top

1 しゃぼん玉耳にかすかな壊れ音 祥風 0
2 カテーテル水雲の闇をさ迷へり 望生 0
3 午前三時シュレディンガーの猫の恋 こげら 0
4 深閑と人語を拒む桜かな 与志魚 1 一生
5 入り混じる靴跡ままに凍てる朝 みつぐ 1 ひふみ
6 春雨や色濃く染めて朱の鳥居 ゆきを 2 軽石/一生
7 何百年この里山の山桜 文女 1
8 見てみたき百年後の世杉の苗 俊明 2 二石/みづほ
9 夜桜や手にはつまみと冷酒と 3 哲雄/みつ/とえ
10 春の泥つけて草ぐさ目覚めけり 柚子 2 せつこ/風子
11 ヒヨドリの今年も柚子の実食べ残し 1 あっつぐ
12 雨よ待てしばし桜に酔いしれん 一生 1 とえ
13 残雪の山を尋ぬる車窓かな 二石 0
14 谿深し老桜咲いて霞めく はるじ 1 和美
15 菜の花や子らの遊びは鬼ごつこ 1 和美
16 山笑い検索し知る無花粉島 あっつぐ 0
17 欠航と繰り返す声冴返る 新月 2 鉄線花/ニット
18 山茶屋の軒に黒ずむ残り雪 河童 0
19 ひばり啼く無人駅の伝言板 気儘 6 敬和/あっつぐ/弥生/春生/はるじ/新月
20 霊峰に照る日曇る日地虫出づ 文夫 4 秀昭/和子/さだ子/こげら
21 紅白が陣地を取り合う落椿 とし 0
22 センバツや猛練習に花開く 哲雄 0
23 焼諸子今が旨しと誘いあり 政己 1 郁文
24 土器(かわらけ)を投ぐる神事や花満開 和子 1 河童
25 手はなせば君消へさうな朧かな 樺花 3 松の/瞳人/大貴
26 山のなき国に生れて耕せる 百合 1 弥生
27 爪を切る音の弾みし春の昼 卯月 1 うつろひ
28 菜の花に寝っ転がれば止む涙 山水 0
29 落椿葉音を立ててまた一つ とし 1 うらら
30 三月の十一日の星月夜 1 国男
31 春風にめくれて婦人画報かな 松太 4 碧女/与志魚/山水/ぐずみ
32 花の雨読経の響く札所かな 風太郎 5 波山/気儘/かいこ/りょう/新月
33 芝焼けば黒き領土の膨張す 文夫 1 よしこ
34 黒土の湯気立つ畔や花なずな 軽石 3 松の/政己/かいこ
35 雛の客雛と見紛う童かな 政己 1 しょうご
36 しゆんしゆんと湯気立つ薬罐花の雨 碧女 2 文女/我楽句多
37 火の色を叩きて鍛冶屋冴え返る 松太 8 秀昭/燈穂/しょうご/弥生/はるじ/山水/河童/うらら
38 カミさんにさそはるるまま花の雨 紅葉 0
39 押し寄せて汀を賑わす落花かな とし 2 あっつぐ/みつ
40 山桜桃梅花の名前のトリオかな りょう 0
41 歩を拡げ深く息吸ふ春の土手 枯露柿 1 気儘
42 友来たる酒酌み交わす春の宵 南風 1 亀七
43 うかれ猫木にかけのぼり鳴きにゆく 紅葉 0
44 先生も生徒も袴山笑ふ 春生 6 せつこ/文女/山水/えいこ/いきか/新月
45 長閑さを路地に響かせ日和下駄 松太 4 うつろひ/政己/郁文/ふうこ
46 里山は花の盛りや長屋門 とよこ 2 俊明/泉
47 魚釣れば宝石めくや春夕焼 こげら 1 ひふみ
48 ざぐざぐと手でちぎつては春キャベツ タカシ 2 秀昭/さだ子
49 惜しみなく月はひかりを涅槃絵図 さだ子 1 和子
50 水しぶき空へ空へと春の虹 せつこ 1 みつぐ
51 たらの芽のほろ苦き味叔母逝きぬ 蓉子 0
52 梁上の君も今日より春の野へ 弥生 1 波山
53 窓さやぐ父の声かも涅槃西風 関浩一 1 望生
