top

1 春炬燵弍センチ五キロ地図の旅 きみお 3 一斗/政己/りょう
2 温もりの残る夜更けの雛の間 淳枝 3 碧女/一生/しゅう
3 病みて伏す部屋の夕暮れ春遅々と 一斗 1 波山
4 口遊む昭和の歌や落ち葉焚く 浩一 1 和美
5 氷上の貴公子飛んだ金メダル とえ 0
6 オルゴールの螺子を巻ききる余寒かな 山水 5 ひろし/河童/淳枝/与志魚/和美
7 引き出しに解けぬ知恵の輪春の雪 ニット 6 鋭次/弥生/みつぐ/一斗/柚子/国男
8 平昌の実況の声悴みて 二石 0
9 古雛化粧箪笥の上にあり 文女 1 碧女
10 沈丁をひと枝叔母の置きみやげ 蓉子 1 松の
11 春月やまだ芽吹かざる梨畑 与志魚 0
12 春潮のジャイロ引き寄す朝かな 望生 0
13 食卓の話はづむやヒヤシンス 燈穂 0
14 寄り添うて暮らす村里梅二月 卯月 2 祥風/亀七
15 独り居のをとこ孕ます紙風船 輝久 1 良秀
16 花嫁へ流れてゆくやしやぼん玉 ひふみ 2 敬和/鉄線花
17 柳川や舟底こする花筏 山水 0
18 蕗の薹摘めば献立自ずから 弥生 3 淳枝/みづほ/和美
19 猪鍋や空薬莢をお手玉に 輝久 3 文夫/哲雄/松太
20 大鮒を釣りて放ちて春の水 うらら 0
21 分校に新しき春の風見らる 気儘 0
22 薄氷龍太の空を透かし見る ひふみ 2 敬和/山水
23 雪解水迸りては流れては 弥生 2 百合/みつ
24 渡良瀬の空を焦がして走る野火 波山 2 松の/朗然
25 春うらら川の流れに沿ふ散歩 風太郎 3 秀昭/一斗/与志魚
26 コーヒーにミルクとけゆく日永かな えいこ 6 秀昭/ふうこ/政己/新月/南風/いきか
27 友禅に春の光を織り込める 和美 4 さだ子/二石/しゅう/えいこ
28 草萌えがふわと手袋担ぎをり うつろひ 1 紅葉
29 薄氷を鴉の羽の吹かれ来る 松太 1 輝久
30 ハート付きメールで済ます猫の恋 亀七 0
31 丁寧に吾のためだけの雛並べ しゅう 0
32 石垣の石の間に咲く菫かな タカシ 0
33 白魚の黒目輝くバケツかな 正男 5 せつこ/しんい/浩一/だいぼ/ニット
34 夜な夜なに猫鳴き歩く恋季節 美雪 1 うらら
35 海へ行く郊外電車寒明ける 風太郎 0
36 あれこれと見るも楽しや種袋 いつせ 2 良秀/しょうご
37 茎立ちやそよ風ゆるる嬰の髪 松の 0
38 初鏡終へて遺影に手を合す みづほ 2 泉/南風
39 春動く神事の青竹割る飛沫 大貴 1 文女
40 水鳥や小さき池を住処とす 敬和 0
41 月光や雪面すくと狐たつ 縁矢 1 あっつぐ
42 高階や春雲はしり地は巡り さるじ 1 一生
43 小さくて大き満開福寿草 一斗 1 郁文
44 厨より母の鼻唄春立つ日 我楽句多 2 二石/美雪
45 サンガリア「すばらしいお茶」遅日かな いきか 0
46 雛の恋道行き乗せて御所車 うつろひ 1 良秀
47 菜の花や脱ぎし一枚腰にまき 国男 2 浩一/大貴
48 なにもかもうべなう陽射し今朝の春 俊明 2 せつこ/燈穂
49 小流れに薄氷ゆらり流れ発つ うつろひ 3 郁文/せつこ/タカシ
50 来ぬ老いを気遣う老いの梅見会 かいこ 2 気儘/とし
51 春寒や指しなやかに百済仏 和美 6 せつこ/うつろひ/とし/はるじ/国男/ニット
52 日脚伸ぶ老婆四人の嫁自慢 山水 2 枯露柿/とえ
53 春めくや今朝も薬を飲み忘れ 二石 3 半歩/泉/大貴
54 縄文の柱の跡や春の雪 だいぼ 4 しょうご/風太郎/みつぐ/朗然
