top

1 あくびの子春の夕べを呑み込まん 八作 12 うつろひ_友太郎_新米_松の_碧女_新月_郁文_浩一_美緒子_南風_紅葉_游人
2 あけぼのの路面に舞ひて落花かな はるじ 0  
3 浅草へ舟のぼりゆく日永かな 和美 3 恋詩_山水_風太郎
4 あたたかや大きく育ちにきびの子 碧女 0  
5 あたふたと宴仕舞ひて春嵐 燈穂 0  
6 いぬふぐり銀河の果てのひとしずく しんい 7 葦たか_八作_とよこ_軽石_きみお_うさぎ_虹魚
7 いまの季をいとおしみつつ種を蒔く 素夢 1 鋭次
8 ヴィオロンの風によりそふ夏落葉 望生 1 朗然
9 おさがりの黒き革靴風薫る 和子 0  
10 おぼろ月手を握られることもなく 百合 4 松太_大貴_枯露柿_いつせ
11 おぼろ夜や水底の虫あぶくはき 葦たか 1
12 かかえれば筍どこか獣めく 政己 16 葦たか_鉄線花_山水_しんい_春生_みつぐ_風更紗_碧女_火星_いつせ_はるじ_二石_素夢_とし_燈穂_柚子
13 かしこさは愚かさに似て草の餅 みづほ 1 ほしくづ
14 月山を水に映して田植かな 松太 8 さだ子_山水_我楽句多_火星_与志魚_さかえ_気儘_えいこ
15 かなたから白雲割りて初燕 政己 3 鉄線花_八作_燈穂
16 きゆつきゆつと砂鳴らしゆく立夏かな みづほ 2 みつぐ_河童
17 草餅や死して残るは駄句ばかり 百合 0  
18 こぞりきて鵯の宴や花の雲 国男 0  
19 この母の背を追ひ越して卒業式 蓉子 1 ひふみ
20 ゴム長が歩いて蝌蚪はちりぢりに 風更紗 3 政己_八作_とよこ
21 これよりは散るほかのになし大牡丹 4 松太_風太郎_梅花_春生
22 囀をひねもす浴びて寺普請 和美 8 さだ子_新米_松の_与志魚_ふうこ_うさぎ_満_とし
23 さくら貝波のさらへる恋こころ しんい 0  
24 ジェット機や路地の青さの暮れかぬる ぐずみ 0  
25 シャキシャキと水菜切る音雨上がる 俊明 5 鉄線花_うさぎ_風千_燈穂_タカシ
26 シャネルの香路地へ消えゆく春の宵 柚子 4 真紀子_松の_岱風_いきか
27 白鷺の突つ立つてゐる代田かな タカシ 1 縁矢
28 スキップで親の先行く一年生 燈穂 4 しんい_とよこ_浩一_虹魚
29 するすると抜けてはなの差花の馬場 うさぎ 1 望生
30 その辺の草花活けて春惜しむ えいこ 3 縁矢_大貴_蓉子
31 その裏に闇を広げて春の月 さかえ 1 ひふみ
32 そま小屋に暮らしの煙暮れの春 恵一 3 輝久_我楽句多_望生
33 たけのこや土の香りの温かし 美雪 0  
34 たったたらー目を挿す刺客戯れる春光 かわ 0  
35 段ボール箱積み上げて更衣 タカシ 0  
36 タンポポの貼り付いている足の裏 山水 0  
37 つかの間の淡緑色の春惜しむ 素夢 2 波山_いきか
38 つくづくし独語聞かせて立ちにけり 与志魚 0  
39 デジカメにほどけ染めるたる白牡丹 とよこ 0  
40 てふてふてふてふ何も考へないひと日 いつせ 2 春生_えいこ
41 天竜のしぶきに夏の来たりけり みづほ 1 友太郎
42 どん尻を花の大川わがボート 瞳人 0  
43 夏帽のふつ飛んでゐる砂丘かな 松太 2 よしこ_二石
44 菜の花や大きな夕日波の上 ひふみ 0  
45 のどけしや前足小さきカンガルー 風太郎 0  
46 バイオリンケースを寝かせ苜蓿 百合 1 河童
47 バリカンの音ここちよし辛夷咲く 1 風更紗
48 春逝くや佐渡を離るる盥舟 ひふみ 2 松太_南風
49 ひととせの望みかなひて桜咲く 蓉子 0  
50 ひとひらの牡丹が散つて石畳 みつ 0  
