top

1 長き夜や春樹に添ひ寝されてをり はなまる 2 色鉛筆_敬和
2 棒あれば棒振る子ども赤とんぼ 一斗 10 秀昭_松太_燈穂_はるじ_ぐずみ_縁矢_新月_河童_ひろし_いきか
3 はらわたの旨し秋刀魚の焼ける頃 文女 0
4 遊ぶ子の声透き通る野分あと 句童 8 文夫_秀昭_春生_風太郎_一斗_木下闇_はるじ_新月
5 被災地に秋刀魚届けるボランティア 森本哲雄 1 まんたろう
6 おのが尻曲げて水撃つ蜻蛉かな ぐずみ 4 俊明_とえ_南風_みづほ
7 この秋を響かせてゐる暗渠かな 松太 1 我楽句多
8 父からの依頼野分の日の散歩 いきか 0
9 リュウグウの夢は現に種を採る 椋本望生 0
10 村長の式辞短し芋煮会 新月 4 哲雄_夘月_いつせ_帆里
11 秋風に回るやメリーゴーランド 和美 0
12 鋳物師が砂掃きだせる菊日和 みづほ 2 与志魚_新月
13 共白髪語らぬ夜の月見酒 きこ 2 松の_蓉子
14 消ゆるまで尾灯見送る良夜かな はなまる 2 徹_南風
15 その先は雲の中なり蕎麦の花 容子 10 徹_秀昭_匡男_すすむ_さだ子_風子_政己_山水_舫_はなまる
16 花咲婆有りて里みな秋桜 風子 0
17 雨風にボロボロになる案山子かな 矢野敬和 0
18 月天心誰れに隠さふ恐妻家 紀夫 0
19 残暑見舞いマジックペンで書く太く 匠己 0
20 来し方を封じ込めたり蝉の穴 片岡征男 0
21 曼珠沙華駆け込み寺へ続く坂 銀雨 1 容子
22 深爪の痛み残りし夏の果 帆里 3 夘月_軽石_はなまる
23 籾殻の燻り仄と散歩道 二石 0
24 山頂の岩場に一輪松虫草 朗然 1 みづほ
25 晩夏光背に受けひとりぼっちなり すすむ 0
26 秋簾ひよいと巻き上げお接待 碧女 1 和美
27 船旅の揺れに眠れぬ夜長かな ひろし 2 色鉛筆_舫
28 鳴く虫のひとつ半音また狂ふ 照幸 2 たづ_ひろし
29 酒飲めぬ身を酒好きと秋の夜 みつ 2 輝久_大貴
30 秋草やかぼそき指の持てる束 燈穂 1 和美
31 頬杖は窓辺の憩ひ秋うらら 秀昭 0
32 軍服の考の肖像稲光 かいこ 0
33 肩の圭角(かど)色なき風の撫でゆけり 紀夫 0
34 然リ乍ら下戸にはあらず菊膾 容子 1 とし
35 田の窪み今朝も三羽の稲雀 きこ 0
36 秋入日いとど染めたる紅の葉や たづ 0
37 我の曳く細き足跡秋の浜 与志魚 0
38 廃業の貼紙終に秋黴雨 我楽句多 1 蓉子
39 生涯の付録のやうな鯊日和 斉藤徹 4 松の_松太_与志魚_はなまる
40 恙なく育ちゆく孫木の実独楽 いつせ 2 木下闇_かいこ
41 傘立てに妣の杖あり敬老の日 とし 1 敬和
42 木ばさみの音軽やかに松手入れ 片岡征男 1 とし
43 長き夜のレ点のつきし句集かな 敬和 1 タカシ
44 無人駅途中下車して萩の寺 半歩 0
45 立読みの紙面一面今朝の秋 卯平 0
46 枝豆や父と解るる会話かな 矢野敬和 3 匡男_我楽句多_帆里
47 蓑虫の大き目玉に出くわしぬ とよこ 1 せつこ
48 十五夜の雲間に光放ちけり ひろし 0
49 広瀬川横浜弁の芋煮会 匠己 0
50 伝説の闇を深める虫の声 半歩 1 冬湖
51 コスモス原隠るる人の声近し 大貴 0
52 もみじ葉のまだ浅き色皿飾る 伊達由紀子 1 冬湖
