top

1 浴衣着の結いたうなじの艶めかし うらら 1 波山
2 願掛けに辿る磴道蝉しぐれ かいこ 2 気儘_せつこ
3 その中に少年ジャンプハンモック 松太 7 碧女_マロ_我楽句多_いつせ_風太郎_ぐずみ_いきか
4 蝉声に負けず新人リポーター 二石 0
5 来し方はあっという間や遠花火 さかえ 3 マロ_卯月_のるん
6 梅雨明や財布の中を確かめぬ 帆里 0
7 暗がりに子豚固まる暑さかな みづほ 4 友太郎_郁文_さかえ_山水
8 ラムネ玉転がるやうにあの頃へ よしこ 2 タカシ_みつ
9 老鶯やけぶりて広き日本海 さだ子 2 燈穂_みつ
10 汗しとど金を取り立てられるごと 山水 1 いつせ
11 天草干す海女らの白きたなごころ 春生 2 政己_和美
12 花火落ち束の間人造湖のしじま つきつき 0
13 宵闇の花火肴に独り酒 伝助 0
14 谷底に単線の駅蝉時雨 松の 6 秋詩_せつこ_信_ふうこ_風太郎_うさぎ
15 首塚をかこむ向日葵畑かな 葦たか 4 さだ子_せつこ_湖舟_いきか
16 ジャズを聴きひらりひらりの団扇かな コタロー 0
17 水音の遠くに絶えず簟 さかえ 0
18 弾む子のうなじは白し初浴衣 つきつき 1 二石
19 新涼や良寛座像佐渡へ向き さだ子 4 俊明_火星_梅花_百合
20 通夜に行く踊浴衣とすれ違ふ 龍臣 0
21 釣り人を真っ赤に染めて大夕焼 友太郎 3 しょうご_新米_南風
22 花氷もう来ぬ人と知りながら 秋詩 2 コタロー_梅花
23 寺の椽老いの溜り場蝉しぐれ かいこ 1 芙蓉
24 気まま舞ふ花旅人よ秋の蝶 うつろひ 0
25 幼子と歓声上げて遠花火 紅葉 0
26 蹲踞して何を思案の雨蛙 大貴 4 ひろし_とし_素夢_南風
27 炎昼や百円ショップ開店す 我楽句多 0
28 黄昏やいにしえ語る彼岸花 気儘 0
29 長話群れて付き合ふ藪蚊かな 浩一 1 郁文
30 秋空は天窓透けてありにけり はるじ 0
31 コンビニの夏のおでんを侮れず 火星 3 しょうご_うつろひ_のるん
32 後の月見てて眠るをおしみけり 松の 0
33 夢にゐて幽けく梅雨を聞きてをり みつぐ 2 コタロー_春生
34 まとふものなにもいらぬと扇風機 とおる 1 南風
35 避難所の夜に珍客かぶと虫 新月 5 友太郎_我楽句多_とし_梅花_つきつき
36 流星に乗つてゆきますカフェオーレ 望生 0
37 交差点渡り駆けくる夏帽子 ひろし 0
38 初蝉の苑の木立を憚らず 千日紅 0
39 菩提樹の花咲いてなお慎ましく とし 2 良秀_タカシ
40 遠雷のかすかなりけり浜の風 沐雨 2 さかえ_春生
41 鵜飼の灯消えて筑後に天の川 梅花 5 まりま_輝久_鋭次_新月_みつぐ
42 ふふどりやちちふさ抱けば星の夜 良秀 0
43 蟷螂の子も狷介の面構へ 火星 2 ひろし_素夢
44 鈴紐に祈るかたちの蝉の殻 龍臣 11 良秀_輝久_せつこ_しんい_うつろひ_新米_とし_火星_和子_望生_軽石
45 出番だと突如出っ張る入道雲 浩一 0
46 電車着き跳人溢るるホームかな いつせ 0
47 合歓の花子らに帰宅のチャイム鳴る 与志魚 0
48 麗しき小節利きたる老鶯よ うらら 0
49 相変はらず赤のままなど詠ひたる 春生 0
50 家族どち啼き交してや夏燕 国男 0
51 ひたりひやりひたりきよろりと青蛙 碧女 2 のるん_ぐずみ
52 母逝くも宙飛ぶ父子の蛍かな 朗然 0
53 鉄線の奥に満ちたり原始林 犀角 0
54 この路地に昭和の暮し吊荵 火星 9 恵一_さだ子_波山_ひろし_とおる_しょうご_鋭次_郁文_さかえ
55 風上にきっとまほろば合歓の花 俊明 0
56 大小の茄子やぎっしり箱の中 鉄線花 0
