top

1 鵙びより嫗三人猛りけり 龍臣 0
2 渡り鳥なじみの顔もありぬべし 政己 7 葦たか/うつろひ/哲雄/敬和/はるじ/軽石/ニット
3 学童が家路を急ぐ秋の暮 八郎 0
4 俳句の日一句も詠めず秋暑し よしお 1 半歩
5 毬栗の爆ぜはるかなる菩薩かな 暁孝 1 良秀
6 夜の灯に夜の貌して桔梗濃し 碧女 1 枯露柿
7 烏瓜わすれしことを思ひ出す 与志魚 0
8 鈴なりの熟柿手つかず平成期 八郎 1 ぐずみ
9 轟の波音ばかり秋高し 半歩 0
10 花すすき風の形に戦ぎをり みつぐ 2 せつこ/一生
11 赤蜻蛉とつくにゴルフやめたはず 哲雄 1 きみお
12 沢の径ここだ逃げ散る蟹の群れ 良秀 0
13 鉈で彫る一遍上人草の花 松太 4 輝久/火星/望生/ぐずみ
14 鮟鱇の鍋を挟んで仲直り えいこ 3 しんい/みづほ/和美
15 ひと息に飲み干す抹茶初紅葉 音々 3 我楽句多/新米/うらら
16 かやの実の降りし大樹や奈良の寺 せつこ 1 暁孝
17 秋あかね風の遅速に乗りのりと 松の 1 枯露柿
18 煙茸隠居住まいの庭隅に ゆきを 0
19 藍甕のなかは空つぽ秋の風 ひふみ 3 葦たか/新月/柚子
20 夜明知る時遅くなり添水鳴る 新月 0
21 身に入むや畳二枚の牢屋跡 ほしくづ 5 ひろし/火星/朗然/芳生/柚子
22 紅葉の丘登りゆくモノレール 和子 0
23 祇園には祇園の香り秋たける 鋭次 3 新米/音々/和子
24 ひた走る一両電車稲の秋 我楽句多 4 きみお/半歩/山水/ほしくづ
25 黄落の径キャンバスに竹帚 大貴 0
26 チャイム鳴る娘彼氏とハロウィン 我楽句多 0
27 ランドセル金木犀の帰り道 政己 2 きみお/敬和
28 秋薔薇揺らめく風に棘を刺す うらら 1 暁孝
29 台風一過鯉の尾鰭が水面打ち さだ子 0
30 搾乳を終へし牛舎に明けの月 みつぐ 12 碧女/鋭次/哲雄/しょうご/輝久/いつせ/ひろし/帆里/せつこ/気儘/柚子/沐雨
31 鵙鳴くやほどけさうなる舫ひ綱 ひふみ 6 はるじ/えいこ/朗然/だいぼ/とえ/ぐずみ
32 秋の蚊の鳴かず寄り来る神の杜 せつこ 0
33 踊り手の闇に溶けゆく村祭り 湖舟 2 だいぼ/浩一
34 爽やかや太公望の竿撓ふ 半歩 3 我楽句多/俊明/みつぐ
35 その中に片恋あらむ虫集く 柚子 5 碧女/はるじ/与志魚/山水/湖舟
36 本棚を本のこぼるる漱石忌 みづほ 1 いきか
37 良寛さま薬を掘りにゆきしまま 和美 0
38 紅白の玉乱れ飛び天高し えいこ 2 蓉子/瞳人
39 口のなか粒がつぶやく柘榴かな 和美 3 蓉子/新月/芳生
40 川原石積んでかまどや芋煮会 みづほ 2 俊明/卯月
41 夜顔の恋してをりぬけふの月 碧女 0
42 空港のロビー混み合ひ神の留守 はるじ 1 十志夫
43 月がきれいですねと言ひし君いづこ 蓉子 1 音々
44 ペガサス座 窓いっぱいに独り占め 由紀子 0
45 挿しおきて触るれば床に赤のまま 美子 0
46 雨粒の芯まで透けて水引草 秀昭 3 ひろし/素夢/燈穂
47 ロープウエー野山の錦満喫す 恵三 0
48 たわわなるまま杣山の木守柿 大貴 2 さだ子/枯露柿
49 信濃向く一茶の句碑や秋さびし しんい 2 哲雄/気儘
50 産土へ石の仏へ銀杏散る さだ子 0
51 三代が稲荷ほおばる運動会 八郎 1 哲雄
52 おちこちと吹かれて落葉苔の庭 だいぼ 1 紅葉
53 秋霖や昼を点せるパチンコ屋 いつせ 1 与志魚
