top

1 強がりの滲む便りや夏薊 輝久 4 柚子_新米_恋々_はるじ
2 短冊はいまだ空白五月闇 新月 0  
3 どの家も道続きなる植田かな 河童 3 恵一_みつぐ_政己
4 妍競ひいよよ華やぐ菖蒲園 うらら 0  
5 青柿や土蔵の錠のどつしりと 春生 6 波山_我楽句多_鋭次_新米_はるじ_かいこ
6 一本が二本三本蕨採る とおる 1 蓉子
7 雨蛙人影まばら古都の寺 美緒子 1 とし
8 紫陽花に明日の色を問ふており 大貴 1
9 穂の波の伸びる山裾麦の秋 燈穂 2 縁矢_みつ
10 糠雨にいよよ艶がる花菖蒲 八郎 1 百合
11 すいすいとメダカ泳ぎて蝶飛びし りゅう 0  
12 徒遍路ダム底見やり独り言 とし 1 いきか
13 風吹けば早苗輝くシフォンかな 柚子 0  
14 極楽の余りの風か夏に入る 気儘 0  
15 崩れ落つ薔薇の花びら音の微か うらら 0  
16 急ぎしが薔薇の垣根に釘付けに 湖舟 2 蓉子_新米
17 この家を終と決めをり大掃除 郁文 1 芙蓉
18 行列の多き南京町にゐる薄暑 風太郎 0  
19 大杉をとぐろに巻きし山の藤 朗然 2 二石_真紀子
20 水際に鯉を泳がす猫柳 コタロー 1 えいこ
21 緑蔭へ男の背中消えて行く いつせ 0  
22 「まぁ上がれ」友寄りてくれ新茶汲む かいこ 2 ぐずみ_みづほ
23 ずぶ濡れのたけのこ土間に転がれる ひふみ 2 葦たか_春生
24 山門をくぐれば紫蘭の花盛り 沐雨 0  
25 軟弱な世の中なれど藷焼酎 火星 4 和子_山水_素夢_松太
26 高く咲き低く咲きして桜かな 0  
27 水族館空から海月舞ひ降りる いつせ 8 恵一_しょうご_友太郎_よしこ_望生_卯月_河童_ふうこ
28 眼鏡橋 我がもの顔に 夏の蔦 ひさみ 0  
29 一枚の肌着に迷ふ花の冷 4 さだ子_松の_燈穂_大貴
30 恐ろしき吊り橋わたり鮎の宿 ひふみ 1 二石
31 ペダル漕ぐ青年麦の秋翔ける はるじ 1 芙蓉
32 瀬を渡り賛美歌聞こゆ花蜜柑 新月 0  
33 ガーベラが愛の告白引ける吾 紅葉 0  
34 猫の影長々と延ぶ夏木立 文香 0  
35 躑躅咲く蕊に集まる香りかな コタロー 0  
36 揚げ雲雀空かしましく透きとほる 1 岱風
37 シャッターの開くを今かと親燕 ぽん太 1 松の
38 暮れ落ちて蛍の舞ひの始まれり ひろし 0  
39 翅閉じて何を哀しか夏の蝶 文香 2 きみお_みつ
40 桐咲いて嫁入りの列追ふ児たち 新米 0  
41 反響のわわわおおおとビアホール タカシ 0  
42 海峡を見渡す峠青葉風 政己 3 さだ子_さかえ_風太郎
43 母の日も分からぬ母の髪を梳く 9 波山_とおる_みつぐ_しんい_瞳人_岱風_朗然_芙蓉_美雪
44 届く荷のほどきつ香る山の独活 松の 3 政己_軽石_かいこ
45 天渺渺涼しき風の明日香かな きみお 0  
46 鯉のぼりを買つて買つてと女の子 蓉子 1 素夢
47 春眠や叱りおる考は懐かし 縁矢 0  
48 深皴の谷底白き日焼顔 帆里 0  
49 色数やクレパスのごと春景色 八郎 0  
50 なんじゃもんじゃ咲くや白無垢綿帽子 鋭次 1 素夢
51 笠ひろげ蒲公英の絮風を待つ 美雪 1 ひふみ
52 花散って全村寡黙の日々となる みつぐ 5 友太郎_柚子_梅花_かいこ_いきか
53 雨つぶの踊るリズムの代田かな 郁文 1 縁矢
54 女教師の角のとれたる水着かな 恵一 5 我楽句多_とおる_しんい_瞳人_大貴
55 武勇伝語るでで虫角を振り いつせ 3 柚子_梅花_ほしくづ