53 入港の網に洩れるや初さんま 祥風 1 さだ子
54 窯出しの黄瀬戸なだめる秋の風 鋭次 3 与志魚_一生_望生
55 かくれんぼコスモスに潜みもういいよ うらら 1 文夫
56 古駅舎錆びた釘跡彼岸花 半歩 1 とえ
57 アンデスの岩塩振つて初さんま みつ 4 しんい_風太郎_容子_朗然
58 米一升炊いて台風迎え撃つ 平光俊明 8 紀夫_風子_与志魚_軽石_朗然_二石_柚子_南風
59 この愁思ペット相手の一人酒 郁文 1 ひふみ
60 神輿来て一年ぶりの友の顔 一生 0
61 奥阿蘇の丘開けたり大花野 燈穂 2 帆里_百合
62 法要の郷や泊りの虫時雨 輝久 0
63 忘却の日々よみがえる?かな 一二三 0
64 新しき木肌に映えて百日紅 すすむ 0
65 明日も晴れカリフォルニアのゆやけかな 森本哲雄 0
66 刈り株のいのち芽生えて?かな 奥村僚一 0
67 星流る万年筆の箇条書き 色鉛筆 0
68 細き身に艶めき映えし彼岸花 奥村僚一 0
69 レジ横の新米入荷道の駅 せつこ 0
70 草むらの満月ゆらと水溜り まんたろう 1 たづ
71 のっぺらな箒の如き秋の雲 色鉛筆 1 みつ
72 燕帰る店主はり出す新「セール」 はるじ 0
73 台風や雨戸叩きて眠れぬ夜 敬和 0
74 野ざらしや霧の観音棒立ちに 正男 0
75 八度目の秋寒々と仮屋かな 一生 1 哲雄
76 蒼天や吾を贖ふか鵙の贄 春生 0
77 庭下駄や猛暑を越して色褪せぬ かいこ 1 和美
78 城跡に残る涸井戸鵙鳴ける 与志魚 3 さだ子_銀雨_河童
79 色鳥や靴買ふために靴を履き 秀昭 4 燈穂_風太郎_碧女_みづほ
80 木犀のふいの香りに黙しけり すすむ 1 百合
81 ばばさまの皺にすり込むへちま水 帆里 2 いつせ_山水
82 蜻蛉に一枚の空破られし 4 文夫_たづ_春生_いきか
83 虫時雨BGMに寝酒酌む 我楽句多 0
84 山小屋を発つ朝露に靴濡らし ひろし 5 冬湖_徹_いつせ_一斗_暁
85 少年の眦決し村芝居 文夫 0
86 雀卓を姉妹で囲む夜長かな えいこ 2 ひふみ_みつ
87 まんじゆさげ墓地の倍率∞ しんい 0
88 掌の中の蝗の力満ちきたる ゆきを 3 碧女_かいこ_大貴
89 ヨガをする影のびやかに良夜なり 風子 3 柚子_南風_百合
90 初顔の縁者も来る今年酒 新月 2 とし_俊明
91 鐘の音や釣瓶落としの蔵の街 さだ子 1 きこ
92 無花果や引力のまま熟れにけり 碧女 0
93 秋麗やこころおどらす槌の音 縁矢 0
94 長き夜になるかも喉にまだ小骨 二石 1 松の
95 闘病の痩せし母食ふ梨二切れ 敬和 0
96 白壁の潜り戸出づる黒日傘 朗然 1 ひふみ
97 稲刈つて風入れ変わる木曽路かな 11 文夫_燈穂_さだ子_鋭次_一斗_みつぐ_政己_えいこ_ぐずみ_二石_柚子
98 ひとけ無きプールサイドや小鳥くる えいこ 1 松太
99 風音の去りて残りし十三夜 松の 4 きこ_縁矢_暁_タカシ
100 錠剤が床を転がる夜寒かな 百合 6 紀夫_哲雄_敬和_夘月_風太郎_一斗
101 やや寒しきしきし軋む正座椅子 しんい 2 タカシ_みつ
102 枝豆に酒は冷やさず温めず 大貴 1 みつ
103 折られたる話の腰や流れ星 句童 5 容子_大貴_ぐずみ_二石_望生
104 鹿鳴くや間合い近くに聞く今宵 輝久 0