51 ひな鳥のクラッタリング聞こゆ春 紅葉 0  
52 冷麦でひとり酌むのも佳かりけり タカシ 1 かなこ
53 昼深く牡丹千の香混じり合ふ 和美 0  
54 ひんやりと頬に冷たし菜種梅雨 沐雨 0  
55 フクシマは去れど福島花見山 縁矢 0  
56 ぶらんこや川音のする余慶橋 孤月 0  
57 ふる里の風たしかめて初燕 軽石 7 輝久_春生_波山_帆里_美雪_風千_紅葉
58 牡丹のくづれごころを昼の酒 松太 0  
59 マリーナはサンバのリズム夏来る 葦たか 4 国男_卯月_望生_柚子
60 マルクスに遂に帰依せず春田打つ 火星 4 朗然_ふうこ_美緒子_枯露柿
61 まるくなれまあるくなれと春の風 柚子 4 俊明_新米_蓉子_満
62 むらさきの塗り残りたる藤の花 浩一 0  
63 夕風に刻々重き牡丹かな ひふみ 0  
64 夕蛙そろそろ酒を飲む時間 みつ 3 信_風更紗_いきか
65 よく泳ぐ隣の家の鯉幟 コタロー 1 風太郎
66 ランドセル大きく揺れて一年生 南風 2 游人_みづほ
67 ルンルンでコンビニ弁当花の下 俊明 0  
68 ロッカーが子猫にミィーと名づけたり コタロー 2 八作_いつせ
69 一杓を仏と分けて甘茶かな 大貴 7 恵一_真紀子_輝久_しんい_梅花_仙郷_帆里
70 一人静観音への道昏し とよこ 1 みづほ
71 一枚づつレタス裸にされてをり ふみか 0  
72 隠れたる猫も一鳴き春の雷 鉄線花 1 南風
73 雨あがるいざ見に行かん宵ざくら うさぎ 1 帆里
74 卯の花や夫の病床に笑み運ぶ かなこ 0  
75 永き日やサッカーボール池に浮く 卯月 1 いつせ
76 永き日を刻んでメトロノームかな えいこ 3 松太_政己_ふうこ
77 益荒男を泣かせてしまふ山葵漬 いつせ 0  
78 宴盛ん境なくなる花見茣蓙 郁文 0  
79 煙突の煙たなびく日永かな 風太郎 1 和美
80 遠山にうさぎの姿桃の花 縁矢 0  
81 黄金の光を吸いて吾子は泣き 軽石 0  
82 何方(どなた)でしょ無沙汰の墓や供花(くか)に蜂 うつろひ 2 きみお_大貴
83 火蛾狂い意外なことを告ぐる友 うさぎ 0  
84 花あかり夢のかなひし夢を見き 真紀子 0  
85 花に明け花に暮れたる吉野かな 恵一 5 和子_山水_俊明_碧女_新月
86 花の雲鵯の散らせる二三片 国男 2 みづほ_和美
87 花びらをつけし靴脱ぐ寺の宿 とおる 2 仙郷_岱風
88 花屑を掻き分け上る小舟かな 河童 0  
89 花散るや同行二人の笠の上 鋭次 3 さだ子_真紀子_ひふみ
90 花冷えのまして雨気や母逝けり しんい 1 恵一
91 花冷えや樋の雨粒無邪気なる 紅葉 0  
92 花冷の秘境六駅飯田線 我楽句多 2 信_いつせ
93 芽吹いてる庭先に雉子舞い降りる 仙郷 0  
94 開くほど日を集めたる水芭蕉 虹魚 0  
95 柿若葉赤子の肌の柔らかき 美雪 2 風千_燈穂
96 寒卵整形ばかりも心満ちる かわ 0  
97 缶蹴りの子らの散らばる春の暮 春生 2 うつろひ_游人
98 帰らざる子細もあらむ春の鴨 3 俊明_はるじ_ぽん太
99 休耕の田畑賑わすチューリップ 朗然 1 卯月
100 競い鳴く鶯聞きつつ今日何す 仙郷 0  
101 強東風や心経合はす五六人 瞳人 0  
102 橋の上遥か連山霞みけり 伝助 1 よしこ
103 仰向けに手足伸ばして寝る子猫 朗然 1 さかえ
104 近江瀬田夕陽に瞑らき蜆舟 きみお 3 恵一_鋭次_与志魚
105 金婚を祝ぎて春蘭卓にあり はるじ 1 松の
106 空に舞う花ひとひらのうつつかな 素夢 3 縁矢_えいこ_風千
107 空薫の角を曲がってリラの花 新月 0  
