top

1 煤鍋やぐつぐつぐつと狸汁 みづほ 1 せつこ
2 寒林の透けて真つ赤な郵便車 秀昭 4 弥生/一生/風子/とえ
3 手がついてその手寂しい雪だるま 柚子 6 松太/うつろひ/鋭次/山水/与志魚/風子
4 骨粉の匂ひが畝に春の雪 和子 1 河童
5 賽客は絶えて宮司の初湯かな 新月 8 鉄線花/こげら/はるじ/泉/政己/弥生/うらら/燈穂
6 耕すや平家隠れし山陰に きみお 2 すずし/みづほ
7 日の本に生まれし幸や初旭 俊明 3 徹/我楽句多/瞳人
8 月光の道案内で初詣 伝助 2 しょうご/百合
9 鮭入りは故郷の習い雑煮椀 だいぼ 1 みづほ
10 好きなだけどうぞと籠に柚子の山 ふうこ 2 卯月/文女
11 四日にて初めて歳時記ひもとけり 1 百合
12 たゆたへる梵鐘の音日脚伸ぶ 和美 2 秀昭/はるじ
13 菩提寺へ持ち寄る今朝の寒卵 山水 1 哲雄
14 描きたしこの冬空の茜色 南風 1 縁矢
15 切り岸を叩く波音野水仙 さだ子 4 俊明/春生/我楽句多/風太郎
16 月を背に冬の怒濤に立ちつくす みづほ 1 良秀
17 着膨れて動きの鈍き雀かな 亀七 1 浩一
18 海賊もたじろぐ笑顔宝船 新月 5 良秀/しょうご/二石/朗然/美雪
19 朝きて愛別離苦の雪のふる 良秀 0
20 ダイヤ麻痺に行軍のさま雪はげし しんい 0
21 初ごみを出して日常戻りけり ふうこ 4 俊明/みつぐ/卯月/南風
22 寒紅や背筋を伸ばし生きていこ 風太郎 2 鋭次/春生
23 母とゐて餅花見つめ年送る 紅葉 0
24 積み上げてオール讀物冬ごもり みづほ 3 うつろひ/いつせ/火星
25 連山に朱は煌々と初日浴ぶ うらら 0
26 下校する子らのお喋り日脚伸ぶ 鉄線花 2 きみお/りょう
27 冬晴や家族のやうなちぎれ雲 碧女 1 みつぐ
28 猫あくび膨ら雀は動かざる 祥風 1 半歩
29 初日の出瀬戸の潮路の波しずか とえ 0
30 年毎に掻く雪重し老いにけり みつぐ 1 卯月
31 お土産でリュック重たや寒夕焼 えいこ 2 百合/和美
32 老木は冬日余して切られけり 帆里 2 松の/みつ
33 歳晩や日銀前の交差点 風太郎 1 さだ子
34 笹鳴や粥に幕貼る生たまご 河童 2 松太/縁矢
35 春立つや湯気ふく朝の炊飯器 与志魚 3 松太/碧女/みつぐ
36 初午や喜寿の御礼の絵馬下げて 半歩 2 順一/和美
37 鈴の音を添へて授かる破魔矢かな 夘月 6 徹/俊明/輝久/風太郎/とし/枯露柿
38 らーめんや刀のやうな葱刻む しょうご 0
39 豆腐屋のとなり麹屋日脚伸ぶ タカシ 4 春生/蓉子/しょうご/国男
40 草萌えて指反らしたる伐折羅かな きみお 0
41 踏みしだく仏の座にも小さき紅 俊明 2 せつこ/和子
42 一服のお茶をいただく春隣 えいこ 2 松太/タカシ
43 渓深き白墨画のごと雪赤城 浩一 1 松の
44 さよならの赤子にぎにぎ春隣 よしこ 0
45 石畳池のほとりの甘酒屋 松の 0
46 春浅し護岸を濡らす波の列 政己 1 半歩
47 つむり並べ雪の大原地蔵尊 弥生 2 せつこ/文女
48 冬銀河へ落つこちさうなひとりかな 百合 2 うつろひ/国男
49 遊ぶ子に冬日の暮るる早さかな 暁孝 2 俊明/哲雄
50 平昌を翔ろ王子よ冬の星 蓉子 0
51 童児はや漢の眼寒稽古 火星 6 徹/泉/軽石/朗然/柚子/あっつぐ