54 十三夜アニメの科白いふ姉妹 与志魚 1 いきか
55 木の実みちガリバーのごと踏みしだき 郁夫 0
56 この段を上がれば院の大紅葉 祥風 2 新米/帆里
57 横文字の俳句の運ぶ秋の蝶 春生 0
58 かりがねや脳内にある羅針盤 哲雄 3 暁孝/えいこ/郁文
59 爽やかや献本送り送られて 一斗 0
60 隠したるチョコを見付けて夜食とす 敬和 0
61 記憶への序章となりし木犀香 美子 0
62 てごろなるひろさの畑や草の香 紅葉 0
63 老いし指 ピアノに向かい秋ソナタ 由紀子 0
64 渋柿の空に澄みゆく甲斐路かな だいぼ 2 瞳人/気儘
65 ふるさとは遠くなりけり鵙高音 河童 0
66 雨冷えて細きサンマの骨すける 軽石 1 郁文
67 海だけを見る旅に出て白秋忌 音々 1 敬和
68 ゆつくりと歩けば聞ゆ小春かな 望生 1 浩一
69 薄雲のころも羽織れり月見酒 一生 1 松の
70 夜神楽や息の白きを吐いて面 輝久 2 だいぼ/みづほ
71 日の丸の白地も燃やす紅葉かな ぐずみ 0
72 無名にて終わる生涯 秋深し 0
73 日当たりし熟柿残れる天辺に よしこ 0
74 贅沢をせねばやれさう新豆腐 火星 4 鋭次/ふみか/素夢/郁文
75 無人店舗に百円の曲り茄子 ひろし 0
76 奥の院出でて清らや初紅葉 燈穂 1 百合
77 少年のやうに草の実つけ帰る 国男 4 波山/一斗/みつぐ/軽石
78 うそ寒し遭難位地のX印 いつせ 0
79 青空にすじ雲のゆくそして秋 祥風 1 音々
80 背を流す友の冗談秋湯元 亀七 0
81 わしわしと連山隠す芋嵐 柚子 2 良秀/せつこ
82 手術室医師出る気配夜半の秋 新米 0
83 新藁の青き香を積み上ぐる 湖舟 1 卯月
84 針刺して赤き血球や茨の実 軽石 1 だいぼ
85 青空へ引つ張られさう芒の穂 よしこ 1 松太
86 山の端に雲湧くところ雁渡る 俊明 8 しんい/しょうご/山水/えいこ/新月/燈穂/縁矢/美雪
87 落葉掻く痒し背中を掻くやうに 望生 0
88 トタン打つ霰の激し吾子眠る 龍臣 0
89 あしたへの夢のはじまり大根蒔く 卯月 2 政己/俊明
90 秋夕焼獄舎の扉固く閉づ 帆里 3 みつぐ/えいこ/郁文
91 鴨池に夾雑物のごとく我 秀昭 0
92 青空やもみづる下にいろは坂 気儘 1 祥風
93 うそ寒に背中押されし赤提灯 朗然 3 松の/波山/よしこ
94 道訊かれ単語浮かばぬそぞろ寒 十志夫 2 新米/暁孝
95 秋霖や窓に張り付く幼の顔 美雪 0
96 携帯に悲しみひとつ秋の暮れ きみお 0
97 吊し柿義母の会話の噛み合わず ふみか 1 浩一
98 息吸ひて空を打ちたり大鯨 ニット 1 うつろひ
99 ひつじ田のさわさわ青く朝風に 松の 0
100 蟷螂の鋭き脚にいくさ傷 正男 6 敬和/輝久/帆里/火星/一生/龍臣
101 ちやほやとされてうれしきねこじやらし とおる 4 蓉子/十志夫/朗然/湖舟
102 石庭の砂紋にひそむ愁思かな しんい 7 葦たか/鋭次/いつせ/とし/和子/祥風/美雪
103 裏表舞ひ散るもみじ赤く燃ゆ うらら 0
104 あぜ道や 足音過ぎて虫すだく 由紀子 0
105 嵯峨菊や父の遺せし鉢ひとつ さだ子 4 波山/祥風/いきか/和美
106 病みてなほ霧の小路や郷遠し 浩一 2 大貴/半歩
107 秋うららハグをしてをり道祖神 浩一 3 いつせ/みつぐ/素夢
108 ちらし寿司愛宕の柚子を香らせて 和美 1 俊明
