top

1 秋灯下大活字本文庫本 とおる 0
2 障子貼る昨夜の諍ひ糊に化け 望生 1 葦たか
3 秋蛍崩し書きなる一行詩 しんい 3 八作/粧/風千
4 寝返りを打てて笑む子や秋晴るる みつぐ 1 南風
5 草莽や虫の楽団覗き見る とし 0
6 重複のため取り消し 0
7 今日の月狸囃子を聞きたしや 鋭次 0
8 空蝉の主いずこ鳴く七日かな 芳生 0
9 捨てられし案山子抱へて辻地蔵 浩一 2 素夢/弥生
10 一山を一人一日や天高し とおる 2 ほしくづ/山水
11 土嚢積む人に顎振る秋団扇 望生 0
12 秋彼岸墓に問いかけ草むしり 由紀子 3 波山/正美/みづほ
13 銀杏の実落としてはしゃぐ又三郎 新米 2 良秀/山水
14 抜ける空 こずえに一個 花梨の実 功多 0
15 首筋を ゾクッと撫でる 寒戻り 功多 0
16 手を繋ぐコンビニ帰りの名月や 八作 1 正美
17 梨剥きて語る思ひ出二十世紀 朗然 0
18 遙か山 見ゆる見えぬの 花かすみ 邦義 0
19 花野なか殊にコスモス揺れにけり 郁文 0
20 荒ぶるる烏天狗に映ゆ紅葉 素夢 1 良秀
21 子規の忌や落とし玉子が椀の中 さだ子 4 哲雄/きみお/燈穂/ひろし
22 団栗や金時山を震はせて 秀昭 0
23 コスモスや小さき母に小さき影 百合 4 風太郎/ひろし/枯露柿/しんい
24 ちんちろりん風の流れの子守唄 とえ 2 ひろし/半歩
25 登り来て真つ平なる花野かな 百合 3 せつこ/朗然/河童
26 旬来たる秋刀魚のまなこ青き海 うらら 3 郁文/はるじ/みつぐ
27 蜻蛉の曲がりて進む水辺かな 敬和 5 八作/輝久/だいぼ/しんい/百合
28 山深き恩人の墓彼岸花 正美 0
29 吹雪く湖 ボートただよう 志賀の沖 邦義 0
30 初秋の影連れ歩く朝の道 風太郎 0
31 水澄むや玩具のような車過ぎ 和子 0
32 香典と書いて夜寒の墨匂ふ 松太 9 八作/うつろひ/粧/きみお/与志魚/燈穂/うらら/ぐずみ/枯露柿
33 ヴァイオリンソナタのごとく秋の水 和美 2 粧/えいこ
34 重複のため取り消し 0
35 古戦場血潮を今に彼岸花 鋭次 3 せつこ/とえ/軽石
36 鶏小屋のふつ飛んでゐる野分かな みづほ 5 しょうご/新月/弥生/新米/みつぐ
37 秋陽浴む耕す妻の背のびかな 風千 2 だいぼ/みつぐ
38 皮を剥ぐ時間の果ての栗の飯 しんい 0
39 ボルダリングの若者勝てり葛の花 はるじ 0
40 烏瓜引いて夕日によろめける 河童 4 ふみか/一斗/春生/大貴
41 夫婦して猫を取り合ふ良夜かな えいこ 5 しょうご/風太郎/与志魚/半歩/南風
42 曼珠沙華雲広がりて富士隠す 松の 0
43 マロンでも栗でも同じパンを食べ いきか 2 俊明/百合
44 饒舌の口にこぼるる落花生 美緒子 2 ひろし/いきか
45 真青なる空キャンバスに鰯雲 うらら 3 素夢/しんい/ひふみ
46 行間に明かせぬ一句ホ句の秋 望生 2 瞳人/暁孝
47 夏の夜思いを乗せた鎮魂灯 芳喜 0
48 名月に手話も緩りと母娘かな 輝久 4 かいこ/敬和/新米/紅葉
49 なつかしや妣の白萩咲きこぼれ 恵三 1 ふみか