52 先鋒の雲じりじりと寒気団 二石 0
53 手毬唄今度は誰が逝きますか いつせ 2 淳枝/文女
54 黄水仙ガラシャの墓に凛と立つ 波山 3 しんい/気儘/きみお
55 卵割る小さき響きや寒に入る りょう 4 波山/せつこ/敬和/山水
56 地下道を出るや淑気の大東京 こげら 1 風太郎
57 薬屋を出てあおぞらや春隣 ニット 0
58 裏山に斧打つ響き春隣 春生 8 秀昭/気儘/しょうご/河童/与志魚/だいぼ/いつせ/新月
59 裸木の一枝ごとの悟りかな 山水 4 紅葉/一生/だいぼ/みつ
60 のどけさや少し明るき鉢の水 軽石 2 せつこ/輝久
61 物干しのピンのざはめき春待てり 一斗 0
62 シャンプーの花の香りも春めきぬ すずし 2 碧女/ふうこ
63 宅配便暮雪にぬれて届けらる みつぐ 0
64 雪富士の背丈日に日に伸びにけり 郁文 0
65 冬ざれや人影失せし行楽地 朗然 0
66 耳鳴りに真綿の雪の降り積もり 軽石 1 とよこ
67 雪の朝道路の重きタイヤ音 美雪 0
68 初詣で柏手あわぬ新夫婦 郁文 2 みつぐ/かいこ
69 東風吹いて蹄のごとき絵馬の音 秀昭 6 良秀/はるじ/朗然/柚子/大貴/亀七
70 冴えかえる水尾曳く船夕きらら 気儘 0
71 元旦や柏手榊奉る だいぼ 0
72 演奏会総身に余韻寒月夜 松の 2 かいこ/南風
73 坪庭の白侘助は口重し 波山 1 淳枝
74 さみどりの七種粥や一椀に とえ 1 百合
75 美しき巫女に出会える初詣 0
76 きしめんの出汁の効きたる初詣 敬和 0
77 おほかたの薬飛び散る大嚔 一斗 6 しんい/軽石/ふうこ/望生/国男/新月
78 日向ぼこ木を植えるのは大地かな 順一 0
79 一足飛する幼子の春隣 はるじ 0
80 元朝の頂き朱き富士拝す かいこ 0
81 人待ちの顔してポスト雪帽子 柚子 4 とよこ/二石/卯月/大貴
82 日向ぼこ昔大勢今一人 亀七 1 哲雄
83 囁けば解けてしまふや草氷柱 文女 2 徹/紅葉
84 大年や娘夫婦の迎え来る とし 0
85 手焙の訛りも温し朝の市 大貴 9 よしこ/はるじ/気儘/帆里/とし/うらら/縁矢/亀七/火星
86 人生の荷を負ひながら日向ぼこ みつ 2 よしこ/順一
87 生涯は戦中戦後去年今年 0
88 猿よりも元気な孫や初笑ひ 1 敬和
89 宛書きの斜めに曲る賀状かな ふうこ 0
90 外に雨家(うち)に妻の気春の朝 輝久 0
91 九十の母と二人や冬籠 ひふみ 1 亀七
92 母逝きて春まだ遠き散歩道 0
93 両手の荷持ち換へる間を水つ洟 国男 1 軽石
94 牢名主のごとく囲炉裏の主かな 百合 0
95 網を干す島の浜辺の小春かな 気儘 2 しんい/柚子
96 初夢に亡き人追うて迷い道 あっつぐ 2 蓉子/とし
97 春来る新監督は三年目 瞳人 0
98 恵方巻息災祈り丸かじり 伝助 0
99 寂寥の寒林抜けて湖と遭ふ 我楽句多 1 だいぼ
100 手習いの煤高く舞ふどんと焼き 枯露柿 3 かいこ/だいぼ/河童
101 雪のせて庭の老木夕陽あび とえ 0
102 登校児音を踏みしむ霜柱 暁孝 0
103 万象の閑けさにあり寒椿 暁孝 6 俊明/波山/しんい/泉/柚子/風子
104 屋根からの雪音に跳ぶ犬と猫 風子 1 あっつぐ
105 蕗の薹力ためたる土の中 ひろし 0
106 去年今年継ぎ足し増ゆるヨーグルト 風太郎 0