57 枝蛙飛び出し来ては葉の色に 美雪 0
58 梅雨深し窓に指紋のくつきりと みつ 0
59 どの窓も開けて飛び込む蝉の声 美雪 1 新月
60 理科室のビーカーくすむ夏の果て 新月 4 一斗_ふうこ_つきつき_河童
61 古の跡を根城の蛇の国 帆里 0
62 見上げれば空真青なり広島忌 まりま 1 しんい
63 庭の木に白く揺れをり富貴蘭 紅葉 0
64 鬼瓦けふも踏まえて時鳥 燈穂 0
65 とりどりの色を咲き切る四葩かな 燈穂 1 俊明
66 鉢植ゑに数へて嬉しプチトマト まりま 2 俊明_美雪
67 悪妻のやをら居直る蠅叩き とおる 1 与志魚
68 爆心の空の晴れ間や夏木立 燈穂 3 気儘_縁矢_春生
69 蹲踞の孑孑踊る古社 せつこ 2 碧女_良秀
70 殻脱けて歓喜の声や蝉時雨 伝助 0
71 心経や蝉には蝉のリズムあり とし 1 碧女
72 爺婆で百五十八掻き氷 りゅう 1 とおる
73 薔薇が咲き薔薇は伐られて設置され いきか 0
74 朝もやに頬紅刷くや合歓の花 軽石 0
75 葛の花雨を含める山の風 松の 3 さかえ_芳生_美雪
76 たたたたと電線の上走るりす 犀角 0
77 終活の中断やむ無し夏休み 芙蓉 0
78 母の臥す病巣覗く桐の花 浩一 0
79 透き通る身を持ち神の海月かな ひとみ 1 燈穂
80 あさがほの種と絵本と短冊と 望生 0
81 妣に手を引かれし事も鬼灯市 弥生 2 恵一_百合
82 しゃつきりと紗の帯締めて柳腰 しんい 1 秋詩
83 絵手紙や飛んで行きそな赤とんぼ 輝久 0
84 草いきれ三角ベースのホームラン 政己 1 朗然
85 ライターの石固着して梅雨ふかし 国男 1 気儘
86 洗面器に種吐き出して西瓜かな 和美 0
87 蚊柱やスカイツリーの見える路地 3 よしこ_新月_火星
88 捨て切れぬ箪笥の齡冷汁 弥生 3 和子_望生_和美
89 吾の汗の臭い染みたるシーツかな コタロー 0
90 陰口の合間に団扇動きけり 大貴 0
91 洞窟の奥は滴る鬼が島 うさぎ 0
92 頂上や吹き飛びさうな夏帽子 国男 0
93 烏賊の船ゆらりゆらゆら昼行灯 新月 0
94 夏野菜二度寝せし事後悔す いきか 0
95 緑陰に笑みのこぼるる夜勤明け マロ 0
96 大阿蘇を牛の群行く夕焼かな 葦たか 12 さだ子_政己_せつこ_鋭次_与志魚_弥生_二石_山水_湖舟_えいこ_うさぎ_みつぐ
97 夏霧を結界として八海山 柚子 7 燈穂_しんい_いつせ_弥生_素夢_湖舟_縁矢
98 こんなにも何処から人が佞武多来る いつせ 1 タカシ
99 盆踊りの唄きれぎれに流れ来る ふうこ 1 ひふみ
100 呼び込みの鬼灯市に雨の客 郁文 1 弥生
101 ほうたるや初めて巻いた帯一重 ふみか 4 葦たか_まりま_新月_南風
102 出来立ての糞に群がる蠅二つ コタロー 1 いきか
103 エレベーター夜間飛行の香を乗せて えいこ 2 瞳人_大貴
104 夏痩せのおもかげ母に似てきしよ 和美 0
105 紫陽花やフェンスをこえて届く朝 犀角 0
106 指入れて深さ探りし蝉の穴 鋭次 1 よしこ
107 寡黙なる出刃の手さばき蝉しぐれ 郁文 5 うつろひ_龍臣_鋭次_和子_河童
108 汗噴ゐて睦む二人を乗せる車夫 枯露柿 1 帆里
109 疑懼ひとつもたげくるかな蛇の舌 良秀 0
110 鴨六羽池と想いし代田かな 芳生 0
111 縁台で甘き西瓜の種飛ばす 波山 0
112 新涼やお台場巡る屋形船 うさぎ 1 春生
113 園バスの窓を塞ぐや笹飾り 二石 2 鉄線花_つきつき
114 打ち水の行事や柄杓持て並ぶ 千日紅 0
115 吊り橋に風を押さえて夏帽子 とよこ 4 波山_良秀_一斗_和美