50 待ちぬれど虚し夜となる無月かな 由紀子 1 蓉子
51 密やかに茶の花咲くも今盛り 美雪 1 大貴
52 母親が迎へに来る夜学生 哲雄 1 みつ
53 輝けるすすきに揺れる夕陽かな 南風 2 弥生/和美
54 縁側で過ごす一日菊日和 ひふみ 3 波山/ふみか/半歩
55 敗荷やセル画仕上げるアニメーター ぐずみ 0
56 流星の軌跡定かに離任以後 秀昭 1 ニット
57 手際よくくるくるくると剥く林檎 風太郎 1 恵三
58 悪たれをついて銀杏剥かれをり ふみか 0
59 温め酒遠き近きの相集う 新月 0
60 雨意去らず寝釈迦の裾の秋の風 帆里 1 せつこ
61 伊吹山一塊りに秋めきぬ 龍臣 8 せつこ/郁文/新月/弥生/新米/芳生/しんい/松太
62 廃船の竜骨白し白露あり 良秀 1 とえ
63 待宵や飛行機雲をジャズピアノ ぐずみ 1 みつ
64 人類の未來想へり銀河の夜 湖舟 0
65 秋場所や綱の矜恃だ日馬富士 朗然 1 よしこ
66 やせたねと言われて夏も終りけり 政英 4 きみお/美緒子/いつせ/南風
67 山あひに立つ秋の虹旅信とす さだ子 2 我楽句多/柚子
68 触れまじやしとどの萩の万華鏡 はるじ 0
69 稲刈りの父口遊ぶAKB 八作 0
70 ハワイアン去ってシャンソン似合う秋 かいこ 3 正美/我楽句多/朗然
71 暗闇の祭囃子や風の色 とえ 2 浩一/河童
72 朝日きてこのしろ舟に風もなし 良秀 0
73 芋煮会俺の出番と出羽の人 枯露柿 1 湖舟
74 秋澄むや赤牛眠る草千里 葦たか 9 波山/輝久/ほしくづ/風太郎/さだ子/卯月/気儘/山水/鋭次
75 読さしのページ彩る柿紅葉 波山 2 ほしくづ/湖舟
76 四万十の空を惜しめり秋燕 碧女 8 松の/政己/良秀/さだ子/与志魚/はるじ/とおる/燈穂
77 四つん這いして茸山に茸を採り 大貴 0
78 秋さくら同行二人杖休め 気儘 2 正美/卯月
79 あのころはみなひもじくて鰯雲 燈穂 3 和子/ふうこ/亀七
80 じゃあまたと別れて一人星月夜 山水 0
81 りんごの唄みんなで歌ふ戦中派 美雪 1 浩一
82 水澄んで指うつくしく透くごとく えいこ 3 うつろひ/碧女/百合
83 新松子案内の人の京言葉 千日紅 2 気儘/いきか
84 行き行きて手の中遊ぶ猫じゃらし しょうご 0
85 たばこ吸う人影せわし秋の風 ぐずみ 0
86 ころころと赤子笑へる木の実かな みつ 4 秀昭/蓉子/碧女/しんい
87 不器用に紅引く漢村芝居 卯月 7 しょうご/帆里/鉄線花/和子/美緒子/鋭次/柚子
88 秋澄むや揺るる魚影の山の池 せつこ 2 だいぼ/和美
89 骨格の標本のごと秋刀魚食う 八郎 3 うつろひ/はるじ/軽石
90 病葉や機械化された街に住む 哲雄 0
91 大室山雲遊ばせて伊豆の秋 松の 2 枯露柿/みつ
92 なんとなく門に出てみる秋の暮 いつせ 2 きみお/新月
93 この世ともまたあの世とも星月夜 美緒子 4 恵三/俊明/美雪/柚子
94 稲妻のゆたかな方へ終電車 弥生 2 国男/葦たか
95 塔のうへ絵本の月がそこにあり ニット 1 みつ
96 秋澄むやキリンはぴんと耳立てて タカシ 8 秀昭/帆里/鉄線花/風千/ニット/湖舟/みつぐ/ぐずみ