107 そよ風に波と踊るや黄水仙 燈穂 0
108 叡山に守る法灯や冬の霧 弥生 2 しんい/和子
109 早朝に訪ね来る友寒の餅 縁矢 0
110 はや四日万感交々去ぬる母 とし 0
111 老樹には老樹の冬芽夢を見る 帆里 4 はるじ/和子/瞳人/タカシ
112 寒林の空へ鳩去る子らの声 はるじ 0
113 誤変換の一句またよし冴返る 望生 1 ひふみ
114 小高きの胸突きの坂梅を観に うつろひ 0
115 雪だるま溶けし地べたに炭四つ 祥風 2 輝久/縁矢
116 晩鐘の大和三山山眠る 夘月 4 秀昭/えいこ/弥生/燈穂
117 のりのりの餅の手返し元乙女 あっつぐ 1 縁矢
118 凍て鶴の一本足の逞しさ 鋭次 2 哲雄/タカシ
119 俎に鰈跳ねたり春隣 火星 2 こげら/春生
120 ともしびに照りて荷揚げる蛍烏賊 河童 0
121 麦の芽や焼成の火の盛んなり 和子 0
122 釣糸を垂れて目深に冬帽子 哲雄 3 ニット/帆里/大貴
123 乗初はどぶろく列車さあ乾杯 碧女 0
124 地吹雪や津軽三味線抱かれ哭く 郁文 8 徹/蓉子/我楽句多/政己/すずし/望生/りょう/亀七
125 「天からの手紙」をためて冬深む 一斗 1 りょう
126 芥場にまた一礼の初鴉 浩一 1 みづほ
127 冬の空富士堂々と据ゑゐたる ひろし 0
128 寒風や空の高みをゆく鴉 軽石 0
129 臘梅や色も匂ひも塀の外 しょうご 0
130 豊国の歌舞伎見得切る初暦 せつこ 1 新月
131 揺り椅子に夕刊のつて春隣 タカシ 2 鋭次/えいこ
132 指切りの明けの珈琲息白し よしこ 2 きみお/百合
133 大あくび我慢できずに福笑い 新月 0
134 輝きて漆黒の馬橇引く タカシ 1 しょうご
135 マドラーの音軽やかに春を待つ 秀昭 2 ふうこ/風子
136 丸四角郷土の雑煮味噌仕立て うらら 0
137 一年振り友の土産に寒卵 波山 0
138 挽臼の余生は庭に実万両 夘月 5 淳枝/かいこ/美雪/大貴/いつせ
139 待春の魚の腹の大きけり ニット 2 みつぐ/順一
140 冬ざくら小さな風とたわむれり とよこ 2 碧女/枯露柿
141 下萌や地虫ずんずん伸長す 政己 1 みづほ
142 温もりを鶏舎で拾ふ寒卵 朗然 9 波山/輝久/帆里/瞳人/うらら/美雪/紅葉/りょう/とえ
143 雪ぐつの人の訛りや二重橋 河童 0
144 榾くべるだけにもコツのあると言ふ いつせ 1 タカシ
145 雪五寸一千万都の金縛り 大貴 2 軽石/望生
146 常磐木に風強きかな実朝忌 春生 1 こげら
147 道着より湯気立ち昇る寒稽古 朗然 2 文女/うらら
148 立春や鉋ふき出す鉋くず 与志魚 2 柚子/火星
149 護摩木焚く煤の飛び来る軒氷柱 和子 2 みづほ/みつ
150 将門の井は標のみ笹子鳴く しんい 11 碧女/松の/さだ子/よしこ/鉄線花/山水/こげら/風太郎/与志魚/いつせ/火星
151 スカーフに襟元替へん春隣 蓉子 0
152 蠟梅の香に見送られ湯宿発つ はるじ 0
153 私生児や独楽を澄まして結ぶ口 輝久 0
154 木の葉舟漂ふ冬の日本海 2 枯露柿/望生
155 新しき家族増ゆるや年の酒 燈穂 1 春生
156 この暗き駅が故郷や冬の星 与志魚 4 ふうこ/国男/半歩/南風
157 寒明けて寒より寒き峡の日々 みつぐ 3 政己/とし/あっつぐ