109 と見こう見しつつ柿突く子鳥かな 紅葉 4 せつこ/とえ/湖舟/和美
110 小夜時雨ソファーにひらく父の文 葦たか 0
111 御嶽山の噴煙睨む案山子かな はるじ 6 音々/さだ子/軽石/松太/龍臣/枯露柿
112 末枯の休耕田の哀れとも 恵三 0
113 空碧し紅葉黄葉の峰険し 素夢 0
114 女房が亭主泣かすや西鶴忌 みつ 3 しょうご/音々/ぐずみ
115 秋祭り幾度もくぐる鳥居かな しょうご 1 我楽句多
116 下からは手抜きの見えぬ松手入 帆里 3 祥風/望生/みづほ
117 秋深む湯けむり立ちて背に雫 伝助 1 よしこ
118 鍬洗う瀬で聴く祭り囃子かな 輝久 2 与志魚/河童
119 懐かない猫と目が合う隙間風 亀七 2 はるじ/素夢
120 死にさうと笑ひ転げて豊の秋 火星 0
121 重機もて大鍋返す芋煮会 火星 2 ひろし/朗然
122 牡蠣料理愛も一緒に盛り付ける うらら 0
123 新刊のインクの匂ふ十三夜 音々 4 葦たか/ふみか/和子/ほしくづ
124 木犀のかほり小雨に溶けゆけり 蓉子 0
125 行間へ猜疑忍ばす夜寒かな 瞳人 1 ひふみ
126 水中の忍者撃つごと木の実降る 十志夫 1 望生
127 農小屋の朽ち傾きて葛の花 卯月 1 しょうご
128 全快を祈り見上げる後の月 とし 1 沐雨
129 石を置く妻籠の屋根に初時雨 波山 1 うつろひ
130 木曽の水汲んでや木曽の新走り 松太 2 しんい/十志夫
131 軒に積む生木の匂ふ暮の秋 和子 5 一斗/松太/大貴/新月/柚子
132 烈日に男日傘や吾が一人 よしお 0
133 稲架掛けや友の集ひし秘密基地 ほしくづ 2 うつろひ/とし
134 雪化粧して富士の美極まれる みつぐ 0
135 秋彼岸考は酒呑み酒供ふ かいこ 0
136 青春の夢を燠火に木の葉髪 一斗 2 鋭次/タカシ
137 徳子尼の涙も赤き紅葉かな 鋭次 0
138 吟行や地酒あれこれ冬うらら 縁矢 2 とえ/タカシ
139 七五三祖父母四人孫一人 亀七 2 きみお/瞳人
140 漱石を読み返しをり長き夜 とよこ 0
141 小さなる皇帝ダリアや咲くを待つ 紅葉 0
142 ジャム色を想いつつ摘む山ぶどう 正男 2 祥風/一生
143 平成のブランドバッグ持つ案山子 ぐずみ 1 百合
144 潮騒の果ては西刹曼殊沙華 卯月 1 望生
145 ありがとうと云つて逝くひと小鳥来る えいこ 2 良秀/百合
146 傾ぐ陽の速さにせかる冬隣 松の 1 波山
147 からからに乾きし朴葉ながれゆく タカシ 0
148 松に添ふ臥龍の影や暮の秋 柚子 1 しんい
149 懺悔する阿修羅の腕秋の風 せつこ 0
150 草の花サナトリウムの友やさし 山水 1 よしこ
151 見上げれば一本の古木蔦紅葉 とえ 0
152 部屋干しの洗濯の花すすき梅雨 伝助 0
153 澄む秋の細身に映る野の鏡 和子 2 一斗/大貴
154 木の実今女を止めて風を呼ぶ いきか 0
155 路地裏の木犀の香やあの頃も とえ 1 半歩
156 秋の暮れ九十九島のはぐれ雲 気儘 2 はるじ/みづほ
157 仏飯をつつける雀菊日和 国男 3 十志夫/沐雨/湖舟
158 吟行の歩み止めたる走り蕎麦 朗然 3 松の/よしこ/郁文
159 ロゼと赤バッカスおわす山の秋 素夢 1 ひふみ
160 炊きたての塩むすびなり豊の秋 政己 0
161 青空へ漕ぎ出しさうな通草の実 春生 4 瞳人/松太/半歩/一生