56 藤棚の上をミサイル飛んでゆく 友太郎 1 春生
57 大空も麓も真青五月富士 一斗 2 葦たか_はるじ
58 高原の風に鈴蘭かをりけり 恋々 0  
59 郷愁のにはかに湧きて栗の花 真紀子 2 鋭次_新月
60 猫髭をキッパリ立てる麦の秋 ぐずみ 0  
61 リクエスト曲はチェリッシュ風薫る 二石 3 鈍愚狸_ひろし_卯月
62 歪なる田ごとの水や風薫る 一斗 1 和子
63 甚平や朝つぱらから銭湯に みつ 3 風太郎_えいこ_松太
64 ホチキスは忘れずにある街薄暑 いきか 0  
65 かすかなる地蔵の笑みや木下闇 真紀子 3 気儘_満_きみお
66 高き山車鼻筋白き稚児乗せて 枯露柿 2 とし_卯月
67 夕立に雨の輪ひらく水溜り 軽石 0  
68 万緑へジェットコースター爆走す ぐずみ 2 碧女_我楽句多
69 万歩計腰にぶら下げ麦の秋 鉄線花 1 タカシ
70 自販機の冷ボタン増え夏きざす 我楽句多 1 蓉子
71 頼もしき早瀬の竿の囮鮎 大貴 2 輝久_帆里
72 施錠してよりでで虫の浮遊感 正男 0  
73 雨上り青葉は色を増しにけり ぽん太 0  
74 藍冴える有田の皿に瀬越し鮎 芙蓉 4 友太郎_みつぐ_ひろし_枯露柿
75 大勢の中の逢瀬や春の暮 2 春生_卯月
76 そら耳の虎造もあぢの新茶かな 瞳人 0  
77 山門の閉じる音する月見草 新月 4 紅葉_ひさみ_さかえ_ぐずみ
78 供花にするピンクと白のカーネーション 鉄線花 0  
79 蚕豆のモンローウオーク日日燦燦 政己 0  
80 風呂上がりはしゃぐ子供にじんべ着せ 碧女 0  
81 謡曲を田植歌にし日曜日 さかえ 0  
82 番楽の襷をきりり青嵐 帆里 1 しんい
83 燕の子いっぱいの口巣に溢れ 伝助 0  
84 露天湯へ長き階段新樹の夜 ふうこ 4 いつせ_帆里_ほしくづ_いきか
85 噛めば消え犬に不思議なシャボン玉 二石 2 与志魚_郁文
86 瓶挿しは匂いが決め手五月風 紅葉 0  
87 花魁の艶めき映す緋の牡丹 枯露柿 0  
88 溝浚へ終へて泥亀裏返す 望生 0  
89 新緑の山を映して遊覧船 春生 1 しょうご
90 ぽい破り永らへ果てよ屑金魚 八郎 0  
91 ハーモニカ忘られ光る植田かな 輝久 0  
92 戻り径蒲公英たちは店仕舞い とし 1 望生
93 明易や一の鳥居は波のなか みづほ 2 さだ子_しんい
94 山畑の葉物無残や雹の音 帆里 0  
95 麦の秋戦車となりしコンバイン 浩一 3 しんい_瞳人_朗然
96 麦焼きやかの日のままに青煙 浩一 0  
97 教会の花瓶に香る花ミモザ さかえ 0  
98 山椒煮る香のしめやかに夜の雨 与志魚 2 碧女_恋々
99 五月尽遺跡となりたる事務所かな いきか 1 鈍愚狸
100 海見ゆる縁側に椅子若葉雨 ふうこ 0  
101 吹く風を纏い愛しき藤娘 遊人 0  
102 薄墨の 竹に浮かぶや 朧月 ひさみ 2 望生_さかえ
103 初蝶や小川にメダカすいすいと りゅう 1 みつ
104 伝承の村の鳥居や麦の秋 梅花 0  
105 田を植える曲線腕の見せどころ 鈍愚狸 1 恵一
106 ゆっくりと溶けてあぶくへ目借時 俊明 0  
107 白壁の蔵に家紋や枇杷熟るる 芙蓉 5 恋々_軽石_かいこ_卯月_縁矢
108 さくらんぼもうすぐ君は母となる 百合 5 とおる_政己_枯露柿_きみお_えいこ
109 昼酒をそよと醒ますや麦嵐 縁矢 2 輝久_和美
110 若葉風仏彫り出す木を選ぶ 山水 3 与志魚_新米_ぐずみ
111 葵咲く風も又よし岬道 気儘 1 縁矢