105 秋冷やきりきり鳴らす木偶の首 河童 3 秀昭_燈穂_ひろし
106 外にも出よ疾く出よ月が雲間より 柚子 0
107 下校する子らの後ろを赤とんぼ 真理 0
108 宵闇やいつもの人とすれちがふ 春生 2 碧女_はなまる
109 皺の手に光りし粒や今年米 とえ 3 夘月_きこ_朗然
110 夫婦なり四十五年の秋収 輝久 0
111 筆踊り画紙色づきて虫の声 きこ 0
112 秋暑し犬の散歩の注意書 風太郎 0
113 秋刀魚焼く旬といえども冷凍魚 うらら 0
114 桐一葉浮かべて木曽の水迅し 松太 10 冬湖_夘月_春生_俊明_容子_政己_山水_えいこ_新月_暁
115 台風に負けるな我家の窓ガラス 南風 1 句童
116 間奏のトライアングル星月夜 政己 2 色鉛筆_風子
117 取り消し
118 秋風と孫と踊るはマンボー5 縁矢 0
119 天蓋に吸ひ込まれたる秋燕 一斗 2 舫_いきか
120 急な降り掛そば啜る志ん生忌 紀夫 0
121 秋風や後列駐車やり直し 卯平 0
122 歳だけが重なるばかり銀やんま 銀雨 1 半歩
123 雨乞ひて大きく揺れる夏柳 片岡征男 0
124 源平の頃は海とや昼の虫 2 大貴_望生
125 後悔も旅路の一部寒露哉 木下闇 0
126 いつもより広がる歩幅小春かな 木下闇 2 匡男_ひろし
127 猫じやらし揺れて夕日をくすぐりぬ 秀昭 2 徹_蓉子
128 独り居の夜長やことに家広し 伊達由紀子 0
129 早朝の旅は道連れ虫時雨 色鉛筆 0
130 鍵落とす父は出勤野分来る いきか 0
131 天高し手漉きに音や和紙白し 郁文 1 すすむ
132 鰯雲果てる所に幸ありや 森本哲雄 1 みつ
133 無口なる父掛け替えし秋桜画 たづ 1 松の
134 今日を生く猛暑耐え抜く介護犬 伊達由紀子 2 木下闇_句童
135 越の夜の心づくしや菊なます ひふみ 0
136 樹木希林逝きたり草の露の綺羅 さだ子 2 句童_一生
137 ふるさとへ足の遠のき彼岸花 卯月 1
138 サックスの音色かすかに星月夜 南風 0
139 終活てふ寂しき作業秋の虹 はなまる 0
140 箒手にあれやこれやと台風一過 真理 0
141 馬鈴薯の地震にめげぬ実りかな 祥風 0
142 フーテンの寅さんの如渡り鳥 文女 0
143 指揮棒のごとく尾を振る蜻蛉かな 新月 4 徹_松太_我楽句多_半歩
144 戦なき空の明くるや小鳥来る 卯月 1 半歩
145 朝霧やお不動様は泰然と せつこ 0
146 秋冷やベンチに忘れし芒の穂 軽石 0
147 秋暑し焼肉店の「焼」の文字 政己 0
148 流燈の影が影追ふ旅路かな 照幸 2 しんい_きこ
149 よく噛んでよく生きるべし今年米 いつせ 3 風子_柚子_百合
150 墓洗ふ背ひてばかりいた父の 冬湖 4 紀夫_輝久_せつこ_哲雄
151 夜もすがら患者励ます虫の声 とし 1 百合
152 音もなく月日流れて蚯蚓鳴く 容子 1 縁矢
153 長き夜愚痴合う相手老女将 郁文 0
154 萩咲きしキャンパスはまだ無人かな 二石 0
155 一粒の葡萄が母の顔でいる 一二三 4 敬和_銀雨_みつぐ_一生
156 茶を取れば茶托の鳴りぬ秋さびし 一斗 0
157 折れもせず逆らひもせず秋桜 風子 1 いつせ
158 秋刀魚焼く七輪の炭赤々と 一生 0