158 かたみして真裸いだく小雪の晨 良秀 0
159 鷽替やしばし屋台は閑古鳥 弥生 2 いつせ/燈穂
160 十年は長すぎ三年日記買う 縁矢 1
161 磨かれて並ぶ出初の消防車 ひろし 1 二石
162 湯冷してページに挟む栞かな 文女 2 河童/大貴
163 節分や鬼宵の戸に酔い醒まし 大貴 0
164 まん丸の月雪吊の縄の中 みつ 1 ニット
165 耐えに耐え春待つ姿寒立馬 鋭次 0
166 五十年前の寡黙や冬穂高連峰 きみお 0
167 他(た)の国の言葉とびかふ初詣 智子 0
168 はだら雪並ぶ扇子や畳縁 だいぼ 0
169 会釈する顔柔らかに日脚伸ぶ 鉄線花 1 帆里
170 亡母恋う遅れ仔と見る茜雲 あっつぐ 0
171 手習ひの墨の香かすか外は雪 うつろひ 6 とよこ/淳枝/浩一/すずし/美雪/半歩
172 生還を麻痺の手になる初便り 瞳人 0
173 海沿ひのジョギングコース寒明くる すずし 0
174 タクシーの運賃いくら雪の夜 哲雄 0
175 水鳥の吹き寄せられて旅の宿 りょう 1 鉄線花
176 実験の気球は東風に点となり こげら 1 与志魚
177 冬茜ベイブリッジと頬を染め りょう 0
178 大寒の光り踏みしめ武者走り 柚子 0
179 赤城嶺にけふも湧き出る雪の雲 浩一 0
180 どどずんと屋根の大雪着地せり 風子 4 うつろひ/あっつぐ/とえ/南風
181 まだら雪色消しゆくを見てゐたり 紅葉 0
182 寝返りも帰参も可なり鴨の陣 火星 1 ニット
183 一湾の風に答える梅一輪 気儘 5 鋭次/輝久/和子/えいこ/枯露柿
184 日脚伸ぶ寿命を伸ばす散歩かな 半歩 0
185 元朝の杯父の位牌にも かいこ 1 ひふみ
186 寒波きて猫と仲良くひきこもる えいこ 2 ひふみ/みつ
187 玉垣に繋がれし犬とんど焼 山水 1 順一
188 厳寒や犬鳴き止まぬ二号棟 亀七 0
189 池凍る礫を三つ四つ乗せて 二石 4 蓉子/松太/かいこ/軽石
190 初御籤病重しと書いてあり 敬和 0
191 雪吊の縄ほどけゐる日和かな 松太 6 秀昭/山水/気儘/和子/えいこ/だいぼ
192 竹林の節くつきりと雪化粧 二石 2 波山/すずし
193 雪もやに浮かぶや雪の鳥海山 松太 0
194 過ぎし日に豆まいた孫嫁ぎけり 紅葉 2 瞳人/きみお
195 眠さうな顔が揃ふや初仕事 智子 5 よしこ/ふうこ/河童/燈穂/すずし
196 膝に寄る冬蝿は亡き息子かも 淳枝 1 我楽句多
197 花嫁の父の遺影や牡丹雪 すずし 0
198 三度行く父の外出大寒裡 順一 0
199 初夢や西郷どんの犬たまはれり 燈穂 1 良秀
200 山盛りにあられとりどり春の色 松の 1 波山
201 凍空のことば聴かむと鳶高く さだ子 2 うつろひ/一生
202 暮れてまた些事の残れる師走かな 俊明 1 政己
203 酌み交わす越の銘酒に牡丹鍋 鋭次 1 哲雄
204 足癒えて靴の軽さや草青む とよこ 0
205 朝日背に凍鶴の息燃え上がる 枯露柿 3 さだ子/卯月/一生
206 勝独楽を回すもひとりぼつちかな 文女 0
207 雪解風うわさいつしか鳩尾に 望生 0
208 破魔矢受くバイトの巫女の神妙さ かいこ 0
209 地蔵笑む湯呑花筒凍てし朝 せつこ 0
210 入院のこの子に春よ早く来い 一生 1 ひふみ
211 ねんねこに埋もれる髪にリボンあり 智子 3 鉄線花/二石/美雪