112 霾るやタクラマカンを絹の道 俊明 1 タカシ
113 短夜や夢は仕事のミスばかり 新米 0  
114 水張りし代々の棚田や田螺鳴く 卯月 1 よしこ
115 真白なる祝の花や五月波 和子 0  
116 ツンと張る胸の先端薄暑かな 虹魚 3 和子_瞳人_河童
117 湖にまだ貨車の音蝸牛 正男 0  
118 風薫る白きケーキに刃を入れて 恋々 2 風更紗_百合
119 茫々と湖東三山春の湖 俊明 1 みづほ
120 乳首めくほうれん草の根がつんと 国男 1 ぐずみ
121 湧水の喉にやさしく若葉山 和子 1 恋々
122 鯉のぼり揚がらぬ過疎の空広し 鈍愚狸 3 郁文_岱風_ほしくづ
123 ラジオからビーチボーイズ夏来る 碧女 1 朗然
124 ブラシの花咲いてピンクの日曜日 とよこ 0  
125 遠目にも咲いたとばかり立葵 しょうご 0  
126 新緑の辻に洒落たる銭湯かな 和子 0  
127 リード解き駆け出す犬と野に遊ぶ ひろし 0  
128 朝市や花がらつけて胡瓜売る 松太 6 恵一_しょうご_鉄線花_信_ひさみ_えいこ
129 綿菓子を買ふて夜店の顔になり 大貴 4 蓉子_燈穂_鋭次_枯露柿
130 ほのかなる灯りをともし夏料理 松太 4 ひろし_帆里_さかえ_湖舟
131 母の日も分からぬ母を抱き起こす きみお 1 春生
132 転び寝の背に筍の兆しかな 山水 2 信_ほしくづ
133 検札の声も届かぬ昼寝かな ほしくづ 0  
134 羅の連れ立ちてゆく木挽町 美緒子 3 松の_国男_山水
135 夏めくや湯あがりの嬰のよく笑い 風更紗 2 帆里_美雪
136 湯上りや冷蔵庫より化粧水 えいこ 3 国男_軽石_百合
137 草取りの手を休めてはする噂 新米 3 我楽句多_二石_信
138 竿一つ糸一筋や夏帽子 きみお 5 とおる_気儘_ぐずみ_えいこ_ひふみ
139 卒寿なる歯のない笑みや柏餅 4 波山_とし_梅花_望生
140 陰鬱な五月よ微熱まだ残る 風太郎 0  
141 鍬入れる汗の暮らしや老夫婦 郁文 1 とし
142 獲物曳く蟻手助けを断りぬ みつぐ 1 大貴
143 トーストの蜂蜜とろり麦の秋 碧女 2 鉄線花_はるじ
144 京都御所青葉若葉のみぎりかな 我楽句多 1 ふうこ
145 でで虫の角出してわが誕生日 さだ子 1 風更紗
146 人気なき雨の公園山法師 沐雨 1 風太郎
147 生前の不孝を詫びてカーネーション 蓉子 0  
148 鬱の字は二十九画梅雨に入る 火星 9 我楽句多_鈍愚狸_葦たか_いつせ_真紀子_山水_きみお_新月_: いきか
149 つづら折行けど行けども青葉中 真紀子 1 よしこ
150 母の炊く白粥恋し走り梅雨 さだ子 2 与志魚_真紀子
151 水引きの鶴と亀添へ筍膳 ふうこ 2 ひろし_ひふみ
152 現世(うつしよ)と黄泉のはざまを蝮草 ぽん太 1 与志魚
153 甲斐の山全てが若葉濃く淡く 岱風 0  
154 小満やパンの匂ひの漂うて よしこ 1 はるじ
155 澄みわたり雨粒こぼすミモザかな 風更紗 0  
156 グッピーが一部始終を見てをりぬ 虹魚 3 二石_国男_松太
157 青梅や負けず嫌ひの次男坊 しんい 2 火星_和美
158 囀や下界のニュース暫し断つ 二石 0  
159 寝返りを打てて大泣き聖五月 瞳人 0  
160 かさかさと信号無視の夏落葉 美雪 1 とし
161 滴るや天の岩戸の石積みぬ 梅花 0  
162 出迎えの父母の向こうに躑躅かな とし 1 鉄線花
163 飼い犬の病みて卯の花腐しかな 湖舟 3 燈穂_満_百合