108 鍬の手の疲れを癒すチューリップ 仙郷 1 ひふみ
109 結婚といふ語の守る浮巣かな ぽん太 0  
110 鯉のぼりチャンバラ知らぬ男の子 浩一 2 政己_満
111 向かい風蝶の如きに舞い烏 伝助 0  
112 校庭の犬追い廻る春帽子 八作 0  
113 紅ばらや一輪挿しの壺備前 さだ子 0  
114 行く春や机の上のツーリズム よしこ 1 みつ
115 行く春や小さき旅の風の中 春生 4 恵一_波山_気儘_みつ
116 香は四方に花房垂るる藤の花 うらら 1 タカシ
117 合唱のごとく青麦頭を揺らす 与志魚 1 軽石
118 合唱のトトロトトロや山若葉 二石 2 俊明_新月
119 轟音の響く地下鉄花の冷え ひろし 2 美雪_美緒子
120 佐保姫が撫でて目覚める野山かな 枯露柿 5 恋詩_かなこ_ぽん太_朗然_ひふみ
121 桜しべ降りて並木の宴あと 枯露柿 1 とし
122 笹舟を小川に流し春の恋 梅花 2 えいこ_みつ
123 三姉妹膝つきあはせ春菜摘む とおる 0  
124 山笑ふいつか読む本捨てられず 1 きみお
125 山吹や菩薩の頬に振るる指 波山 1 よしこ
126 山裾に初虹立てり日は西に みつぐ 0  
127 山藤の緞帳のごと気品あり 松の 0  
128 山並みの尾根みな白し鳥帰る さかえ 1 我楽句多
129 散る桜ひとひらづつに夕日浴ぶ うらら 5 しんい_素夢_岱風_紅葉_游人
130 指先を嘗めて捲るや春の闇 ふみか 1 国男
131 糸電話切れて覚めたる朝寝かな 望生 0  
132 耳成が笑へば畝傍香具笑ふ 我楽句多 1 春生
133 車椅子離れて起てり青き芝 新米 0  
134 車座を外れて下戸の桜餅 大貴 7 真紀子_政己_信_二石_気儘_満_枯露柿
135 蛇逃げて納屋の扉の寂しかり ふふ 2 八作_軽石
136 若き師の角帯きりり夏に入る 美緒子 1 国男
137 若葉雨じつとり覆う子規記念館 かなこ 0  
138 若葉風シロのリードを握り締む 山水 1 河童
139 集ふ中誰や口切る茶摘み唄 輝久 2 かなこ_仙郷
140 重ね寝る双子の仔牛麦の秋 和子 3 ほしくづ_みつ_タカシ
141 出欠を迷つて居りぬ花は葉に ふうこ 0  
142 春うらら以後通院は不要とや 沐雨 1 和美
143 春うらら猫に声かけ草を引く ほしくづ 1 波山
144 春の闇ぴかつぴかつとスマホかな よしこ 0  
145 春の月海にもワイングラスにも 真紀子 2 恋詩_蓉子
146 春の水穂高の恵みかぎりなし 郁文 0  
147 春の夜や女性指揮者は踊るごと 恋詩 0  
148 春の夜魚が大きく見えにけり7 いきか 0  
149 春暁の障子明りや鳥の声 卯月 1 美雪
150 春耕の夫にまつはり鳶からす 碧女 1 みづほ
151 春宵の銀座和光で待ち合はす ひろし 1 風太郎
152 春尽きてよろしよろしと樹の靡き ふふ 0  
153 春大根脚のギブスを取る日来て 新月 1 望生
154 春灯に置きし指輪の音かすか 恋詩 5 鋭次_梅花_きみお_ふうこ_虹魚
155 春風は隣の国に届きしや 帆里 1 蓉子
156 春風や背(せな)より大きランドセル 蓉子 0  
157 春雷の闇の続きに星ひとつ よしこ 0  
158 春雷や半世紀ぶりの同窓会 ふうこ 0  
159 初桜襟あけはなつ散歩道 孤月 0  
160 初蝶の寄るべきところ定まらず 一斗 4 新月_二石_素夢_大貴
161 初恋や儚さ連れて春の暮 遊人 0  
162 助手席を開けて舞ひ込む桜かな 燈穂 2 えいこ_岱風
163 昇りゆく空のにぎはひ初燕 風更紗 0  