55 日向ぼこ断種の猫の背の温み 文夫 0
56 梅が香に吸い寄せらるる一人旅 暁孝 1 しょうご
57 浜松の餃子食べたり春めけり いきか 0
58 石蓴干す陽はやわややわと答志島 鋭次 0
59 ぶらんこの錆匂はせて吾子駆け来 ニット 5 さだ子/帆里/柚子/風子/うらら
60 病む春や子規の心を忖度す 枯露柿 0
61 春愁や耳垢フッと吹き飛ばす 軽石 0
62 連山の青む車窓や甲斐の春 こげら 2 さだ子/ひろし
63 泡ひとつ一言居士の田螺かな 政己 12 文夫/郁文/しんい/鋭次/しょうご/鉄線花/瞳人/我楽句多/柚子/淳枝/国男/松太
64 囀りを風が散らかすダム湖畔 とし 2 風太郎/松の
65 石匂ふ白菜漬の納屋の闇 せつこ 1 百合
66 平均台を支へて咲ふ犬ふくり 望生 0
67 春天に動く一点鳶の笛 祥風 6 あっつぐ/ひろし/うつろひ/ふうこ/暁/新月
68 三日月のひんがしの位置冴え返る とよこ 0
69 冴返る空を鴎の流れをり 文女 1 いきか
70 やや傾げ初音聴くかな伎芸天 きみお 1 良秀
71 剪定や枝にかけたる魔法瓶 和美 5 こげら/我楽句多/一斗/半歩/ふうこ
72 かりん飴六個を二個ずつ春愁ひ いきか 1 ひふみ
73 安酒の酔い覚め早し冬の月 新月 1 きみお
74 読み尽くす書架の埃へ風光る 淳枝 1 河童
75 春泥にからすの糞の解けにじむ 河童 1 文夫
76 雪晴れや鮮やかなこの青の空 由紀子 1 弥生
77 縁ありて妻と花見の四十年 一生 3 波山/帆里/哲雄
78 新品の長靴で行く春の泥 百合 0
79 茫茫と風が火を巻く野焼かな 暁孝 2 風太郎/だいぼ
80 托鉢や風待草は語るがに 良秀 0
81 海苔巻きの母のおにぎり大試験 卯月 0
82 雪解けや黒き大地の広がりて 半歩 1 みつ
83 梅白し一世風靡兜太死す うらら 2 波山/紅葉
84 凍てる宵下戸が挑んだ燗五勺 かいこ 0
85 守るほどの祖国はありや桜花 良明 0
86 水温み米を研ぐ手に水優し うらら 0
87 残る雪日に抛られてシュクと泣き 柚子 0
88 株分けを終えし苔玉水温む ぐずみ 1
89 托鉢や冬の灯台とぼるまで 良秀 3 うつろひ/祥風/輝久
90 菜の蕾すなはち白子干燗ぬるめ 瞳人 0
91 凍つる日も人気ランチや女子の列 由紀子 1 あっつぐ
92 滑走の音は左右の霧の中 縁矢 0
93 山眠る日溜りの犬大欠伸 せつこ 0
94 衾雪乗せて遅延の電車着く みつぐ 5 文女/二石/枯露柿/えいこ/りょう
95 飛び乗りし車窓に映る梅の花 南風 0
96 雛壇の裏に潜める冷気かな 鋭次 3 春生/燈穂/松太
97 大根葉青々春を食したり 松の 0
98 朧月うさぎ何処ぞと泣く仔かな 輝久 2 哲雄/浩一
99 畦道に踏まれても咲む犬ふぐり 波山 0
100 強東風に竿おき暫し波枕 あっつぐ 1 みつ
101 ぶらんこのぎいこふはりに空ゆれる 良明 1 南風
102 雪解けや日に日に雀おしゃべりに 亀七 2 祥風/望生
103 野仏に雛菊一輪入日かな 気儘 3 縁矢/暁/うらら
104 春隣懐メロ歌ふ老人会 美雪 1 りょう
105 ステップの音も軽やか春の風 南風 3 秀昭/朗然/和美
106 月宿る水面に道元禅師居て 一生 0
107 桜にはまだ早き頃骨納む 0
108 好きな句のあんそろじ編む冬籠 国男 0
109 早春の飛沫に撥ぬる光かな ひろし 1 気儘