54 夜桜やお七来たるか冬美節 美雪 0
55 マンションとなりしあの店桜散る 南風 0
56 雛飾り猫が無視して横切りぬ 敬和 0
57 菜の花や加茂のながれの段差して 良秀 0
58 おぼろ月舞台は姥を背負う面 輝久 0
59 あばら骨かたかた笑ひ花を待つ ぐずみ 0
60 ただいまに笑みで迎へる土鈴雛 由紀子 1 敬和
61 筬の手をしばし休めん百千鳥 百合 6 しんい/帆里/俊明/かいこ/望生/ふうこ
62 花吹雪総身に浴びて振り仰ぐ 鋭次 1 百合
63 一目散雉の逃げ足吾に似て 帆里 2 文夫/いきか
64 木造の窓の唱歌や花の風 2 軽石/望生
65 朝市を見て来し後の海市かな いつせ 1
66 桃の花何あやしても赤子泣く 与志魚 0
67 かげろうて無縁仏のうごめけり 我楽句多 2 よしこ/素夢
68 風の来て辛夷一気にひらきけり 秀昭 1
69 夕日背に紙雛流る浪に乗り 松の 2 みづほ/タカシ
70 干し烏賊がくるくる回り長閑なる タカシ 2 敬和/河童
71 しゃぼん玉空気の襞でこわれをり 山水 3 文夫/風子/郁文
72 散り急ぐ花に手向けのレクイエム 鋭次 1 ひふみ
73 校内のアナウンス弾む長閑なり 紅葉 0
74 連日の花見に疲れ朝寝かな 一生 0
75 幾年月飽きもせでまた花の宴 英雄 1 瞳人
76 遠足の日和託され紙坊主 輝久 3 我楽句多/うらら/郁文
77 三月が尽き行く手すりが付けられて いきか 0
78 深々と雪残るるや彼岸寺 文女 2 タカシ/泉
79 残雪や零れ日暗き軒の下 みつぐ 2 暁/和美
80 土筆積む神話の島を真向ひに 和子 2 しんい/ふうこ
81 下萌ゆる縄文のビナスあふれ出よ だいぼ 0
82 雷門大提灯揺る春一番 国男 2 敬和/徹
83 ブレヒトの専攻作家春の夜 いきか 0
84 春光や透きとほりとぶ鉋屑 弥生 5 秀昭/せつこ/みつぐ/いつせ/風太郎
85 老いて増す花咲く里の恋しさよ 半歩 0
86 ふらここのリズムの変り笑ひ声 正男 1 蓉子
87 満ち桜飛び交う二鳥の籠となり あっつぐ 0
88 昃くればバーベキューせり春休み よしこ 0
89 塀の上誰に会うのか猫の妻 軽石 3 鉄線花/碧女/みつ
90 亡き父の癖字の残る巣箱かな 河童 11 和子/文女/波山/瞳人/徹/暁/みつぐ/枯露柿/望生/松太/祥風
91 春うららししおどしの音寺の庭 松の 0
92 ゆさゆさと鴉の揺るる桜かな みつ 0
93 桜餅うぐいす餅のすぐ横に しょうご 2 タカシ/和美
94 陽炎や携帯どこへ置いたやら 関浩一 1 哲雄
95 窓塞ぐ雪に灯火の影明かり みつぐ 1 輝久
96 天つ風再た大樹へとひこばゆる 英雄 0
97 風光る毛づくろひ合ふ夫婦猿 いつせ 2 蓉子/百合
98 揚雲雀いずこに聞こゆ高音かな うらら 0
99 春の空土器ほる腰を伸ばしけり 軽石 0
100 老櫻の散り急く掴めみぎひだり 瞳人 0
101 船頭さん今日はどこまで花筏 亀七 1 ひふみ
102 真帆いつぱいサントロぺ迄春の航 瞳人 1 柚子
103 土塊の一つ崩れて蝌蚪の水 秀昭 6 松の/和子/せつこ/しんい/政己/風太郎
104 白梅は静紅梅は巴御前 英雄 0
105 雪解川あつめ百里の流れかな 柚子 4 哲雄/よしこ/しんい/樺花
106 若き日の夢も無散に酸葉噛む 鋭次 0
107 棟梁のぶ厚き湯呑庭桜 山水 12 蓉子/徹/鉄線花/樺花/二石/こげら/風太郎/ぐずみ/南風/風子/だいぼ/郁文