162 藪蕎麦に新蕎麦すする帰京かな 碧女 2 政己/みつ
163 灰払ひ軍手お手玉焚き火芋 うつろひ 0
164 鮮やかに雨の染めたる石落の花 ゆきを 1 沐雨
165 拾い来し色葉貼りこみ障子貼る かいこ 2 火星/河童
166 驛の字も古き山都は冬支度 ニット 3 いつせ/大貴/うらら
167 希望といふ選挙を終へて隙間風 うつろひ 0
168 松手入れ高き枝より鋏音 美子 0
169 真逆にも生くる妻なり零余子飯 燈穂 0
170 杉玉の未だ青々神の留守 ふみか 4 うつろひ/松太/和子/うらら
171 スカートを押さえ自転車青嵐 よしお 0
172 秘め事は秘め事のまま露の玉 龍臣 1 和美
173 ローカル線鶴瓶落としや秘境の駅 美雪 0
174 旧友行きぬほろ酔ふコートひるがえし 瞳人 0
175 耳かきの小鈴ちりりと秋惜む 河童 4 波山/蓉子/良秀/輝久
176 冬支度木の枝枝も切られ行く いきか 1 百合
177 優しさも酷さもあらず木の実落つ しょうご 1 美雪
178 是非もなき事の数多や大根干す 俊明 3 鋭次/燈穂/縁矢
179 長き夜や身じろぎもせぬ手術台 新米 2 百合/タカシ
180 藁塚の日ごとに姿かたち変へ 暁孝 0
181 冷まじや腸の中映す像 ぐずみ 1 タカシ
182 御手洗に銀杏黄葉溢れけり 河童 0
183 山道のくぼみ溢るる木の実雨 とえ 1 せつこ
184 年寄りをいじめないでと秋の草 とおる 0
185 半袖の腕擦り聞く鵙初音 縁矢 0
186 出雲なる豊作米や湖の風 良秀 0
187 旅の荷に入れ甘栗の一袋 百合 3 我楽句多/哲雄/軽石
188 小春日や時を忘れた大時計 波山 3 政己/素夢/朗然
189 雨しとど野ぶどううれて城の跡 良秀 0
190 新米に弾む夕餉の会話かな 我楽句多 3 碧女/帆里/とえ
191 手術医の指先信じ秋気澄む 新米 0
192 黄落の我に減塩休肝日 きみお 0
193 蔕取れば襟足白き秋茄子 大貴 2 ひろし/浩一
194 秋冷や墨の香りの草書体 半歩 6 ふみか/よしこ/縁矢/芳生/美雪/ほしくづ
195 夜学の子ラーメン食べて帰るといふ みつ 0
196 大仏殿角切り鹿の目の潤む 美雪 1 タカシ
197 浅間嶺の初冠雪の威風かな 恵三 1 龍臣
198 興に乗る医師の空オケ神無月 はるじ 0
199 ふるさとの海が匂ふて秋の鯵 タカシ 2 河童/ニット
200 かなけりのけの字りの字の大根かな とおる 1 望生
201 紅よりも茶色の多きもみじ哉 政英 1 みづほ
202 斜陽射す紅葉燃えゆく香嵐渓 伝助 0
203 社章より高きに挿して愛の羽根 秀昭 6 葦たか/我楽句多/火星/だいぼ/ニット/いきか
204 床もみじかげらせ京の時雨かな 鋭次 4 しんい/燈穂/芳生/枯露柿
205 庭先の妻の呼ぶ声冬茜 縁矢 1 政己
206 大吟醸月のひかりをなみなみと 松太 10 碧女/蓉子/俊明/瞳人/さだ子/十志夫/山水/えいこ/卯月/うらら
207 そぼ濡るる光悦寺垣暮の秋 しんい 1 一斗
208 隣り家の灯りや絶えて里の秋 だいぼ 1 浩一
209 ひぐらしを聞いて 風鈴片付けり 0
210 病得て硝子戸の外小鳥来る とよこ 0
211 戦争を好きな人をり黒葡萄 春生 1 しょうご
212 鈴なりの渾身の赤唐辛子 帆里 1 一生
213 故郷や風をすくひて枯れ葉舞ふ 浩一 0
214 晴れ渡る秋空碧し雲白し 政英 0
215 最果ての霧の港の点り初む ゆきを 1 きみお