159 たっぷりと秋音そそぐ山の水 祥風 1 とえ
160 稗曰く黙ってすぐにそこで死ね 匠己 0
161 手に受けし油滴天目に銀河見る 鋭次 1 軽石
162 竿先に番とんぼや釣日和 英雄 2 銀雨_えいこ
163 傘寿喜寿古希は洟垂れ敬老日 朗然 0
164 云いずらきことをズバリと石蕗の花 平光俊明 0
165 星明るしブラックアウトの闇の町 みつぐ 2 哲雄_ひふみ
166 取り消し
167 しばらくは灯りを消さん虫の声 平光俊明 1 すすむ
168 遠富士や釣竿をどる磯の秋 英雄 2 輝久_河童
169 茸山リュックの鈴が澄みわたる タカシ 0
170 突き抜けて破裂するかも曼殊沙華 照幸 0
171 神童と呼ばれて久しちちろ鳴く 山水 1 燈穂
172 釣瓶落し乗り換へ捜すスマートフォン しんい 0
173 色鳥や国は何処かと聞かれたる 文女 2 色鉛筆_新月
174 棟上げの祝に届き山の芋 和美 0
175 億万の露を結べる庵かな タカシ 1 いきか
176 門灯の翳りの芝生ちちろ鳴く みつぐ 0
177 吾子抱けば我にしなだる夜長かな 真理 1 碧女
178 つり革の両手に下ぐる曼珠沙華 卯平 0
179 鵙日和クラスに苦手な女の子 ぐずみ 2 政己_はなまる
180 こづかれて竿持ちなほす鯊日和 英雄 7 文夫_まんたろう_銀雨_しんい_山水_かいこ_大貴
181 銀漢が夜空流れて二人きり 矢野敬和 0
182 一切を語らぬ稀林草の秋 斉藤徹 1 望生
183 ささやかな年金が出て秋刀魚焼く 百合 2 紀夫_ぐずみ
184 淡き香の刈りたる萩の軽さかな 文夫 0
185 色褪せし手配写真や酷暑去る みつぐ 3 匡男_ぐずみ_暁
186 行く秋や馴染まぬままの着信音 柚子 1 みつぐ
187 朝刊のずしりと重し露しぐれ 百合 0
188 天上の銀河へバスの動き出す 正男 1 いつせ
189 梓川ひよいと飛び越す秋の水 燈穂 0
190 宵化粧すれど明日無き酔芙蓉 鋭次 0
191 路地裏の猫を横目に秋刀魚焼く 我楽句多 1 政己
192 天辺に好んで止まる赤とんぼ 奥村僚一 1 まんたろう
193 能面の裏に目の穴秋灯 山水 5 せつこ_すすむ_春生_鋭次_河童
194 月山の谺さへ秋澄みにけり 松太 3 冬湖_さだ子_縁矢
195 搾り抜き酢橘は服にかかりけり いきか 0
196 首都高の空しづかなり鰯雲 まんたろう 0
197 新米にむかごを添へて子に孫に 文夫 2 ひふみ_タカシ
198 草の香手折り進みて裾濡つ たづ 0
199 廃屋を席巻するや赤のまま 匡男 1 和美
200 鈴虫のふつと音のやむ手水かな 軽石 3 すすむ_山水_松太
201 母の撮りし我は主役や運動会 蓉子 0
202 心底に音なき水の澄める音 山水 0
203 刈り頃と掲示板あり早稲晩稲 大貴 0
204 沖を行く船未だ見えず台風過 0
205 蟋蟀の今宵の宿は靴の中 蓉子 3 せつこ_風子_とし
206 秋出水明らかになる吾の系譜 正男 1 木下闇
207 ひと枝の露をこぼしつ山の径 卯月 1 二石
208 晩年や父のつむりのやうな梨 さだ子 0
209 廃校の湧き立つ程の赤とんぼ とえ 0
210 身病みても月は変わらぬ青さかな 蓉子 0
211 秋めくや終活といふ旅支度 句童 3 蓉子_鋭次_一生