108 春障子閉ぢて話は佳境へと 樺花 6 うつろひ/徹/俊明/とし/ニット/ふうこ
109 春の波眼で聞きおりし崖の端 大貴 1
110 白煙のとげぬき地蔵風光る せつこ 0
111 二人ゐてイヤホンひとつ春の雨 帆里 1 碧女
112 へび出づる孔ののこりし大古墳 河童 0
113 卒業堂占拠ぞ袴お振袖 あっつぐ 0
114 間伐の音とどろげる雪解かな みづほ 4 春生/文女/こげら/松太
115 風にのる妣手作りのつるし雛 枯露柿 0
116 どこにでもある腰掛や山笑ふ 2 大貴/えいこ
117 ふぐ供養とて民宿へ寄合へり はるじ 0
118 子ら共に香りのシャワーや花吹雪 美雪 0
119 鉋屑に透かして花を見る大工 良明 1 国男
120 花屑をのせてぬうつと人面漁 しんい 2 文女/我楽句多
121 老樹には老樹の矜持梅眞白 卯月 2 春生/亀七
122 春眠を乗せて日中の下り線 祥風 4 波山/夘月/枯露柿/南風
123 春の池今を映して暮れゆける とえ 0
124 啓蟄や行くあてのなき靴をはく 風子 6 しょうご/瞳人/大貴/俊明/みつぐ/風太郎
125 春風や足音刻む万歩計 南風 3 気儘/夘月/うらら
126 菜の花の畑を離陸熱気球 ぐずみ 2 松の/新月
127 にぎにぎし又黙々と鳥帰る 帆里 1 はるじ
128 春の野や犬の飛び付くフリスビー 鉄線花 2 帆里/我楽句多
129 高々と風に舞うてや柳の芽 みつ 0
130 太陽の海に溶けたる春の暮 だいぼ 2 えいこ/我楽句多
131 草青む坂真すぐなる阿弥陀堂 気儘 0
132 やはらかく茶葉ほとびゆく春の朝 ニット 3 とえ/一生/新月
133 花の昼いつも哀しき動物園 碧女 2 よしこ/ぐずみ
134 蛇穴を出てまづ川を渡りけり 与志魚 0
135 春光や三分計る砂時計 風太郎 0
136 ただ振つてみただけのこと種袋 いつせ 4 碧女/軽石/松太/いきか
137 自転車に油差す子や山笑う ぐずみ 3 秀昭/国男/河童
138 春休モビールチャイム掛け替ふる 文夫 0
139 山笑う増える外出何となく 由紀子 0
140 山笑う畳にひらく日本地図 さだ子 3 蓉子/波山/祥風
141 田螺鳴く落人村の棚田かな 気儘 5 和子/輝久/帆里/与志魚/良秀
142 杖衝の落馬の跡よ草の芽よ 0
143 春満月闇に喰はれてしまひける 春生 0
144 大空のかの高みより鶴引けり 燈穂 0
145 閉ぢし眼に囀近し露天の湯 蓉子 4 文夫/与志魚/暁/かいこ
146 桜咲く溢るるほどの水面かな 文女 2 風子/一生
147 白酒じゃ酔えぬ酒豪の女子揃い 由紀子 0
148 花一片喪服の肩に落ちにけり えいこ 2 蓉子/望生
149 友よりの地酒振る舞う花見かな 半歩 0
150 遥かなる海と空恋ふ鳥曇り 正男 0
151 早春賦モンロウウオークの鴉二羽 関浩一 1 あっつぐ
152 春田打つ付かず離れず鷺一羽 大貴 2 哲雄/気儘
153 寒風にエニシダの黄の目立ち初む 1 紅葉
154 かんながらたまちはえませ大試験 俊明 1 燈穂
155 春浅き水辺にまじる風の音 とえ 0
156 四人卓飯事ほどのつくしんぼう りょう 0
157 七 度の仮設の窓や遅桜 輝久 6 良秀/こげら/亀七/夘月/枯露柿/とえ
158 大寺の鴟尾(しび)したたかに囀れる タカシ 2 弥生/与志魚