212 選り抜きの渋み目バレンタインの日 しんい 0
213 日脚伸ぶ赤提灯に灯が入り 和美 1 文女
214 北風や少年野球に女子二人 国男 3 こげら/与志魚/新月
215 梅寒し黙つて過る今朝の風 望生 0
216 寒林のこの寂しさよ明るさよ いつせ 0
217 寒すずめ日向に5羽のむつまじく とよこ 0
218 丹前の背なやもやしのひげ取りぬ 淳枝 0
219 鬼柚子の甘露煮ありて句会つぐ 良秀 2 松の/みつ
220 枯草や意地っ張りも疾うに枯れ とし 0
221 名山も名もなき山も眠りけり 我楽句多 8 秀昭/とよこ/碧女/ニット/泉/うらら/きみお/とえ
222 冬日和やましきことはなかりけり 帆里 0
223 雪だるま尊徳像のかたはらに みつ 1 風太郎
224 踏み締める高みを目指し雪の道 南風 0
225 豪雪の狭間の空の蒼さかな 風子 4 さだ子/浩一/二石/とえ
226 遠き日に亡父の晩酌海鼠鉢 美雪 0
227 もれてゐる内緒話や息白し 我楽句多 5 よしこ/ニット/敬和/蓉子/りょう
228 小声でも昭和の歌や落葉掃く しょうご 1 瞳人
229 ドアノブの濡れて父去る寒の水 順一 0
230 島にゐて島を眺めんゆりかもめ 和美 0
231 裸木に星ちりばめて大都会 ひふみ 2 とよこ/松の
232 凍鶴や卵の頃の夢を見る 碧女 3 敬和/山水/望生
233 年賀状余白に幸の太き文字 祥風 1 朗然
234 押し合って吹雪を避ける軒雀 枯露柿 2 気儘/国男
235 雪景色鳥居際だつ笑狐かな うつろひ 0
236 解体に開けし空や凧あがる ニット 0
237 割り遊ぶバケツの薄き氷面鏡 由紀子 0
238 書き込みは先づデートの日初暦 由紀子 1 ひふみ
239 晴天を指さすごとし冬木の芽 政己 1 タカシ
240 何度でもランドセル背負(しょ)ひ春待つ子 蓉子 4 鋭次/浩一/紅葉/順一
241 冬空は狭くて青し冬の空 南風 1 亀七
242 勝負師となりて童の喧嘩独楽 輝久 4 政己/とし/あっつぐ/燈穂
243 平成もあと僅かなり靄の朝 伝助 0
244 雪だるま絵具の水で化粧して 百合 1 枯露柿
245 天心に皆既月食冬深し 春生 0
246 又動く電波時計の冬日和 よしこ 0
247 老いらくの恋大切に冬籠 ひふみ 0
248 老いの身に若さが戻る日向ぼこ 半歩 0
249 凍てる月父哀れなり母は亡き 一生 0
250 初不動堂宇を閉ざす大つらら 縁矢 2 さだ子/弥生
251 うす紅のかんばせ小さし冬木の芽 さだ子 1 新月
252 古墓の安政五年淑気かな せつこ 2 淳枝/良秀
253 六十路来て豆まきの胃に堪えけり 一生 0
254 ひとり居の相棒白き嫁が君 由紀子 1 鉄線花
255 どど どどと静粛破る垂り雪 美雪 2 朗然/和美
256 粉雪の路アツアツのメロンパン 敬和 1 和美
257 雪折れの闇の蒼さや汽笛澄む こげら 1 火星
258 大寒や鴉の声の裏返る 松太 5 我楽句多/帆里/えいこ/半歩/風子
259 金婚の下戸ほお染めし女正月 瞳人 1 和美
260 臨終を医師告げたるや虎落笛 淳枝 2 敬和/紅葉
261 初霰遠き昔の音すなり 国男 1 浩一
262 冬薔薇戦火に流る血のごとし 哲雄 0
263 かすかなる音を降らせて朝の雪 うらら 3 弥生/一生/南風
264 散歩する犬もゆったり春隣 鉄線花 0