどきて花疲れ みつ 3 友太郎/さだ子/河童
240 満開の山藤眺め坂登る さかえ 0  
241 ありつたけの赤子の笑顔雛の宴 ふうこ 2 望生/みづほ
242 メリーゴーランド止りて春の真昼なる 与志魚 1 松太
243 砂時計春の夕焼?み込みて しんい 0  
244 浅草へ船が船追ふ日永かな みづほ 3 いつせ/ほしくづ/山水
245 早春の廊下に聞こゆアベ・マリア 公雄 2 コタロー/梅花
246 返事待つ一日の暮れて薄氷 0  
247 種袋振って未来の音を聴く 湖舟 5 鋭次/はるじ/帆里/大貴/さかえ
248 ぎこちなく辛夷ほころび雨白し 素夢 0  
249 廃窯の深き闇より春灯 火星 1 さだ子
250 蟇出でてかしこまりをり庭の隅 浩一 1 輝久
251 野に生きて生終えたれば梅咲きぬ 公雄 0  
252 孫の弾くショパンの調べ春の雨 草坊 0  
253 蒼天やはるか連山みな笑ふ うらら 1 気儘
254 次の所作待たれてゐたる雀の子 望生 1 二石
255 春の夜や野良着縫ふ手の行き返り 輝久 0  
256 土筆摘み遊ぶ野道の昼下がり 河童 1 美雪
257 潮騒の室津の路地に梅探す きみお 0  
258 卒業子笑顔のまつ毛濡れにけり 枯露柿 2 孤月/碧女
259 縄張りをおいつ追われつ春の猫 岱風 1 ひろし
260 潜伏芽赤子の如く開花して 美雪 0  
261 閉校の村を人去り三月尽 みつぐ 1 はるじ
262 つくしんぼ道祖神の膝にまで 瞳人 3 輝久/新月/いきか
263 春眠の亀岸辺より滑り落つ 政己 1 湖舟
264 翁にも永遠(とわ)の香りや沈丁花 素夢 1 よしこ
265 老いらくや雪解の水の音まろき 草坊 0  
266 手をつなぎ帽子のはねて杉菜土手 松の 1 紅葉
267 文集に幼き恋も卒業す ふうこ 0  
268 二歩三歩青きを踏みて初誕生 大貴 0  
269 春の燭ほとけ揺らがせ笑みさせり うつろひ 0  
270 春光の焼きたてパンの幟かな 和子 1 みづほ
271 春愁を抱き里山一万歩 とよこ 1 松の
272 東風吹くもまだ風尖る船溜まり 枯露柿 0  
273 寒梅や重き雪をも払いにて 游人 0  
274 いっときに黄いろ黄色や春小川 浩一 0  
275 石鹸玉浮かんで消える艶話 新月 0  
276 佐保姫をのせて笹舟手のひらに みつ 2 正男/さかえ
277 はなみずきしゃれた名前の歯科はやる 紅葉 2 友太郎/梅花
278 春の空波ゆたりのったり夕暮るる 気儘 0  
279 春ショールふわりと肩に待ち合わせ 美緒子 1 游人
280 大鐘の音に空ゆく桜かな タカシ 0  
281 夏ミカン香り飛び散る談話室 軽石 0  
282 春の水ふくませ陶工赤絵付け 卯月 2 かなこ/タカシ