164 昭和の日首都の空航く艦載機 ぐずみ 0  
165 照り返すひかり眩しむ春干潟 一斗 2 和子_美緒子
166 上州を下る単線麦の秋 波山 2 恋詩_さかえ
167 乗り継ぎのホームを渡る風は初夏 鉄線花 4 よしこ_新米_風更紗_蓉子
168 色といふ色を集めて春の庭 虹魚 3 恋詩_縁矢_いきか
169 色褪せし妻の写真や昭和の日 我楽句多 3 葦たか_鋭次_うさぎ
170 親の手を離れたがる子揚雲雀 松の 1 さだ子
171 辛夷咲く老いの最後の同窓会 かいこ 0  
172 人混みを隠す吉野の花の雲 朗然 1 はるじ
173 整然と並ぶ早苗や腰伸ばす 新米 1 軽石
174 晴れもせず降りもせぬ間に桜咲く 枯露柿 0  
175 声とばす風の行くさき桜貝 風更紗 0  
176 声真似て初音に答う二度三度 俊明 1 輝久
177 西海の段々畑夏に入る 気儘 0  
178 青空を葉書に乗せて初夏の旅 鉄線花 3 望生_浩一_ほしくづ
179 青春がふわつと浮かぶ花大根 かなこ 1 はるじ
180 石段に影さしかける花楓 ほしくづ 0  
181 千枚の代田に能登の夕陽あり 大貴 9 恵一_和子_友太郎_かなこ_みつぐ_帆里_ぽん太_美雪_枯露柿
182 浅利汁割れて居る殻に砂を見る いきか 2 百合_和美
183 争ひて雀引き合ふ桜蘂 河童 2 真紀子_百合
184 草笛を吹きて漢は児とならん 美緒子 1 タカシ
185 像の耳ゆらりゆらりと春霞み ふふ 2 梅花_きみお
186 束の間の車灯に浮かぶ飛花落花 うつろひ 0  
187 足跡の中に足跡潮干狩 政己 9 山水_俊明_信_とよこ_卯月_郁文_風千_とし_柚子
188 打つ鍬に目覚め三飛びの蛙かな 輝久 4 仙郷_気儘_素夢_南風
189 大雨の町場に揺れる柳かな さかえ 0  
190 大泣きの診療室や百千鳥 柚子 2 風更紗_与志魚
191 探偵の内ポケットや春の泥 軽石 0  
192 竹の子に藪も歩道もなかりけり 二石 1 柚子
193 昼の蕎麦二日続きの薄暑かな きみお 0  
194 注目の家となりけり桜時 紅葉 0  
195 著莪活けて一人倹しき暮しかな 望生 1 みつぐ
196 朝まだき納屋に音あり猫生まる 郁文 1 みづほ
197 潮干狩り足らぬは店で購えり うつろひ 0  
198 直箸で鯛つつきあふお食い初め 八作 4 かなこ_国男_火星_大貴
199 沈香と読経洩れくる寺の門 風千 0  
200 鎮魂のさくら戦後は終はらざり ぽん太 2 百合_タカシ
201 定年の亭主出かけて春の風 友太郎 0  
202 天竜の櫓音こだます初夏の風 気儘 2 朗然_ほしくづ
203 田植終へ車道に泥の置きみやげ 美雪 2 郁文_虹魚
204 田螺鳴く村社の褪せし天井絵 卯月 4 政己_輝久_ぽん太_いきか
205 藤棚や幾千万の花の浪 ふうこ 1 浩一
206 瞳(め)の澄みしナースに会えり花水木 かいこ 0  
207 読点の動く小さき毛虫かな 春生 0  
208 鳶笛のよく転がつて春の空 一斗 1 うつろひ
209 賑やかにハンカチの木に風集ふ とよこ 1 和美
210 入学の子の背隠れりランドセル ひろし 0  
211 猫あくび哲学の道花は葉に 波山 0  
212 八重桜数多一気に咲き乱れ うらら 0  
213 帆柱が帆柱打つて夏来る みつ 1 松太
214 晩春や母の小銭で文房具 いきか 0  
215 微笑みも介護のひとつ春の昼 7 葦たか_友太郎_新米_碧女_波山_卯月_岱風
216 美しき人美しき花吹雪 とおる 0  
217 美術館まず鑑賞の辛夷かな 孤月 1 郁文
218 百千鳥横川に立ちぬ立子句碑 恵一 0  