97 笹の葉の露の光りの重さかな 卯月 6 恵三/松の/葦たか/縁矢/うらら/望生
98 屋久島の千年杉や天高し 恵三 1 湖舟
99 秋茄子の咲けば無駄なし親の声 とえ 0
100 爽やかな笑みに受取るチラシかな 二石 2 哲雄/タカシ
101 柿の実の熟してほたと落ちにけり ふみか 0
102 おたがいの齢聞きあふ敬老日 我楽句多 3 風太郎/二石/半歩
103 小さめと一筆添へて葡萄着く ひろし 9 八作/輝久/ふみか/正美/とおる/二石/山水/朗然/亀七
104 てのひらを裏へ表へ風の盆 ひふみ 3 浩一/火星/えいこ
105 考えて立ち止まる猫狗尾草 政己 1 えいこ
106 重複のため取り消し 0
107 出迎へは菊の着綿藍のれん 弥生 2 うらら/みづほ
108 ビル群の空を割りたる稲光 ひろし 3 敬和/よしこ/芳生
109 塗り替へて黒塀匂ふ残暑かな タカシ 4 政己/暁孝/我楽句多/新月
110 枕辺にちちろ聞く夜のひとりかな 柚子 2 気儘/美緒子
111 空き地の秋泣く児をあやす餓鬼大将 新米 0
112 擦れ穴のジーパン履く娘夏逝けり 浩一 2 ふみか/美雪
113 秋霖や静けき路地の街灯り 暁孝 3 郁文/縁矢/芳生
114 みほとけは秋風の中浄瑠璃寺 きみお 1 卯月
115 新蕎麦や黒檀の箸ひややかに 和美 1 ニット
116 秋霖や傘が触れ合い本堂へ とし 0
117 くろがねの壜に活けたる芒かな みづほ 0
118 脳検査カンカンと鳴る鉦叩 枯露柿 0
119 スマホうつ勝ちし力士の太き指 郁文 1 かいこ
120 呼びだしは声楽部の子草相撲 郁文 5 新月/ひろし/河童/いつせ/松太
121 静けさや鴎外旧宅まんじゅしゃげ 縁矢 1 松の
122 一匹と見れば無数の赤とんぼ 湖舟 1 みづほ
123 新走り舐めて味見の君は下戸 うつろひ 0
124 芒野の光に君を見失ふ 3 国男/良秀/いつせ
125 秋夕焼海へ向かつて一直線 春生 0
126 立ちん坊へのへの笑う案山子かな 龍臣 1 美緒子
127 星留の母の形見や秋袷 ほしくづ 0
128 吾死ねば秘かに葬れ鉦叩 火星 1 はるじ
129 救急車に犬の遠吠え秋夕焼 二石 0
130 三面鏡姥が秋思をことごとく 美緒子 0
131 宵化粧して誰を待つ酔芙蓉 鋭次 3 蓉子/素夢/みづほ
132 栗の実や思いの爆ぜて草の上 軽石 0
133 吾亦紅介護にやさし嘘もつく きみお 9 うつろひ/哲雄/和子/卯月/鋭次/美雪/いつせ/大貴/望生
134 曼珠沙華風なき空のやや重し 山水 2 風千/燈穂
135 天上へ飛び火しさうに曼珠沙華 いつせ 6 国男/暁孝/ほしくづ/敬和/一斗/紅葉
136 満月の夜を楽しむインド人 帆里 1 ひふみ
137 工員も影となりたる虫の声 敬和 0
138 西の京足軽やかに秋高し 気儘 0
139 うたた寝の髪のみだれや居待月 河童 3 浩一/縁矢/二石
140 秋風に烏賊千枚を吊るしあり 和美 2 八作/うつろひ
141 宮相撲軍配さばき大拍手 よしこ 0
142 秋簾細く聞こゆるお念仏 風千 0
143 バスを待つトトロの駅や秋うらら 輝久 3 俊明/碧女/望生