116 夏痩せて思い出を着る古着かな うらら 2 瞳人_和美
117 就活のスーツ濡れるや春時雨 芳生 0
118 曲がりでも胡瓜はさくっと素直なり しょうご 1 新米
119 ゆきずりの人と軒借る驟雨かな 梅花 6 葦たか_我楽句多_大貴_縁矢_えいこ_美雪
120 皮剥けばぎとぎとぎとの鯰かな 百合 0
121 車窓よりさらに濃くなる帰省かな よしこ 0
122 補聴器に入っていたのか蝉の声 沐雨 2 郁文_素夢
123 葛餅を恙の母の口元へ 恵一 1 いきか
124 木洩れ日に置く一皿へ心太 松太 4 さだ子_燈穂_輝久_朗然
125 強力を幼に見せしかぶと虫 帆里 0
126 あがるたび君をかがやかせる花火 蓉子 1 マロ
127 かりかりと音も一味信濃梅 大貴 1 俊明
128 宵祭ハッカパイプとつなぐ手と 蓉子 2 鉄線花_芙蓉
129 半分で足りなくなりしバナナ食む 鉄線花 0
130 杉箸の先濡らしあり夏座敷 弥生 1 大貴
131 仰のけの猫や寝茣蓙の真ん中に 鉄線花 0
132 外面の鱧に似せたる人の恕や 瞳人 0
133 むき出しの声あはれなり雨蛙 与志魚 1 ひふみ
134 芝刈はやはりあなたねと妻が言ふ 縁矢 0
135 怪談の古本朽ちてまた怖し 虹魚 5 碧女_しょうご_龍臣_春生_いきか
136 紫陽花といただく今日の一人飯 南風 0
137 パンを焼く匂ひの甘き朝曇 河童 1 百合
138 谷川の水を薬缶に墓参 卯月 3 鉄線花_与志魚_えいこ
139 電気代気になりながらこの暑さ のるん 1 ぐずみ
140 手も足も肺も緑よ風薫る 芳生 1 縁矢
141 海の日の迷子を告ぐるスピーカー 恵一 2 帆里_美雪
142 木に登る蜥蜴の断念布干され いきか 0
143 古傷に触れぬ二人や夕端居 4 龍臣_芙蓉_ふうこ_うさぎ
144 肩車背伸びして見る神輿舟 郁文 0
145 パチンコ屋潰れ落書や晩夏光 与志魚 0
146 億年の色引きずつて青蜥蜴 はるじ 5 瞳人_さだ子_友太郎_梅花_松太
147 暮れてゆく水の匂いの青田かな 卯月 3 恵一_政己_一斗
148 北風を南へ通し居間涼し 英雄 0
149 乾杯の発声梅酒琥珀色 風太郎 0
150 汗拭きと共に出されて梅昆布茶 百合 0
151 介護士のほほ笑んでいて汗しとど 1 うつろひ
152 半夏生ついの棲家によく似合い 梅花 0
153 今日だけは国産にする鰻の日 我楽句多 1 瞳人
154 荒梅雨や雫したたるヘルメット 新米 0
155 友逝くて夢は笑顔の初蝉よ とえ 0
156 真白いの木陰に匂う富貴蘭 とえ 0
157 夕立に永遠に抱き合う地蔵かな 龍臣 0
158 落し文かたく巻けるは意のあらむ はるじ 2 ふうこ_軽石
159 父母の郷知る人の絶へ盆の月 波山 3 気儘_芳生_うさぎ
160 万緑やどつちへゆかば伊賀甲賀 みづほ 0
161 地下水の音涼しかり住宅街 マロ 0
162 鱧食うて小沢昭一的心 みつ 4 葦たか_いつせ_梅花_朗然
163 蝿取りのリボンまたもや髪とられ 碧女 2 瞳人_ぐずみ
164 草むらに投げだされたる鯰かな タカシ 0
165 携帯の声きれぎれに蝉時雨 芙蓉 0
166 とりあへずじつとしてゐる大暑かな 碧女 6 龍臣_弥生_山水_信_湖舟_えいこ
167 下校告ぐチャイムが消えてアブラゼミ 新米 1 卯月
168 猫を見て立ち止まる犬朝顔咲く まりま 0
169 木洩れ日の畳となりぬ昼寝覚 ひふみ 4 とおる_マロ_和子_松太
170 宿題を早く済ませと法師蝉 きみお 2 二石_のるん
171 夏帽や風とたわむれ飛び上がり とえ 0
172 炊飯にそっと昆布の栞さす 虹魚 1 みつ
173 隆々と入道雲や地引網 政己 0