159 この先は花見気分に過ごしたや 半歩 1 大貴
160 連凧のさき青空に溶けゆけり 碧女 2 哲雄/さだ子
161 犬ふぐりしゃがみて姿確かむる ひろし 0
162 無住寺におよそ二百の落椿 波山 2 素夢/りょう
163 快癒聴き目に入る全て春兆し 枯露柿 1 松の
164 鶯の艶なる音色歩をゆるめ うらら 0
165 雨夜あけ昨日の蝌蚪にうしろ足 ニット 0
166 さへづりも早や夕月のかかるころ ひふみ 1 燈穂
167 菜の花の海へ入日の急がざる ひふみ 6 燈穂/はるじ/鋭次/二石/こげら/松太
168 朝寝する娘すっぴん乱れ髪 哲雄 0
169 ポリープは自愛の卵しやぼん玉 望生 1 亀七
170 風受けて風の重さや風車 柚子 2 文夫/祥風
171 囀や破れ障子の観音堂 かいこ 4 文女/鋭次/柚子/風太郎
172 山繭や葉陰にひそり紛れをり 風子 0
173 裏山は笑い上戸か昨日今日 大貴 0
174 峨峨とした山幽玄に遠霞 新月 0
175 好日や日がな一日春田打つ 我楽句多 2 政己/ひふみ
176 そよ風の画架はからつぽ蝶の昼 こげら 0
177 ママ友の自転車集ふ花の下 二石 1 とし
178 落椿夕迫る堰べに轆轤 松の 0
179 後ろ手に手を振る君や花吹雪 樺花 1 紅葉
180 そらのあをふかめ落花のかぎりなし 国男 4 さだ子/良秀/山水/りょう
181 陽炎や友に残れる吾の昔 ふうこ 0
182 下萌や坂の上には父母の墓 せつこ 1 みづほ
183 遠足や渋滞したり走ったり 卯月 1 文夫
184 しゃぼん玉弾けて我に返りけり 敬和 2 俊明/みつ
185 蓬髪は踊り狂って春一番 新月 0
186 それぞれの桜に謂れ堤かな しょうご 1 いきか
187 しなやかに風とダンスや雪柳 美雪 0
188 先斗町の水の音さへ朧かな みつ 3 樺花/いつせ/祥風
189 除染せし黒き盛土につくしんぼ 郁文 3 文女/二石/とえ
190 雪解の水にすすぐや根白草 みづほ 1 とし
191 春宵や詩人となりて街を行く だいぼ 1 鋭次
192 女狐の化けてゐるかも山つつじ 二石 2 良秀/ニット
193 遠景に甲斐駒望み桃の花 かいこ 1 さだ子
194 春うららミッキーマウスの団子鼻 秀昭 6 政己/碧女/ぐずみ/国男/祥風/ふうこ
195 桜咲き金子兜太の天眩し さだ子 1 春生
196 春泥に老犬歩みこばみをり とよこ 1
197 花嫁のベールにさはる蝶々かな 和美 1 素夢
198 こぶし咲き赤ん坊の手開きたり りょう 1 百合
199 フルートをそつと寝かせる花の冷 えいこ 6 うつろひ/良秀/いつせ/百合/南風/だいぼ
200 敷き詰めた歩道いっぱい桜かな 亀七 0
201 こでまりのふはりふはふは白い風 よしこ 2 枯露柿/紅葉
202 番鶴嘴打ち合ひて冬の月 良秀 2 輝久/一生
203 イエス痩せ釈迦太りけり涅槃西風 火星 2 柚子/百合
204 春雨や傘を差し掛け投函す 鉄線花 1 軽石
205 囀の中に踏み出す赤子かな 春生 2 えいこ/みづほ
206 それが又つかへて嬉し初音哉 瞳人 1 ニット
207 またあした一目散の揚雲雀 よしこ 2 あっつぐ/ぐずみ
208 啓蟄の雨の明るき札所かな 和子 3 みつぐ/かいこ/ニット
209 剪定の枝が落ちたる梯子かな 敬和 0
210 春の香や海と山より押し寄せり 郁文 0