144 新秋や葉擦れの音の雨かとも ふうこ 0
145 いわし雲ぴくりと眠り猫の耳 しんい 1 亀七
146 芋虫の死んで出自の謎残る 火星 2 望生/いきか
147 秋鮭の朝日めがけて竿を振り 帆里 0
148 隣より秋刀魚の焼ける匂ひかな えいこ 0
149 川底を浚へばぼたん原爆忌 国男 3 かいこ/一斗/春生
150 紺碧や襲色目に秋の山 俊明 0
151 枝豆は指に探らせ目はテレビ 二石 0
152 そこはかと心秋めく夕暮かな 俊明 1 タカシ
153 黄落やいちょうの涙拾いける 素夢 1 縁矢
154 秋風や寄木の仁王ばらばらに ひふみ 0
155 靴飛ばしして帰る子ら秋の暮 蓉子 2 美雪/軽石
156 蔦紅葉風と語らふ石仏 とよこ 4 秀昭/縁矢/とえ/うらら
157 秋桜をたとえて言えば京言葉 大貴 2 とおる/ふうこ
158 城跡や空の高きに登りけり 軽石 1 紅葉
159 秋の夜のつれづれの文外は雨 とよこ 0
160 音色変へいざ飛び立たぬ法師蝉 縁矢 0
161 園児らの散歩行く道樫林 美雪 0
162 さざえ堂螺旋の窓の秋日影 正美 1 和美
163 荒れ畑の 流れる車窓 夏日差し 功多 0
164 対岸に立つ人小さし秋出水 みつぐ 1 ほしくづ
165 運河照る秋蒔きの畝はつらつと 和子 1 百合
166 熱気球カンナんの上をかすめけり 政己 0
167 またしても箸を逃げ出す子芋かな 柚子 0
168 ささら荻木彫りマリアの伏目かな 瞳人 2 ぐずみ/みつ
169 津和野路や猪の残した栗拾う 縁矢 1 龍臣
170 歩くたび跳ねる靴紐赤まんま 秀昭 2 さだ子/ふうこ
171 日の梯子雲の間に間に震災忌 新月 1 和美
172 大岩の崩れる如し秋の暮 軽石 2 だいぼ/松太
173 吾繕う夫の野良着を着る案山子 かいこ 0
174 月影を横切る猫の鍵尻尾 鉄線花 1 蓉子
175 新米のこぼれて朝の光かな だいぼ 3 我楽句多/風千/南風
176 山深く水清き宿きのこ飯 きみお 1 えいこ
177 足音のゆつくりと行く星月夜 春生 0
178 稲荷山金錯銘鉄剣曼珠沙華 国男 1 ぐずみ
179 柿の実やさびしきことぞ思はるる だいぼ 0
180 眠りより覚めてこの世のねむの花 とおる 0
181 街道をつらぬく風とコスモスと 八郎 2 秀昭/二石
182 学ランで応援の娘に風さやか 蓉子 0
183 秋蝶や大地を縫うて行くごとく 春生 1 鉄線花
184 秋風に日本国旗が揺れている 敬和 1 瞳人
185 あと一章残す夜長のミステリー 新米 4 二石/うらら/枯露柿/いきか
186 一雨にもみぢぬ櫨や風清か 俊明 0
187 思いでを乗せては返す土用波 芳喜 0
188 沖縄忌埋もれし遺骨なお幾多 八郎 1 朗然
189 大都会虫籠になるネオン街 ふみか 1 タカシ
190 父と子の歩み寄れずに蕎麦の花 ほしくづ 4 波山/暁孝/和子/火星
191 蝉時雨今日も三十越えと鳴き 芳生 0
192 あまりにも遠き思い出十三夜 弥生 0
193 両の手に月を抱かん露天風呂 燈穂 7 帆里/さだ子/龍臣/美緒子/鋭次/軽石/南風
194 ペンだこの何時しか夜なべ遠くなり 瞳人 0