110 誤配信蹴飛ばす一句二月尽 瞳人 0
111 佇める吾は感嘆符鳥雲に 国男 0
112 路線図のパステルカラー春の旅 秀昭 4 しゅう/いつせ/風子/うらら
113 齢ですね言ふてほほ笑む女医寒し 紅葉 3 祥風/ぐずみ/きみお
114 三輪車くるんと回る春隣 柚子 1 蓉子
115 寒暁の厩舎に高き尿(ばり)の音 みつぐ 2 碧女/とし
116 点となり空へ空へと鳥帰る よしこ 3 あっつぐ/徹/亀七
117 聖堂の梅につながる石の段 郁文 0
118 菜の花に一枚取られ千枚田 きみお 8 鋭次/弥生/一生/気儘/二石/山水/だいぼ/ニット
119 合格の孫と白魚躍り食ひ 文夫 0
120 卓球のあとのワッフル春隣 せつこ 0
121 雛祭ピザとワインで女子会よ 朗然 0
122 ほろ酔ひの馬鈴かすかに花馬酔木 りょう 2 タカシ/みつ
123 冬ざれやシャッター街の文字幽か 浩一 1 みづほ
124 春帽子傾き恋の始まりぬ 文女 4 鉄線花/蓉子/我楽句多/いきか
125 探梅行一山蕾蕾和顔布施 瞳人 0
126 お岩木山(いわき)も白神山も笑ひをり いつせ 1 亀七
127 松一本我又一人西行忌 だいぼ 0
128 屋根越しに話す日和や雪下ろし 大貴 11 郁文/うつろひ/弥生/みつぐ/とし/河童/我楽句多/ふうこ/山水/泉/りょう
129 人知れず三椏咲し過疎の村 よしこ 1 波山
130 荒海や海女の真白きふくらばぎ 哲雄 5 碧女/輝久/文女/こげら/えいこ
131 空の海蒼玉透けし梅真白 りょう 0
132 菜の花や坂東太郎暮のこる 与志魚 7 さだ子/気儘/はるじ/こげら/ふうこ/きみお/国男
133 渾身の句は選に洩れ日記買ふ 新月 1 百合
134 雪背負う樫の老木風に立つ とえ 2 みつ/和美
135 うすあかり大地は眠る春の雪 とえ 0
136 一叢の竹林の隙冴返る しんい 2 暁/ひふみ
137 勤行の若き寒声寺通り ゆきを 0
138 修練の早口ことば山笑ふ 春生 0
139 春光や寄生木かるく宙に浮き 柚子 1 縁矢
140 定刻の宇宙船ゆく春三日月 とよこ 0
141 菜の花のこの道行けば伊良湖崎 鋭次 3 きみお/泉/タカシ
142 此岸まで引き返し母木の芽吹く 蓉子 0
143 花芽葉芽 芽吹かぬものも春らしく 俊明 0
144 快癒聴き目に入る全て春兆し 枯露柿 2 松の/瞳人
145 どことなく着ぶくれてゐる土偶かな 松太 13 文夫/郁文/良秀/しょうご/ひろし/みつぐ/蓉子/はるじ/燈穂/風子/淳枝/新月/だいぼ
146 着信に母の名並び雪しまき 新月 0
147 読了の雑誌くずれる春炬燵 河童 3 秀昭/ひろし/蓉子
148 火の津波過ぎしごとくに焼野原 一斗 1 紅葉
149 二月尽クリスマスローズうつむきて 紅葉 0
150 百歳が来て春の田を打ち始む みづほ 2 よしこ/政己
151 三月や喜怒哀楽の二日酔い 半歩 1 とえ
152 吟行を兼ねて梅見の一ト日かな 我楽句多 0
153 訪うひとに門扉開けおく春の雪 さだ子 1 美雪
154 啓蟄の土よりまづは風の出づ 淳枝 0
155 オムレツにチーズとろりと春の昼 えいこ 5 秀昭/瞳人/しゅう/朗然/百合
156 ブランコで死後の時間を揺れてゐる タカシ 2 望生/いつせ
157 機窓より富士山探す春の雲 ふうこ 0
158 ひくひくと空を嗅ぎをり春の猫 燈穂 1 風子
159 一筆の墨の濃淡残る雪 3 うらら/美雪/とえ
160 呼気合はせ長縄とびにとぎれなし 風子 0