212 食らいたる王手飛車取り鰯雲 銀雨 1 俊明
213 ジャズ流れ釣竿撓む秋日和 枯露柿 0
214 萩叢を深く撓めて雨一日 松の 3 しんい_舫_和美
215 野仏の頬ふつくらと豊の秋 ゆきを 3 朗然_二石_望生
216 踏切や色なき色風の通りゆく まんたろう 0
217 この街は河岸段丘虫時雨 とよこ 2 鋭次_はるじ
218 見てくれと児の掌の椎の実の温し ゆきを 0
219 豊漁のさんま山盛特売日 枯露柿 1 みづほ
220 季語入りの院号でよかろ柳散る 椋本望生 0
221 ちちろ鳴く島の渡船の片隅に 3 松の_輝久_一斗
222 秋風や木曽であがなふつげの櫛 ひふみ 1 輝久
223 電灯のかさにこつんと黄金虫 みつ 4 銀雨_帆里_みつぐ_句童
224 鰯雲撫でれば深き老いの皺 1 みつぐ
225 一湾を望む茶会や月冴ゆる 斉藤徹 4 とし_風太郎_舫_半歩
226 混声の野外ライブは秋の虫 うらら 2 しんい_とえ
227 農道に薄化粧した案山子群 匡男 0
228 大楠の下のベンチよ風は秋 風太郎 0
229 映画館此処に在りしと彼岸花 柚子 2 蓉子_まんたろう
230 秋風や男湯にゐる女の子 タカシ 2 与志魚_句童
231 難波津に放蕩極めゐる野分 一二三 0
232 日本海の風に乗り換え燕去る 帆里 5 まんたろう_我楽句多_容子_えいこ_軽石
233 秋曇はぐれ鼠の富士裾野 ぐずみ 0
234 恐竜の影の伸びゆく秋日和 河童 1 えいこ
235 取り消し
236 諭されて素直になれず鰯雲 春生 2 匡男_いきか
237 ティーパックゆらゆらゆする台風下 河童 0
238 爽やかな地下鉄みなとみらい線 いつせ 0
239 病むし妹と枕並べる窓の月 とえ 0
240 伏船や嵐すぎゆき赤とんぼ 松の 1 かいこ
241 菜園に気儘に咲し鴈来紅 とし 1 たづ
242 黒髪をきりりと結ひて秋祭 冬湖 7 色鉛筆_敬和_我楽句多_かいこ_半歩_ひろし_南風
243 はおりたる衣の薄さや夜長し 冬湖 1 帆里
244 痰吐いて喉元すぎる秋の風 軽石 0
245 山に山山を重ねて秋霞 みづほ 3 きこ_はるじ_縁矢
246 秋の蚊を連れて帰りぬ父母の墓 せつこ 1 紀夫
247 手のひらに薬いろいろ秋の風 和美 1 鋭次
248 上げ潮を追い越す波や秋の声 とよこ 1 河童
249 あやとりや孫と婆との秋の夜 かいこ 0
250 町道に黒土落つや豊の秋 与志魚 1 せつこ
251 耳朶に髭剃りの泡さんま焼く 匡男 0
252 風を梳き風に梳かれて秋桜 ひふみ 4 碧女_はるじ_一生_柚子
253 倒木をまたいで帰る台風過 南風 1 春生
254 団栗をぶつりと踏んで日和下駄 みづほ 1 軽石
255 窓ふきの手を止めどこかで運動会 えいこ 0
256 灯すとき気付く虫の音深き闇 政己 0
257 名月や氷があると人は言う 縁矢 2 俊明_木下闇
258 からころと炭ふれあふや秋風鈴 碧女 2 たづ_みづほ
259 城濠の鯉ゆらゆらと秋澄めり 風太郎 1 朗然
260 秋雨に相輪けむる朝湯かな はるじ 0
261 夜仕事やきつねうどんの匂ひさせ 椋本望生 1 タカシ
262 燃える赤白ほつほつと曼珠沙華 枯露柿 0
263 老い母の怒声に惑う秋曇 木下闇 0
264 遣り過す電車や風の花カンナ はるじ 2 秀昭_とえ