195 菊膾噎せて水飲みまた噎せて 半歩 1 タカシ
196 「祝人」(ほいっと)と鴨川渡る神輿渡御 芳生 1 ひふみ
197 身の返し胡弓に和して風の盆 暁孝 7 恵三/粧/帆里/さだ子/卯月/気儘/火星
198 何遍も美味い美味いと茸飯 亀七 0
199 犬と見るビルの挟間の今日の月 ひろし 1 望生
200 のびた爪切るか思案の夜長かな 蓉子 0
201 なれそめは金木犀の香るころ 亀七 4 粧/とおる/碧女/枯露柿
202 林檎かじる音透き通る日和かな みつぐ 1 敬和
203 秋夕焼なつかしと見る知らぬ町 与志魚 1 きみお
204 桔梗や喪服の帯を軋ませて みつ 1 弥生
205 爽やかや読経の声の朗々と 鉄線花 0
206 秋夕焼振り向きしとき消へてをり ふうこ 1 碧女
207 自転車漕ぐ風も九月の湖畔かな さだ子 1 和美
208 若葉ことに風に首振る破芭蕉 はるじ 0
209 名水で味を加へる今年米 枯露柿 1 松の
210 頑なと自問自答や秋の声 とよこ 0
211 黙祷の空につるみて赤蜻蛉 葦たか 2 紅葉/松太
212 月の客下駄を鳴らしてやつてきし みづほ 1 柚子
213 火薬庫の有刺鉄線そぞろ寒 卯月 0
214 朝々の力みなぎる白桔梗 気儘 0
215 露座仏の膝に彼岸のおはぎあり 百合 0
216 命毛の細きひとすじ夜長かな ほしくづ 3 国男/和子/ぐずみ
217 腹八分米寿めざして林檎食む 半歩 1 哲雄
218 かざす手に残暑を受けて喪も明くる しょうご 1 よしこ
219 秋の虹かかりて来るは彼岸より ニット 0
220 隣り家は単身赴任花木槿 紅葉 2 政己/ひふみ
221 残る蚊に神事の様な早き舞 いきか 0
222 大台風ミステリイ手に遣り過し 湖舟 0
223 冷まじや英語教へる幼稚園 哲雄 0
224 朝刊を開く匂ひや涼新た しょうご 4 与志魚/葦たか/春生/みつぐ
225 遠花火亡父とみていた道の端 浩一 0
226 秋の日の白虎見据えし鶴ヶ城 正美 0
227 下戸の婿愛想笑いで生身魂 八作 0
228 南瓜煮へほくほく熱きはふはふと うつろひ 2 芳生/軽石
229 赤まんま幼児数人箱車 松の 0
230 八つ橋を焙りて香る秋の風 みつ 2 葦たか/河童
231 薩摩芋節くれ立って土間の隅 与志魚 0
232 傲慢な一匹のおり虫時雨 ニット 0
233 原案を可決夜長のなほ続く 火星 0
234 最近は津軽の林檎そわそわし いきか 0
235 吾亦紅天変地異にたじろがず 山水 0
236 云われれば自然薯ほどの臍曲り 大貴 2 とおる/素夢
237 一杯の珈琲の湯気に秋意かな うらら 0
238 飛鳥路や今も黄金の稲穂かな 南風 0
239 キーボード送信終える夜長かな 半歩 0
240 爽やかや化石掘り出す槌の音 柚子 4 秀昭/帆里/鉄線花/鋭次
241 もろともに燃えて清姫曼珠沙華 政己 1 蓉子
242 来し方を千切って浮かべ鱗雲 うつろひ 4 一斗/新米/山水/みづほ
243 銀色の魚の遡上や秋気澄む 和子 1 百合
244 絵手紙の赤一色の秋海棠 美津子 0
245 新米の湯気満つ卓や三杯目 由紀子 2 芳生/亀七