161 肩馬のやんちゃも軽し梅見かな とし 1 帆里
162 妖精のごと氷上に舞ひにけり しゅう 1 春生
163 春燈す二股ソケット豆電球 半歩 0
164 啓蟄ややたらと電話鳴る日なり ふうこ 1 政己
165 雨降りの工事現場や猫の恋 よしこ 0
166 梅が香や点てし抹茶のうすみどり しゅう 1 半歩
167 「おーいお茶」縁で新聞寒明ける かいこ 0
168 バレンタインデー父の遺影にチョコ飾る 敬和 0
169 白梅の香りて残る笑顔かな だいぼ 1 南風
170 衣被ぎ纏ふ春蘭朽木より りょう 0
171 デイ初日折しも雪の迎へあり 紅葉 0
172 俳句には極意などなし亀が鳴く みつ 1
173 弟に少し分けたる雛あられ 春生 2 文夫/碧女
174 手のひらの湿りの上に花の種 春生 1 敬和
175 探梅や左右に分かれる迷い道 美雪 0
176 海を見てゐるは寺山修司の忌 松太 2 敬和/いつせ
177 回廊に蝋梅の香の魁て ゆきを 1 いきか
178 幸願ひ娘に継ぎし雛飾り ひろし 0
179 天と地と雪の白根の大嚔 浩一 0
180 水温む濠の向かふに街宣車 しんい 1 亀七
181 春暁や始発列車の行商人 哲雄 5 うつろひ/縁矢/ぐずみ/与志魚/美雪
182 髪染めて口紅変えて春の色 南風 3 紅葉/枯露柿/だいぼ
183 早梅の大志を抱く蕾かな 帆里 1
184 一段躓磴いたりて木瓜の花 さるじ 0
185 春昼や横断歩道あるく猫 碧女 2 みづほ/タカシ
186 ジッパーを引く春寒の音立てて 秀昭 1 望生
187 制服の丈を合はせて梅薫 風子 2 蓉子/りょう
188 ささやかな香典返し春の宵 0
189 日に千人生るる日本梅の花 与志魚 0
190 グランドの土の湿り気春兆す 風太郎 0
191 春眠を破るものこそ憎まれり しょうご 2 よしこ/きみお
192 喧騒にベールを落とす春の雨 鉄線花 0
193 真夜に乗る除雪車駆るは夫婦とや みつぐ 0
194 やり投げの少年ひとり春の昼 良明 1 新月
195 ひそやかに雨の過ぎゆく木の芽かな 弥生 1 こげら
196 鳥帰る暇ごいなどせぬままに 政己 2 文女/大貴
197 浮かれ猫月の未だ出ぬ法善寺 ぐずみ 1 はるじ
198 白魚の今年の貌の円かなる 正男 0
199 余寒なほ厳しき風のウォーキング 暁孝 0
200 本日のデザートいかが春みぞれ 碧女 0
201 盆梅に百年を見る下枝(しずえ)かな 郁文 3 我楽句多/美雪/とえ
202 肩寄せてだむ湖にうかぶ雪の果 河童 0
203 自転車を倒しに倒し春疾風 我楽句多 1 浩一
204 着膨れて観光バスに揺れてをり ふうこ 1 みつぐ
205 逝くときはあの残雪の遠嶺とも 1 ひふみ
206 温き日は老化を止める深呼吸 亀七 0
207 立春や婆も秤に乗つてみる 文夫 4 徹/望生/ぐずみ/ニット
208 青空の光こぼぶるる犬ふぐり 正男 2 よしこ/浩一
209 春の草さまざま伸びて鉢のなか 燈穂 0
210 浮雲や彼岸桜の風の色 とよこ 1 ぐずみ
211 茅葺の民話の里の吊るし雛 1 枯露柿
212 娘を持たぬ母のつれづれ雛の日 はるじ 2 百合/タカシ
213 一つ木の雀飛びたち春一番 風子 0
214 豆腐屋の水の揺らめき寒明くる 鉄線花 10 徹/しんい/波山/春生/風太郎/縁矢/一生/哲雄/こげら/とえ
215 アルバムを語る夫婦や春炬燵 とし 1 朗然