219 漂白や厚木の基地の昭和の日 ぐずみ 0  
220 浜上がる海女母の顔妻の顔 鋭次 3 みつぐ_うさぎ_燈穂
221 父と子の自転車練習豆の花 与志魚 1 百合
222 風ぬくし手旗信号並走す 帆里 0  
223 風を呼び日差に躍るポピーかな はるじ 0  
224 風五月髪に幾筋白きもの さだ子 0  
225 風神に拍手喝采花ふぶき 岱風 1 帆里
226 閉門開門右往左往のムツゴロウ 梅花 0  
227 歩み行く背なは自立の初出社 みつぐ 0  
228 母の日のカーネションを選ぶとき コタロー 0  
229 母の日も分からぬ母の髪を梳く 8 鉄線花_和子_鋭次_友太郎_火星_軽石_郁文_南風
230 母の日やホームの部屋のあかあかと 葦たか 1 紅葉
231 母鴉まんなかにして鴉の子 国男 0  
232 亡き友の孫のフルート風薫る きみお 0  
233 末っ子のすねて動かぬ鯉のぼり 浩一 1 ぽん太
234 万緑や顔上げて吸ふ哺乳瓶 山水 2 ふうこ_河童
235 満開の花を見せじと粗き雨 岱風 0  
236 満開の桜に結ぶ恋神籤 風太郎 1 我楽句多
237 岬へと切り尾の仔馬かけゆけり 真紀子 0  
238 夢二絵の如き少女の春ショール 岱風 1 游人
239 名を知らぬ花々も咲き春闌ける 沐雨 1 河童
240 名残惜し嗚呼母よ今花筏 遊人 1 美緒子
241 鳴き声残して見えず揚げ雲雀 鋭次 0  
242 木の葉みな光の中や夏来る 友太郎 1 我楽句多
243 目覚しも聞こえず春の朝かな 南風 0  
244 柳川の猪牙舟行き交ふ薄暑かな 気儘 0  
245 遊ぶ仔の淋しさ揚がる凧一つ 輝久 0  
246 葉となるを見届けてなほ桜人 虹魚 4 仙郷_二石_朗然_紅葉
247 葉桜にあの日あの時経時おもふ かわ 0  
248 葉桜の影濃くなりし水飲み場 かいこ 2 与志魚_枯露柿
249 葉桜や嫁ぐ娘は三十路過ぎ 友太郎 2 よしこ_浩一
250 葉桜や空のいざなふ旅心 さだ子 0  
251 葉桜や寿司と冷酒と老夫婦 縁矢 0  
252 陽だまりを厨に放つ蕗の薹 帆里 2 松の_さかえ
253 陽炎や遠く近くに目指す駅 ぽん太 0  
254 陽炎や犬ふんばつてつれてでる 河童 0  
255 陽炎や新勤務地の坂上る 新米 1 はるじ
256 裏側にまだ寒さある春の山 ふみか 2 葦たか_美雪
257 鈴のごと雨に風にや馬酔木ゆれ 松の 1 とし
258 麗らかやひとり佇む登山道 南風 0  
259 恋多き女で通し丁子の香 火星 1 国男
260 藁床に倒れ倒れて仔馬立つ みつぐ 4 うつろひ_和子_信_卯月
261 侘しさを埋める今宵の雪柳 遊人 0  
262 囀や砂場に子らの去りしあと 風千 1 うつろひ
263 囀りのはたと途絶えて山の宿 美緒子 1 新月
264 囀りの指揮者あるのか揃ひけり 風千 1 素夢
265 朧夜の甲斐なき猫の泣き音かな 瞳人 0  
266 朧夜の罠に暴るる音激し 和子 0  
267 沐浴の赤子ゆらゆら花杏 ほしくづ 5 鉄線花_しんい_風太郎_碧女_気儘
268 涅槃絵の来る人みんな絵の中へ 梅花 0  
269 珈琲の香もやはらかき花の雨 恋詩 5 さだ子_とよこ_さかえ_ほしくづ_虹魚
270 筍の顔出せば直ぐ掘られけり えいこ 1 みつ
271 腑に染みる酔い覚めの水花の冷え 新月 1 百合
272 萬斎に会ひにゆく日の春袷 碧女 0  
273 蝌蚪どれも優劣なくて村を出ず 火星 1 梅花
274 蝌蚪生まる鍵穴形の古墳の図 いつせ 2 火星_柚子
275 雉逃げて川すれすれに向う岸 二石 0  
276 鶯や音色響きし藪の中 伝助 1 縁矢