174 夏休隅に置かるる朝礼台 一斗 3 芳生_信_風太郎
175 ラジコンの電池入れ替へ夏休 風千 3 コタロー_卯月_帆里
176 蛇口から冷水出る間の大暑かな みつぐ 0
177 夏痩せて地下の酒場の鉄扉押す 山水 0
178 三伏の螺子の緩みしオルゴール 和子 3 一斗_河童_みづほ
179 口に出すことばは一部あめんぼう 山水 0
180 両耳を垂れたきほどの河童の忌 沐雨 0
181 乗船の時に掛けたるサングラス 一斗 0
182 納戸には裸電球火蛾舞へる みづほ 1 うさぎ
183 篁を洩れ来る光半夏生 とよこ 2 秋詩_みつ
184 役員の焼くたこ焼きや夏まつり 紅葉 2 二石_タカシ
185 けだるさをかき混ぜている団扇かな うつろひ 5 友太郎_新米_朗然_湖舟_松太
186 名古屋場所今日もあの席あの女将 朗然 2 信_タカシ
187 山盛りの氷小豆や鼻緒ずれ 風千 1 芳生
188 苔滴る天城トンネル黙深し しんい 2 我楽句多_芙蓉
189 絵団扇に絆とありし甲子園 気儘 1 みづほ
190 夏雲に手がとどきさう観覧車 百合 1 とおる
191 旱月いつまで続く夫の黙 風太郎 2 葦たか_火星
192 大食いの遠慮したるは暑気中り 友太郎 0
193 真夜中をぐるぐる回り岐阜提灯 ひふみ 0
194 安宿にうちわ片手のカレー飯 ふみか 0
195 アンデスの風を集めてよパナマ帽 しょうご 0
196 一雨毎ふくらむ蓮の蕾かな 芙蓉 1 みつ
197 忘れたる振りも歳の功紫蘭咲く 鋭次 0
198 七夕の雨は逢瀬のなみだかな 蓉子 0
199 紙皿に盛るる焼そば海灼けて 和子 2 よしこ_紅葉
200 むらさきの夢のつづきを茄子の花 軽石 2 燈穂_えいこ
201 子ら遊ぶひときわ強く草いきれ 素夢 0
202 掛け軸に太き一文字夏屋敷 うさぎ 4 鉄線花_政己_紅葉_みつぐ
203 鴨川に白波の立つ端居かな ひふみ 3 まりま_一斗_風太郎
204 奥穂高木曽も信濃も星月夜 きみお 2 俊明_与志魚
205 スイカ抱え子の左手を握りたる つきつき 0
206 「オ」と言へば「ハッ」と応へる生身魂 望生 1 ぐずみ
207 電球の光がもれて青簾 タカシ 1 松太
208 暴走のバイク爆音旱月 風太郎 0
209 先頭は誰かに任せ冷素麺 俊明 0
210 父と子と揃ひの浴衣太鼓打つ えいこ 4 卯月_柚子_帆里_みづほ
211 居酒屋を出でて寿司屋へ月涼し 縁矢 1 和美
212 中ほどは風の廊下や橋涼み 軽石 2 とおる_信
213 我来たり雲海下に富士の山 南風 0
214 野仏の湯呑抱きけり青蛙 せつこ 8 気儘_良秀_紅葉_芳生_山水_素夢_朗然_軽石
215 滴りの生まれて落つるを見ておりぬ とよこ 1 政己
216 花ダリア風の調べを手枕に 虹魚 0
217 路地裏の軒に雨呼ぶ釣忍 波山 1 縁矢
218 石投げて石にぶつかる大暑かな 一斗 7 ひろし_紅葉_鋭次_二石_卯月_山水_みつぐ
219 まつさらな俎板に秋立ちにけり 和美 4 しんい_和子_ふうこ_つきつき
220 まだ置けぬ母の思いや茄子の牛 輝久 0
221 白南風や明日は床屋へ参ろふか 縁矢 0
222 山車走る人が野生に返る時 友太郎 0
223 闇下りし網戸の中の熟寝(うまい)かな 柚子 0
224 誰祀る小さき祠木下闇 枯露柿 1 波山
225 新築の材切る音や油照り みつぐ 1 美雪
226 朝厨昭和静かに扇風機 千日紅 0
227 峰雲や修復中の三仏堂 しんい 1 ひふみ
228 夏の夜やナイター帰り雑踏へ よしこ 0
229 月涼しシテまかり出る笛の音 松太 4 葦たか_よしこ_弥生_柚子
230 日を刻み分を刻むや夏の蝉 しょうご 1 望生