246 山にゐて山見下ろすや涼新た 0
247 縄跳びを出る子入る子柿たわわ いつせ 10 瞳人/浩一/かいこ/風千/新米/龍臣/燈穂/河童/美雪/紅葉
248 薄掛を足でまさぐるそぞろ寒 かいこ 3 とえ/大貴/タカシ
249 岩風呂の湯気に人影秋深し 松太 1 気儘
250 新米を救えば淡く翡翠色 千日紅 1 与志魚
251 落蝉や君は彼女を見付けしや 朗然 1 瞳人
252 山肌を薄化粧して秋の風 南風 3 波山/せつこ/えいこ
253 手の届くほどの青柿落ちさうに 紅葉 0
254 ひぐらしや逢いたくなれば涙出て 0
255 キリリリリはや虫の声夜の静寂 政英 0
256 このところ俳句貧乏さんま焼く タカシ 6 瞳人/しょうご/俊明/火星/亀七/いきか
257 雨音に心しづしづ秋の暮 風千 0
258 嗚呼無情 波に沈むは 海水帽 邦義 0
259 ゆうぐれの落ち葉時雨にみを任す 芳喜 0
260 台風の再上陸といふニュース 風太郎 1 いつせ
261 黒金の風鈴錆びて南部旅 美津子 2 輝久/だいぼ
262 ジグソーや埋まらぬ端に秋の風 輝久 0
263 やすらぎの深夜演奏虫の声 亀七 0
264 秋晴れの静かな朝や雲一つ 政英 0
265 絶品の限定二十走り蕎麦 波山 0
266 指咬むでやんま逃げけり遠筑波 与志魚 1 政己
267 家族一丸一匹の蚊を追ひにけり ふうこ 1 龍臣
268 湯上りはタオル無用の爽気かな 新月 0
269 もう少し聞いてゐようか虫の声 我楽句多 0
270 新米のかほり立ちたる朝日かな だいぼ 3 暁孝/春生/ふうこ
271 虚報癖透けくる紙面梨を剥く 瞳人 0
272 秋気澄む帽子のなりの晶子歌碑 国男 3 恵三/輝久/ニット
273 頂へ通ず道の辺金絲草 美津子 0
274 湯の秋や気泡弾けし掌 せつこ 0
275 トロッコは紅葉谷へとゆくりかな 龍臣 1 俊明
276 案山子展案山子に語り掛ける顔 燈穂 0
277 なにもかも満たされてゐて秋思かな 碧女 5 哲雄/国男/一斗/よしこ/半歩
278 とりどりの秋桜揺れて小風見ゆ とし 1 郁文
279 杉玉や枡で一息今年酒 よしこ 1 ひふみ
280 秋めくや籐椅子の母くつろぎて 紅葉 0
281 とんぼうもまざつてをりぬリレーかな 碧女 6 しょうご/鉄線花/我楽句多/龍臣/ニット/松太
282 忌日きて庭に白萩咲初むる 千日紅 0
283 針山の待ち針数ふきりぎりす せつこ 0
284 晩学の道のり長き秋灯下 暁孝 3 はるじ/とえ/柚子
285 ファックスの紙吐く口や秋のこゑ 河童 2 火星/ふうこ
286 一万歩少し足りない秋の虹 よしこ 0
287 磯道に花嫁来たり秋日和 良秀 0
288 紅葉踏み百八段目の悟りかな 素夢 1 松の
289 婿養子三人そろひ走り蕎麦 葦たか 2 よしこ/湖舟
290 方丈に通されてをり月の客 松太 8 政己/かいこ/良秀/風太郎/郁文/敬和/春生/大貴
291 厚切りのパンを頬張り秋惜む 波山 0
292 真鰯を客より先に裏の猫 鉄線花 1 朗然
293 活けられて傍役果たす吾亦紅 恵三 1 素夢
294 一叢のコスモス騒ぐ通り風 我楽句多 0