164 若葉してもえぎおどしの山の襞 素夢 0  
165 投票を迷う人たちパリ薄暑 友太郎 0  
166 牛は牛馬は馬連れ夏野かな みつぐ 3 しょうご_火星_湖舟
167 冷や麦や軒の暮れ行く大庇 とよこ 2 鈍愚狸_百合
168 街騒の響くぬけ道竹落葉 与志魚 1 ひさみ
169 紫陽花の色の初めの薄縹 火星 1 政己
170 耳すませば亀鳴いてゐる五合庵 タカシ 1 新月
171 護憲改憲こぞる憲法記念の日 我楽句多 0  
172 青葉風こけしの眉の動きたる 葦たか 7 碧女_燈穂_国男_ひさみ_満_望生_大貴
173 字を割つて暖簾くぐるや鮎の宿 ひふみ 8 友太郎_風更紗_火星_朗然_きみお_かいこ_河童_美雪
174 ナイターや祝杯尽きぬ北新地 朗然 1 ひろし
175 木下闇僧兵の声虚空より 美緒子 1 さだ子
176 時計草この世の時をまきもどす 松太 1 素夢
177 とりどりの紫踊る菖蒲園 波山 0  
178 田水張る螺鈿の花の開くごと 一斗 1 風更紗
179 土の香の筍抱え妻の旅 枯露柿 0  
180 見失ふとうすみ蜻蛉母かとも しんい 0  
181 新茶汲む朱泥急須の山水画 芙蓉 1 風太郎
182 葉桜や我が故郷は酒の里 ひろし 2 波山_みづほ
183 水匂ふ植田並べて里の澄む 鈍愚狸 2 風更紗_気儘
184 春愁を深くは追はぬ家系なり 国男 1 火星
185 手のひらを窪め山盛り草苺 卯月 2 輝久_松の
186 四十肩ぐるりと回し梅雨の晴 鉄線花 0  
187 ミシン踏む母の背中や柿の花 軽石 2 柚子_河童
188 動ぜざる飛蝗古墳の王ならむ はるじ 0  
189 夜鷹きく枕なじまぬ旅の宿 鋭次 2 芙蓉_ふうこ
190 背を押す茅花流しや老夫婦 燈穂 0  
191 祭り果て鳩の群れする朝かな 岱風 1 紅葉
192 凡百の迷ひいつしか黴の花 望生 3 政己_国男_ふうこ
193 空を切り自由自在のツバメかな 遊人 2 枯露柿_ひふみ
194 自動ドア覚え出入りすつばくらめ かいこ 0  
195 缶詰をプシュりと開けて夏来たり 河童 2 葦たか_満
196 新緑や山の稜線湧き上がる しょうご 2 美雪_みつ
197 いつまでも二人のたつき桐の花 松の 1 鉄線花
198 庭すみに十薬白く咲き満てり 浩一 0  
199 飛行機の影の横切る麦の秋 ほしくづ 1 和美
200 竹の秋足湯に並ぶ足いくつ 風太郎 2 碧女_タカシ
201 くれなゐの襷あざやか田を植うる みづほ 0  
202 緑陰を潜りて死後の話など とおる 2 いつせ_山水
203 草笛を胎の子どもに聞かせゐる 百合 0  
204 紫陽花や苦味深まる煎り珈琲 伝助 2 紅葉_美雪
205 見渡せば女ばかりやビアホール えいこ 2 春生_松太
206 でで虫にワープの力あり比叡へ 正男 2 碧女_ひふみ
207 梅雨晴れ間窓際族のコカコーラ 友太郎 0  
208 人行けばそこが小道の夏野かな タカシ 1
209 フライパン朝の立夏を撒き散らす 望生 0  
210 ハーモニカ高く響きて樟若葉 燈穂 0  
211 古顔の守宮訪ふわが家かな 政己 0  
212 つつじ咲き溶岩の山々華やげり 縁矢 0  
213 薫風や海峡の地を人力車 湖舟 1 梅花
214 青蜥蜴手をつき空へ大欠伸 ぐずみ 2 鉄線花_気儘
215 軒先を目にも止まらず初つばめ 沐雨 1 よしこ
216 麦秋やひさしの陰の地蔵堂 気儘 1 新月
217 夏草も炭素固めに励みおる 素夢 0  
218 陽炎や坂の向こうは県境 梅花 6 輝久_みつぐ_鋭次_いつせ_縁矢_みづほ