231 一リットルの汗をかかんと床掃除 ふうこ 1 新米
232 朝焼やスペースオペラ読み始む 湖舟 0
233 七夕や夢は毎日毎夜みる ぐずみ 0
234 旅先の露台に探す星座かな 秋詩 0
235 反り返り遥か見上ぐる暑さかな 瞳人 2 よしこ_河童
236 一強の土台揺るがす青嵐 朗然 0
237 蛆虫や大腸癌の再検診 ぐずみ 0
238 初蝉の葉陰山酔う空青し せつこ 0
239 箸置くや魚の骨の涼しげに 柚子 2 しんい_大貴
240 この星に住みし記念の花野かな さかえ 0
241 子供らが声吹きかけり扇風機 ひろし 2 鉄線花_百合
242 耳澄まし手の鳴る方へ西瓜割 卯月 1 ひろし
243 土公神土中におわし土用照り 素夢 2 柚子_芙蓉
244 みちのくの宿や水琴窟涼し 秋詩 1 恵一
245 夜濯も楽しからずや星降るる 我楽句多 1 ひふみ
246 忙しく飛び交う鳥や梅雨晴れ間 南風 0
247 はるか来てカウベルの音の涼しさよ さだ子 1 碧女
248 白靴を揃へて海に駆け出せり 春生 4 コタロー_柚子_郁文_風太郎
249 字を割って暖簾くぐるや土用の日 きみお 3 コタロー_いつせ_みつぐ
250 打ち水を避けて下駄の音弾みけり 輝久 3 まりま_とし_南風
251 刈り取りし野蕗の香り茎の紅 素夢 0
252 店で待つ時間楽しむかき氷 りゅう 0
253 噴煙と夕立雲や桜島 湖舟 0
254 麦笛と幼き日々を引き出しに のるん 2 まりま_紅葉
255 改札を通り祭りの笛太鼓 湖舟 1 我楽句多
256 紫の起伏織りなすラベンダー ひろし 0
257 水打つやしばしとどまる空の照 政己 2 マロ_河童
258 眠られぬ夜更けに唸る冷蔵庫 えいこ 1 恵一
259 冷酒やひとり静かに酔ひにけり のるん 1 しょうご
260 乱壊婆娑かぜの幽玄夕さくら 良秀 0
261 鏡台は女の書斎花芙蓉 とおる 4 秋詩_新月_のるん_みづほ
262 地震禍も戦禍も寄りて天の川 枯露柿 0
263 夏祭り一升瓶をらっぱ飲み ふみか 0
264 迷子かなソフトクリーム垂れるまま 風千 1 軽石
265 生き生きと雨に打たれて青林檎 俊明 1 柚子
266 夏祭り終わりし神は秋準備 りゅう 2 輝久_さかえ
267 蒸し暑き昼から竜巻注意報 英雄 0
268 梅雨明けに雀が集う靄の下 伝助 0
269 テキサスにまあ百日紅こんなにも 瞳人 0
270 還る人生まれる人よ曼珠沙華 ひとみ 1 望生
271 飛蝗です神の吐息の欠片です ひとみ 0
272 砂日傘夫子(つまこ)見守る笑顔かな かいこ 1 大貴
273 薄暑の街ずつと昔にきたやうな タカシ 0
274 百日紅潮風遊び夕暮るる 気儘 0
275 茶の会や添水が笑う不調法 うつろひ 0
276 金曜の夜の屋台に夏涼み 英雄 0
277 法螺貝の音夏霧を震はせて みつ 3 波山_火星_望生
278 水槽の主役はマンタ夏灯 いつせ 1 ひふみ
279 夕立の真ん中走る単車かな 葦たか 2 龍臣_つきつき
280 片かげを選んで家路遠廻り ふうこ 0
281 蛍川武蔵の国の和紙の里 恵一 0
282 夏蕨朝餉の一品山の宿 美雪 2 秋詩_とし
283 洋館は萌黄色なり蝉しぐれ 和子 1 輝久
284 床屋出て秋の気配を盆の窪 鋭次 2 軽石_松太
285 片陰に動かぬ犬や威嚇的 河童 0
286 沢蟹のくすぐつたさを手から手へ 二石 2 与志魚_帆里
287 ひぐらしや黒ずみ始めた茜雲 新米 0
288 ハングルの文字の用器や土用波 河童 1 友太郎
289 居眠りのまつげ長くて冷房車 マロ 1 みづほ
290 名刹や古木の蝉に利益あれ とし 0
291 七夕や夢がなにかであつた頃 ぐずみ 2 うつろひ_百合