216 友の無事ともに寿ぐ春の風 一生 1 半歩
217 天命の白寿に寒の水一滴 大貴 1
218 春光や海賊船に湖凪ぎて ひろし 2 よしこ/いきか
219 春炬燵火種はあらずもの思ふ しょうご 0
220 廃校や破れ窓より孕鳥 こげら 2 春生/輝久
221 耳遠き母の作りし木の芽和 帆里 1
222 目をみはり泣かぬ赤子よ桃の花 碧女 1 鉄線花
223 出稼ぎの便りを待ちつ雪女 帆里 2 瞳人/山水
224 高階や春雲はしり地は巡り はるじ 0
225 白鳥は真つ暗闇のなかの花 みづほ 0
226 甲斐に生れ甲斐にて死なん桃の花 ひふみ 2 山水/えいこ
227 合戦のごとし巷は猫の恋 鉄線花 1 半歩
228 貝寄風やほどけさうなる舫ひ綱 タカシ 7 しんい/さだ子/鋭次/風太郎/いつせ/一斗/国男
229 甲高きこだま返へして山笑ふ 波山 0
230 盆梅や銘菓と並ぶ店の先 祥風 1 大貴
231 雛市や忘れし人の後ろ帯 朗然 1 弥生
232 雪の布施母のごとかる眸に逢ふ 良秀 0
233 初場所の結びの柝の音研ぎ澄ます 卯月 0
234 雨戸繰る浴びる朝日の春障子 祥風 0
235 春光や駆けゆく犬を連写せん 蓉子 1 縁矢
236 節分やまたも頼まれ鬼の面 敬和 2 瞳人/帆里
237 菰外す松の亀甲風光る さだ子 3 しんい/はるじ/河童
238 薄ら日に透けて椿の美しく 俊明 1 ひふみ
239 春風へ回転ドアより一人づつ えいこ 6 柚子/風子/淳枝/与志魚/松太/南風
240 真黒夜や鬼気迫るごと虎落笛 由紀子 0
241 忘れまじ苦き経験蕗の薹 朗然 1 みづほ
242 その下を水流るるや薄氷 百合 3 祥風/燈穂/しゅう
243 一瞬のホワイトアウトしずり雪 縁矢 0
244 磴一段躓いたりて木瓜の花 はるじ 0
245 桜咲くまでの春こそ麗しき 2 鋭次/一生
246 匙をもて掬う白粥余寒なほ さだ子 2 河童/みづほ
247 教会に足も軽やか磯うらら 気儘 0
248 ロマンスカー特急浮き来る菜花中 松の 0
249 ぼろ市に雛飾りのみ新所帯 軽石 0
250 灯を一つともして夕餉春の雨 みつ 4 気儘/政己/与志魚/松太
251 蒼天や気流捉へて鶴帰る しんい 3 あっつぐ/輝久/ニット
252 苗字てふ意味知り始じむ卒業子 ニット 2 敬和/ぐずみ
253 堅つぼみ梅枝びしばし空(くう)を刺し あっつぐ 0
254 仏にもわれにも買うて桜餅 百合 9 鉄線花/帆里/哲雄/文女/燈穂/いつせ/柚子/えいこ/大貴
255 デパートの春着の前の母娘かな ゆきを 1 ひふみ
256 ライラックといふ馬走る競馬場 しょうご 0
257 鳥曇渡船は土日運休日 政己 0
258 娘持たぬ母のつれづれ雛の日 さるじ 0
259 春浅し一合炊けば足る二人 いつせ 3 春生/松の/亀七
260 春風に歌ふ床屋の鋏かな こげら 2 枯露柿/新月
261 デパートを出てすぐに巻き春ショール 軽石 0
262 わらび採り消防団の服を着て みつ 3 せつこ/二石/望生
263 春月や夜勤さなかのひと休み 哲雄 0
264 裏山に子らの声して雛納め 秀昭 0
265 見え隠くる試着の小僧どこか春 望生 2 紅葉/よしこ
266 旅行誌にたどる夢路や春ごたつ 郁文 1 とし
267 冬五輪こちまぜならひ少し混ぜ あっつぐ 0
268 跨ぎつゝ稲荷鳥居の春の雪 二石 0
269 淡々と医師重篤を告ぐ春の闇 枯露柿 0
270 手を繋ぐ園児の聲や猫の恋 ぐずみ 0