211 そうじゃない散歩は春より冬がいい 0
212 窯元の多き集落山笑ふ 風太郎 1 樺花
213 レジ袋ふわりふんわり春の風 素夢 1 二石
214 車道と歩道の境目にすみれ草 ふうこ 0
215 春耕や土も身体も重きこと 燈穂 0
216 仏壇の母には新茶父は酒 一生 4 しょうご/瞳人/亀七/枯露柿
217 レストランの中に潮騒春岬 政己 1 素夢
218 鳥雲にふくれ崩るる片男波 しんい 3 気儘/柚子/みづほ
219 風に落つ八重の桜は房のまま 波山 1 輝久
220 覚えある癖字の便り風光る かいこ 2 せつこ/鋭次
221 草餅のいつしか小さくなりにけり 燈穂 1 タカシ
222 廃屋に錆びた自転車冴返る ひろし 1 とし
223 あの辺り生まれし所花曇 しょうご 1 風子
224 花仰ぎ散るを浴びてる君が華 うつろひ 0
225 雪だるま温泉客を迎えおり とえ 1 いつせ
226 覗き込む父の陰鬱夜の桜 いきか 0
227 巡礼の手に接待の雛あられ 良明 6 大貴/とし/柚子/りょう/河童/だいぼ
228 止め撥ねて大きく払ひ花開く 火星 2 いつせ/りょう
229 春雨や制服二人雨宿り 鉄線花 0
230 再会を約して別る花の駅 ふうこ 1 軽石
231 君の香とすれ違ひたる春の駅 蓉子 3 鉄線花/樺花/だいぼ
232 坪畑は余生の友や春の耕 素夢 1 夘月
233 ゆく川の絶へぬ流れや梅桜 俊明 0
234 鏡台に塗らぬ口紅初桜 うらら 1 タカシ
235 花ふぶき水族館の芸達者 亀七 1 文女
236 鎮座せし下界知らずの女王蜂 郁文 0
237 両の手に囲ひ切れない今年竹 とよこ 1 国男
238 おぼろ夜にとくとくとくと吟醸酒 和美 0
239 囀や耳立て直す枝移り 正男 1 輝久
240 晩年の積れる杞憂花あしび しんい 1
241 啓蟄やうぶ毛つつまる背を展ばせ 良秀 0
242 川風の撫でゆく土手や雪割草 ゆきを 0
243 よちよちと公園デビュー風光る 弥生 4 敬和/鉄線花/素夢/うらら
244 人なかにひときわ君の花衣 うつろひ 2 帆里/文女
245 独り居の夕餉に和へる土筆かな 我楽句多 4 弥生/夘月/南風/紅葉
246 雨の粒たつぷりつけて菫かな 百合 0
247 ふるさとに思ひをかさね雪柳 ひろし 0
248 正確に目鼻が知るや花粉症 哲雄 0
249 切株で一息入れてわらび採 みづほ 0
250 花桃や雲が雲追ふ甲斐信濃 ひふみ 8 よしこ/うつろひ/春生/しんい/はるじ/鋭次/与志魚/山水
251 針金の蝶にてふてふとまりけり 良明 0
252 猫も児も這ひ這ひさせる紙風船 望生 0
253 ひとりきり花を愛でんと山に入る うつろひ 1 和美
254 空に掴まれ春潮の引き強し ニット 0
255 砂利道で香(かおり)聞かむと蓬つむ 素夢 1 だいぼ
256 野鳥観察視野に溢るる春の潮 はるじ 0
257 ティンパニの春愁破る終楽章 火星 2 しょうご/帆里
258 車椅子押す夫の背に初桜 波山 1 南風
259 桑食べず糸をはき出す透蚕かな 風子 0
260 朧夜や付かず離れず猫がゐて えいこ 2 燈穂/みつ
261 遠山はみな白々と桃の花 和美 1 いきか
262 せせらぎや白き穂揺らし猫柳 ゆきを 1 紅葉
263 黒板にさよならと書き卒業す 祥風 3 文女/えいこ/松太
264 二階から水入りの水恋の猫 国男 0