219 柿若葉家のおもぬき隠しをり 松の 0  
220 新緑や鐘つく古刹昼の刻 美雪 0  
221 姿見に気分も映る更衣 波山 6 郁文_帆里_素夢_芙蓉_大貴_新月
222 いざこざか蝶の群れにも何かあり りゅう 1 軽石
223 葱坊主あいつだったら何と言ふ コタロー 1 柚子
224 花吹雪遠い場所から来る泪 国男 0  
225 菖蒲湯を出て松風に当たりゐる みつ 1 恵一
226 聖母月私語しづかなる美術館 与志魚 2 真紀子_岱風
227 雨上がり一陣の風青しぐれ 素夢 0  
228 昼顔の丘を越えればいつも海 柚子 1 和美
229 ぬなは舟深々と棹さし入れて 百合 0  
230 柔らかく匙を持つ手も氷水 しょうご 0  
231 兄のやうなボーイフレンドかき氷 みつ 2 火星_河童
232 薫風や改札口で吾を待てり 遊人 0  
233 暗きより影を曳きくる大蜥蜴 とよこ 0  
234 緑陰や白い帽子が残されて 蓉子 2 紅葉_ひさみ
235 川沿いの 青葉と走れ 朝ランナー ひさみ 0  
236 手を翳すスクランブルの炎天下 よしこ 2 岱風_軽石
237 糊忘れ夕暮れ急ぐ薄暑かな いきか 0  
238 宇宙より闇夜に降りぬ蛍火が よしこ 0  
239 万緑や姉妹で進む一輪車 山水 1 与志魚
240 何もせぬ罪もありけり浮いて来い 葦たか 6 燈穂_和子_いつせ_朗然_ふうこ_ほしくづ
241 このごろは水着で走るアスリート 恵一 1 とおる
242 茂り中願掛け石の動かざる しんい 1 湖舟
243 火の国の大地鎮めて夏銀河 葦たか 5 波山_和子_気儘_山水_新米
244 巨峰とは名のみ狭庭の袋掛 瞳人 2 信_和美
245 牛冷す吉備は墳丘抱きをり はるじ 2 梅花_風太郎
246 不可解な夢に嬲られ明け易き 鋭次 0  
247 緑背に白くまあるく大手毬 岱風 0  
248 また伸びてベランダ明るき柿若葉 風更紗 1 いきか
249 蝶の如羽ばたき多しスズメの仔 軽石 0  
250 射的屋でキューピー打つて宵祭 和美 1 松太
251 水着でも男勝りは捨てきれず 恵一 1 郁文
252 墨文字の「し」の字のびのび新樹光 ほしくづ 2 真紀子_タカシ
253 両手足投げ出しに行く夏木陰 虹魚 2 鈍愚狸_湖舟
254 饒舌も寡黙になりてバラ祭り 波山 1 松の
255 雨しだり牡丹手打ちにして光り 柚子 0  
256 麦秋や父は一周忌(むかわり)煙草盆 輝久 0  
257 妻戻りし我が家ジャスミン香りけり 紅葉 1 蓉子
258 初孫を訪ね祝いの武具飾る かいこ 0  
259 新茶淹れ先づ一碗をみ仏へ さだ子 1 郁文
260 道元の七堂伽藍初夏の風 とおる 0  
261 淀川はさざ波あかり更衣 和美 1 みつぐ
262 雪渓を登りて出遇ふ残花かな 朗然 1 湖舟
263 木の端に爪たてている蝉の殻 さかえ 2 葦たか_タカシ
264 さざ波の湖を抱きて夏の富士 春生 2 さだ子_枯露柿
265 逆さ峰映す溜池夏つばめ 卯月 1 友太郎
266 贈ることもうなき母の日となりぬ えいこ 3 輝久_よしこ_みつ
267 急流の後のせせらぎ新樹光 恋々 1 みづほ
268 朝食に薔薇の香りも一品に うらら 4 紅葉_二石_恋々_さかえ
269 花の色土壌任せの七変化 伝助 0  
270 更衣少しやつれて美しく 和美 2 しょうご_鋭次
271 冷奴崩れて白き波頭 文香 0  
272 呼び合ふて親子のかける蛍狩 河童 1 瞳人
273 早苗饗や餅は草色さくら色 みづほ 0