216 暮れきつて沖は明るし秋遍路 百合 8 政己/良秀/いつせ/みつぐ/気儘/とし/山水/燈穂
217 秋晴れる菜園いじり時たらず 素夢 0
218 子のありてあらばこそ増す秋思かな 燈穂 0
219 月待ちの出羽の地酒を聞こし召せ みつ 0
220 嬰児に小さき手足菊日和 俊明 0
221 四斗樽の底より冬を撮み出す 望生 2 紅葉/ニット
222 秋の蚊のやがて打たれる身と知らず 敬和 1 ひふみ
223 水澄みて美しき嵩流れをり 与志魚 0
224 帰郷の日間借りに秋の入れて 輝久 0
225 五能線神は留守だと靄(もや)う海 うつろひ 2 ニット/和美
226 秋高し商社乗り出す米作り 哲雄 0
227 大根の物干し台を席巻す 十志夫 0
228 秋寒やゲートを閉じる山の道 軽石 0
229 水攻めの首塚濡らす秋の雨 朗然 1 とえ
230 銭湯で大いに歌ふ神の留守 山水 4 碧女/ふみか/新月/みつ
231 鍋洗ふ手も漫ろなり芋煮会 新月 0
232 うそ寒の最期の業務日誌かな 葦たか 2 龍臣/みつ
233 秋の暮れざっぶーんと陽の落ちる音 一生 0
234 鵙鳴くや舟にもたれて舟大工 タカシ 0
235 落ち葉焚く僧侶が話す寺縁起 かいこ 3 新米/ふみか/河童
236 乙女らの話の弾む秋祭 とよこ 0
237 十月や予定埋まるを楽しみに ひろし 0
238 かりがねや数増し来たる過疎の村 郁夫 1 芳生
239 砂浜を独り占めかな赤とんぼ 一生 0
240 朝空のうすももいろに神帰月 ニット 0
241 大目玉拳突く仁王秋思秘め 瞳人 0
242 紅葉かつ散りぬ断食僧の趺坐 山水 0
243 採れたての秋を並べるサラダかな しょうご 3 敬和/さだ子/卯月
244 本当の人を交えて遠案山子 一斗 1 大貴
245 若が行く弓手に虫籠馬手に網 とし 1 柚子
246 汽笛あげ苅田を分くる秩父線 よしこ 3 松の/さだ子/縁矢
247 ブラヴォーと叫ぶは苦手 秋夜長 1 ぐずみ
248 爽やかに絹を進むや裁ち鋏 みづほ 3 輝久/卯月/河童
249 電線の込み合ふ空や鰯雲 国男 2 軽石/気儘
250 どんぐりや土を洗つて保存する いきか 0
251 鴨来る二つの群れの相容れず 暁孝 1 ひふみ
252 傾いて虚空見つめる案山子かな 新月 3 暁孝/とし/縁矢
253 連山を内に閉じ込め芋の露 きみお 3 与志魚/とし/ほしくづ
254 子ら離る寂なる部屋に形見草 祥風 2 紅葉/うらら
255 秋晴や山の真白き磨崖仏 葦たか 0
256 痛そうなペイントの顔ハロウィーン ふみか 0
257 秋深し愛の終わりを確かめに 正男 0
258 晴れの朝気もはればれと秋深む 政英 0
259 雨あがり鈴虫松虫轡虫 気儘 0
260 板の間に影を引きずる夜なべかな 百合 2 一斗/和子
261 ローン済む一握りなる庭の秋 郁夫 1 龍臣
262 母に出す絵葉書買へり美術展 ひろし 2 与志魚/みつ
263 ゆで卵つるりと剥けて天高し ひふみ 3 帆里/ほしくづ/湖舟
264 ラウンジに残り香かすか青蜜柑 蓉子 3 松の/紅葉/美雪
265 乗り継ぎの駅の楓の初紅葉 湖舟 0
266 落葉道足音立てず獣行く いつせ 1 ひふみ
267 秋日和見舞いに来る母米寿 とし 1 沐雨
268 色鳥や水琴窟に注ぐ水 ほしくづ 1 いきか
269 朝取りの葉付き大根道の駅 波山 1 紅葉
270 金網の中の草むら蚯蚓鳴く 敬和 1 みつ